元徴用工側が日本政府批判、資産売却時の報復措置巡り

[ad_1]



徴用工像=韓国・釜山(鈴木俊輔撮影)

徴用工像=韓国・釜山(鈴木俊輔撮影)

 韓国人元徴用工訴訟の原告側代理人は2日夜、声明を発表し、差し押さえられた日本企業の資産が売却された場合の日本政府による報復措置について「(韓国内の)適法で正当な法執行手続きについて他国が報復をすることは違法で、非理性的だ」と批判した。

 日本政府は資産が売却された場合、日本企業に実害が出たと見なし、報復措置を講じる構えだ。

 原告側の林宰成弁護士らは2日の声明で「(日本企業が)責任感を持ってこの問題に向き合うよう希望する」とし、賠償を命じた韓国最高裁判決の履行方式などの協議を望むなら、応じる用意があるとした。(共同)

[ad_2]

Source link

Read Previous

テラハ出演のモデル逮捕 大麻所持疑い

Read Next

豪雨復旧に向け一歩 老舗旅館や焼酎蔵に支援広がる

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *