大韓航空、韓国軍から有人機とチーミング可能な無人戦闘機の開発を受注

By | August 19, 2022


韓国の国防科学研究所(ADD)は「有人戦闘機とチーミング可能な無人戦闘機を2025年までに初飛行させる」と明かしていたが、大韓航空の航空宇宙部門は16日「ADDが主導するステルスUAV飛行隊の開発を受注した」と発表した。

大韓航空の航空宇宙部門は「20年以上に渡るUAV開発で培った経験」をステルスUAV飛行隊の開発に活かす

国防科学研究所(ADD)のパク・ジョンスン所長は有人戦闘機とチーミング可能な無人戦闘機を2025年までに、ステルス無人偵察機を2027年までに初飛行させると明かして注目を集めていたが、大韓航空の航空宇宙部門は16日「ADDが主導するステルスUAV飛行隊(チーミング可能なステルス無人機のこと)の開発を受注した」と発表した。

大韓航空、韓国軍から有人機とチーミング可能な無人戦闘機の開発を受注 2

出典:KOREAN AIR

大韓航空の説明によると「ADDと共同で有人機とUAV(3機~4機)が同じ任務を遂行する有人・無人チーミングを開発する。このUAVは有人機の支援や護衛だけでなく単独で電子妨害任務や精密攻撃を行う能力を備えている」と述べており、公開されたイメージを見る限りXQ-58Aに良く似た構成だ。

パク・ジョンスン所長が言及していた無人戦闘機も「米空軍がテスト中のXQ-58Aに良く似た構成」と言及していたので、大韓航空が開発を受注した「ステルスUAV飛行隊」は2025年まで初飛行を予定している無人戦闘機で間違いないだろう。

大韓航空、韓国軍から有人機とチーミング可能な無人戦闘機の開発を受注 4

出典:U.S. Air Force Photo

因みにADDは既にステルスUAV飛行隊の基本設計を完了させた状態で「詳細設計を大韓航空と共同で進める」と説明しており、大韓航空の航空宇宙部門は「20年以上に渡るUAV開発で培った経験をステルスUAV飛行隊の開発に活かす」と述べている。

韓国、有人戦闘機とチーミング可能な無人戦闘機を2025年に初飛行させる
国産UCAVの開発が完了した韓国、量産を開始して2025年までに実戦投入

 

※アイキャッチ画像の出典:KOREAN AIR



Source link

関連:  千葉で6人感染確認 20代医療関係者も
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments