米国が19番目のウクライナ支援パッケージを発表、AGM-88HARMを追加提供

By | August 20, 2022


バイデン政権は19番目のウクライナ支援パッケージを19日に発表、このパッケージにはHIMARS向け弾薬の他にAGM-88HARM、105mm榴弾砲、スキャンイーグルなどが含まれている。

3回連続でHIMARSの提供が見送られているため、ロシア軍が主張するようなHIMARSの損失は発生していない可能性が高い

バイデン政権が19日に発表した19番目のウクライナ支援パッケージは7.5億ドル規模で、HIMARS向け弾薬、AGM-88HARM、105mm榴弾砲×16門、105mm砲弾×36,000発、カールグスタフM4×1,000発、ジャベリン×1,000発、ハンヴィー×50輌、MRAP×40輌、スキャンイーグル×15機などが含まれており、パッケージにAGM-88HARMが含まれると公式に発表したのは今回が初めてのケースだ。

米国が19番目のウクライナ支援パッケージを発表、AGM-88HARMを追加提供 2

出典:OSINTtechnical

国防総省の高官は記者団に「ウクライナはAGM-88HARMの使用に、ウクライナの航空機へ搭載することに成功した。このミサイルはロシアのレーダーを探し出して破壊することができる」と言及しており、半信半疑だった旧ソ連製の航空機(MiG-29、Su-27、Su-25、Su-24など)へのAGM-88HARM統合=HAS(HARM as Sensor)モードの運用は事実なのだろう。

さらに興味深いのは米国が初めて105mm榴弾砲を提供した点で、米国は英国提供のL119で使用する105mm砲弾を何度か提供してきたが、ウクライナ軍は旧ソ連製のD-20の代わりにL119を使用して「非常に効果的だ」と述べていたため米国もM119を提供するのかもしれない。

米国が19番目のウクライナ支援パッケージを発表、AGM-88HARMを追加提供 4

出典:U.S. Army photo by Spc. Jessica Scott

どちらにしても3回連続でHIMARSの提供が見送られているため、ロシア軍が主張するようなHIMARSの損失は発生していない可能性が高く、連日の攻撃で消費される弾薬補充がメインの支援パッケージと言える。

8月だけで3回目、米国が19番目のウクライナ支援パッケージをまもなく発表
英国、ウクライナに榴弾砲を提供するためL119を新たに50門調達

 

※アイキャッチ画像の出典:Public Domain



Source link

関連:  立民・枝野代表「絶対逃がさない」 首相や菅長官の責任ただす
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments