燃料詐欺に引っ掛かったルーマニア空軍、MiG-21が故障して飛べなくなる

By | October 7, 2022


ルーマニア国防省は今年4月「事故率が異常に高い」という理由で空軍のMiG-21に飛行停止を命じていたが、これは機体の老朽化だけでなく「契約していた企業による燃料詐欺」も影響しているらしい。

燃料詐欺で引き起こされたMiG-21に飛行停止、国家の安全保障と防衛力に及ぼした影響は金額以上に深刻

ルーマニア企業のJETFLY HUBは2018年2月「戦闘機向け燃料の供給契約(期間は4年間)」を国防省と交わしたのだが、現地の捜査当局は「軍の信頼を得るため3つパラメーター(凝固点、芳香族炭化水素の濃度、メルカプタンの濃度)と各種添加剤の要求基準を満たしていたものを最初だけ納品、その後は基準を満たさない低品質の燃料を供給したためエンジンの燃料ポンプが破損、5機のMiG-21が故障して飛べなくなった」と結論づけた。

最終的に軍が燃料詐欺で被った被害額は650万ユーロ以上で、ルーマニアの裁判所は「これが原因で空軍は領空保護の任務を行えなくり、国家の安全保障と防衛力に及ぼした影響は金額以上に深刻だ」と指摘している。

燃料詐欺に引っ掛かったルーマニア空軍、MiG-21が故障して飛べなくなる 2

出典:U.S. Marine Corps photo by Lance Cpl. Abrey Liggins/Released アップグレードされたルーマニア空軍のMiG-21

因みにアップグレードされたルーマニア空軍のMiG-21は第4世代並(大型のヘッドアップディスプレイ、EL/M-2032、西側製ミッションコンピュータ、多機能ディスプレイ、INS/GPS複合航法システム、NATO規格の通信システム、レーダー警報受信機、ライトニングポッドの統合等)の性能を有しており、空対空と空対地の両方を実行可能だが2024年に退役予定らしい。

ルーマニアは事故率が高いMiG-21を飛行停止、中古F-16の取得を急ぐ

 

※アイキャッチ画像の出典:Alan Wilson / CC BY-SA 2.0



Source link

関連:  FRB、ゼロ金利と無制限緩和を継続 コロナに政策総動員
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments