今月15日に次ぐ規模、ロシア軍が70発の巡航ミサイルでウクライナを攻撃

By | November 24, 2022


ロシア軍は23日に約70発(Kalibr、Kh-101、Kh-555)の巡航ミサイルを発射、ウクライナ軍は約51発(これは別に徘徊型弾薬を5機撃墜)を撃墜したたものの防空シールドをすり抜けたミサイルがウクライナの電力供給をノックアウトした。

インフラを破壊するロシア軍の手段が先に尽きるか、インフラを守るウクライナ軍の手段が先に音を上げるかの勝負

ロシア軍は今月15日に100発以上という過去最大規模の攻撃を実施(内計77発の巡航ミサイルと10機のShahed-136を撃墜)したばかりだが、23日にも約70発(Kalibr、Kh-101、Kh-555)の巡航ミサイルを発射、ウクライナ軍は約51発(これは別に徘徊型弾薬を5機撃墜)を撃墜したたものの防空シールドをすり抜けた巡航ミサイルが各地のインフラ設備を破壊、ウクライナ全土の電力供給を完全にノックアウトした。

今月15日に次ぐ規模、ロシア軍が70発の巡航ミサイルでウクライナを攻撃 2

出典:Повітряні Сили ЗС України

ウクライナ大統領府は国民にパニックになる必要ないと呼びかけ「電力は数日や数ヶ月ではなく数時間以内に回復する」と主張、キーウ州では重要施設への電力供給が回復しているものの住民への供給は止まったままで、被害を受けたチェルニヒウ州、スームィ州、ジトーミル州、ポルタバ州、リヴィウ州、ヴォルィンシカ州、ハルキウ州、オデーサ州、ムィコラーイウ州、ザポリージャ州、ドニプロ州でも電力供給の回復は一部の地域に限られている。

ロシア軍の攻撃効果の判定に利用されるだけなのでウクライナは23日の被害を伏せているが、ロシア軍は先の攻撃で破壊したインフラ設備の復旧が進んだタイミングで今回の攻撃を仕掛けており、巡航ミサイルを撃墜するため「1発の目標に2発の迎撃弾を発射している」とウクライナ軍が明かしているため15日と23日の迎撃で300発以上の迎撃弾を消耗した格好だ。

今月15日に次ぐ規模、ロシア軍が70発の巡航ミサイルでウクライナを攻撃 4

出典:Командування Повітряних Сил ЗСУ

ロシア軍のインフラ攻撃にはウクライナ人から「明かり」「暖房」「通信」を奪うという側面と、ウクライナ軍が使用する防空システムの迎撃弾を消耗させ空の支配(MANPADSや近距離防空システムが届かない高度をロシア軍機が飛べるようになるという意味)を獲得するという側面があり、この両方でじわじわと圧力をかけ「交渉に応じさせる」というのがロシアの狙いだと言われている。

ウクライナのレズニコフ国防相は22日に「ロシア軍の弾道ミサイルや精密誘導ミサイルの備蓄量」と「ロシアが2月23日以降に生産したミサイルの量」を公開して西側諸国にさらなる制裁を要請したが、これに反応したメドヴェージェフ元大統領は「ミサイル備蓄の量を敵は注意深く計算して枯渇することを願っているが我々には十分な量のミサイルがある」と明かしており、まもなくイランから追加の無人機がロシアに持ち込まれる可能性が高い。

今月15日に次ぐ規模、ロシア軍が70発の巡航ミサイルでウクライナを攻撃 6

出典:Дмитрий Медведев

要するにインフラを破壊するロシア軍の手段が先に尽きるか、インフラを守るウクライナ軍の手段が先に音を上げるかの勝負で、西側諸国からIRIS-TSL、NASAMS、HAWKが順次引き渡されているものの広域防空の主体は依然として補充が難しいS-300なので、こんなハイペースで攻撃が続けばウクライナ軍が保有するS-300の迎撃弾が尽きてしまうのではないかと心配される。

追記:ウクライナではロシア軍の攻撃精度を高めるため目標位置や状態を報告していた協力者が逮捕されている。

ロシア軍が再びウクライナに大規模なミサイル攻撃、停電が広範囲で発生
破壊されるウクライナ経済、ロシア軍の攻撃で500万人が職を失う
ロシア、制裁の影響下で弾道ミサイルや精密誘導ミサイルを288発製造

 

※アイキャッチ画像の出典:BREAKING NEWS: UKRAINE



Source link

関連:  飛行機、新幹線、ツアー…手探りの本格再開 利用者「時期尚早」の声も
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments