米国、ウクライナにNASAMS向け弾薬や熱画像照準器を備えた重機関銃を提供

By | November 24, 2022


国防総省は大統領権限(PDA)による4億ドルのウクライナ支援パッケージを23日に発表、このパッケージにはNASAMSで使用する追加弾薬に加え「無人機迎撃向けに熱画像照準器を備えた重機関銃×150門」が含まれている。

熱画像照準器を備えた重機関銃はエリコン・リボルバーガンMk3のようなC-RAMではないかと予想されている

国防総省が発表した4億ドルのウクライナ支援パッケージにはHIMARS用弾薬、AGM-88HARM、精密誘導タイプの155mm砲弾×200発、120mm迫撃砲弾×10,000発、小火器弾薬×2,000万発、HMMWV×150輌、軽戦術車輌×100輌以上、発電機×200基以上、105mm榴弾砲などのスペアパーツに加え、NASAMSで使用する追加弾薬と無人機迎撃向けに熱画像照準器を備えた重機関銃×150門が含まれている。

NASAMSで使用する追加弾薬とはAIM-120のことを指しているのだが、無人機迎撃向けに熱画像照準器を備えた重機関銃が何なのかは不明で、恐らくエリコン・リボルバーガンMk3のようなC-RAMではないかと予想されているが、米軍備蓄に該当する装備があるのかは分かってない。

因みにボーイングはサーブと共同開発したGLSDB(地上発射型小口径爆弾)がウクライナ支援の新たな選択になると明かしており、GBU-39とM26ロケットモーター(HIMARSで使用されるロケット弾の推進部分)を組み合わせたGLSDBは最大150km先の静止目標だけでなく移動目標を攻撃することが可能でHIMARSだけなく簡易のプラットフォームからでも運用可能だ。

ウクライナ軍が提供を要請しているATACMS(300km)よりも射程は短いが、HIMARSで運用中のGMLRS弾(80km)よりも射程が長く、使用されている技術も枯れた技術の組み合わせなのでロシア軍に残骸が鹵獲されても問題が少ないが、GBU-39は折りたたみ式の主翼を備えた滑空爆弾=目標に接近する速度がATACMSやGMLRS弾よりも低速なので迎撃される可能性が高いという欠点がある。

恐らくボーイングは「GLSDBならクリミア大橋に届かないのでATACMS提供ほどロシアは反発しないのではないか」と言いたいのだろう。

今月15日に次ぐ規模、ロシア軍が70発の巡航ミサイルでウクライナを攻撃
ラインメタル、トラック搭載のエリコン・リボルバーガンMk3で小型ドローンを無力化
バイデン政権、ウクライナ支援に必要な377億ドルを下院に緊急要請

 

※アイキャッチ画像の出典:Soldatnytt/CC BY 2.0 NASAMSランチャー



Source link

関連:  首相、安全航行へ連携強調 国内外の海保幹部会合で
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments