「背水の陣で戦う覚悟を」立憲民主・若手有志ら 執行部に緊急提言へ

[ad_1]

「背水の陣で戦う覚悟を」立憲民主・若手有志ら 執行部に緊急提言へ

FNNプライムオンライン

提言では、4月の統一地方選について「立憲民主党は議席数を増やしたが、与党・自民党の議席数には未だ及んでいない」と指摘。

また、支援する候補者が全敗した衆参の補欠選挙については「党として総力をあげて戦ったが、勝ち切ることができなかった」としている。

「政権に対して本気で挑み、改革を断行する覚悟と決意を鮮明に示すべき」だとして、衆議院289選挙区のうち、最低でも200以上の選挙区で候補者を擁立すべきだなどとした。

さらに執行部に対して、「与党に対峙する野党第一党として、共に背水の陣で戦う覚悟を決めてほしい」と迫った。

また、「20代から40代の次世代を担う若者の候補者」や「女性の候補者」の比率を飛躍的に増やし、積極擁立を進めることなども提言された。

 

 

政治部

[ad_2]

Source link