まもなくモスクワで戦勝パレードを開始、車両125輌と兵士1万人が行進

[ad_1]

まもなくモスクワの「赤の広場」でも戦勝パレードが開始される予定で、プーチン大統領やベラルーシ、キルギス、タジキスタン、ウズベキスタン、アルメニア、カザフスタンの首脳が見守る中、125輌の軍用車両と10,000人の兵士が行進するらしい。

モスクワの戦勝パレードには125輌の軍用車両と10,000人の兵士が行進する予定

対ドイツ戦の勝利を祝うロシアの戦勝パレードがペトロパブロフスク・カムチャツキー、ウラジオストク、ハバロフスク、 ウラン・ウデ、ノヴォシビルスクなどで次々を開始されており、T-34-76、T-34-85、IS-2、IS-3、ISU-122、ISU-152、カチューシャといった当時に兵器に加え、T-80BV、BTR-80、BTR-82、MSTA-S、タルナードG、S-400、イスカンデルM、各種電子戦装置などもパレードに加わっている。

まもなくモスクワの「赤の広場」でも戦勝パレードが開始される予定で、プーチン大統領と共にベラルーシのルカシェンコ大統領、キルギスのジャパロフ大統領、タジキスタンのラフモン大統領、ウズベキスタンのミルジヨエフ大統領、アルメニアのパシニャン首相、カザフスタンのトカエフ大統領が見守る中、125輌の軍用車両と10,000人の兵士が行進するらしい。

因みにウクライナ軍は「9日にロシア軍が25発の巡航ミサイルを発射して内23発を撃墜した」と発表したが、4月18日から5月9日までにウクライナ軍は巡航ミサイルやShahed-136を計177発も撃墜しており、迎撃できたことよりも「迎撃弾の在庫数」の方が心配だ。

パトリオットによるキンジャール迎撃成功、ロシア軍から確実な攻撃手段を奪う

 

※アイキャッチ画像の出典:Минобороны России

[ad_2]

Source link