コロナ「5類」移行後もマスクを外せない日本人 政府が「もういい」と強く言うべき

[ad_1]

【写真】5類移行初日のJR駅。利用客のほとんどがマスク姿のままだった。

新型コロナ「5類」に移行 ~松野官房長官が改めて感染対策の重要性を訴える

コロナ「5類」移行後もマスクを外せない日本人 政府が「もういい」と強く言うべき

※画像はイメージです

―–

松野官房長官)新型コロナの感染症法上の位置付けが変わっても、ウイルスの特徴が直ちに変わるものではなく、国民の皆様には感染が広がっている状況においては、感染対策により気をつけていただくなど、今後ともご理解とご協力をお願いしたいと思います。
―–

飯田)また、世界保健機関(WHO)が「緊急事態の宣言を終了する」と発表しましたが、これは長期的な管理を行っていく段階になったと判断されたものであって、パンデミック自体の終了を意味するものではないということです。政府としては、終了宣言を出す考えはないことを明らかにしています。世の中の空気も変わってきている感じがします。

東京オリンピックを延期した日本 ~厳しく自粛した日本

飯田)そうでしたよね。

石川)オリンピックを主催国の日本が延期するという判断は、とても大きなことです。日本でも新型コロナウイルスによってセンシティブになっているということを世界に発信してしまったわけですし、日本人自身も、当時は自粛がすごかったですよね。

飯田)銀座などもまったく人がいなくなりました。

石川)まるでパニック映画を見ているような感じでした。あれから何年か経って、ようやくここまで戻り、観光客も増えてきた。飛行機も新幹線も通常に戻ってきたような雰囲気になりましたが、実は2類相当から5類になったのは昨日(5月8日)なのですよね。

[ad_2]

Source link