ウクライナ軍がバフムート方面で反撃、ロシア軍の側面に突破口を開いた可能性

[ad_1]

ウクライナ軍がバフムート方面で反撃、バフムートやイワニフスキーに向かって伸びるロシア軍の側面に突破口を開いた可能性があり、ロシア軍が支配する地域と推定された地域=ヴェリカ・ノボシルカの南東地域でも交戦が確認されている。

プリゴジン氏の予言通り「バフムート方面の側面」でウクライナ軍が反撃、但しどこま前進したのかは不明

ウクライナ軍がバフムート方面で反撃に出たという報告があり、アゾフ大隊の初代司令官を務めたアンドリー・ビレツキー氏(現在も指導者的立場を務めているらしい)は「第3突撃旅団がバフムートで第72自動車旅団の2個中隊とワグナー部隊を討ち破って領土を奪い返した」と主張、第3突撃旅団の公式チャンネルも「2日間に及んだバフムート南西部での攻撃で64人の敵を排除した」と作戦の詳細を開示している。

ウクライナ軍がバフムート方面で反撃、ロシア軍の側面に突破口を開いた可能性

出典:GoogleMap バフムート市内の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

両者が衝突したのはイワニフスキーの南部分(クリシェイフカから見て西)で、多くの観測者は「バフムートやイワニフスキーに向かって伸びるロシア軍の側面に突破口を開いた」と評価しているが、まだ第3突撃旅団がどこまで前進したのか不明だ。

ウクライナ軍はヴァシュキフカでもロシア軍を西に押し戻し、クルデュミフカやオザリアニフカ方面にも反撃を実施しているらしいが、こちらも詳細はよく分かっていない。

ただ露ワグナーのプリゴジン氏は以前から「バフムート方面の側面をウクライナ軍が攻撃してくる可能性がある」と言及していたので、現在の動きはプリゴジン氏の予言通りと言える。

ドネツク州でもマリンカの南に位置するポブジェダに迫ってたロシア軍を押し戻し、ヴーレダーの南でもイェホリフカ方向に向けてウクライナ軍が前に出たのが確認されていたが、ロシア軍が支配すると推定された地域=ヴェリカ・ノボシルカの南東地域でも交戦が確認されており、恐らく反攻作戦に向けた威力偵察=防衛ラインの脆弱な部分を探しているだろう。

ウクライナ軍がバフムート方面で反撃、ロシア軍の側面に突破口を開いた可能性

出典:GoogleMap ドネツク州の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

もう反攻作戦に向けた前哨戦は開始されている可能性が高く、いつどこでウクライナ軍が前に出るのか注目される。

ウクライナ軍がクピャンスクで前線を押し戻し、バフムートでも状況を改善か
ザポリージャ州とドネツク州でウクライナ軍に動き、反攻作戦に向けた前哨戦か

 

※アイキャッチ画像の出典:3-тя окрема штурмова бригада

[ad_2]

Source link