米国、ウクライナ向け155mm砲弾製造に必要な火薬を日本から調達か

[ad_1]

ロイターは2日「米国は155mm砲弾用のTNTを日本で調達しようとしている」と報じており、この件に詳しい関係者は「155mm砲弾を製造するサプライチェーンに日本企業を組み込みたいと米国は考えている」と述べている。

工作機械が直ぐに手に入らない米国、155mm砲弾に必要な火薬を日本から調達か

ウクライナとロシアの戦いは互いの防空システムが機能しているため「航空機の接近拒否」が成立、そのため戦場が要求する火力の大部分は砲兵戦力が提供しており、ウクライナのレズニコフ国防相は「戦闘任務を成功させるのに最低でも月36.6万発の砲弾を必要としている」と訴え、EUに月25万発の155mm砲弾を供給するよう要求しており、米国も備蓄分の取り崩しだけでは到底足りないため155mm砲弾の増産(2025年までに月9万発)に向けて準備を進めているものの、問題は増産に必要な工作機械の入手に時間が掛かる点だ。

米国、ウクライナ向け155mm砲弾製造に必要な火薬を日本から調達か

出典:Сухопутні війська ЗС України

米陸軍で調達や兵站を担当するブッシュ次官補は3月「155mm砲弾の製造に必要な原材料は大量の備蓄があり、鋼材も十分過ぎるほどの供給量があるので原材料不足が今直ぐ問題になることはないが、工作機械だけは直ぐ手に入らないので砲弾増産は長い道のりになる」と述べており、どれだけ原材料があっても工作機械が手に入らない限り増産は出来ない。

月25万発の155mm砲弾を要求されているEUも直ぐに増産体制を整えるのが難しいため、砲弾製造に必要な部品(砲弾本体や炸薬など)の「域外調達」を承認したが、ロイターは複数の関係者からの話として「米国は155mm砲弾用のTNTを日本で調達しようとしている。日本側も工業用TNTの販売を許可すると米国に通知している」と報じており、この件に詳しい関係者は「155mm砲弾を製造するサプライチェーンに日本企業を組み込みたいと米国は考えている」と付け加えている。

米国、ウクライナ向け155mm砲弾製造に必要な火薬を日本から調達か

出典:U.S. Army Photo by Dori Whipple, Joint Munitions Command

因みにロイターは「火薬を製造する日本企業の中で『工業用TNTを製造している』と回答したのは広島にある中国化薬だけだ」と報じており、遂に155mm砲弾問題の話題に日本の名前が登場した。

砲弾の増産に必要な原材料は十分過ぎるほどある、問題は工作機械の入手性
EUがウクライナ向け砲弾の共同購入で合意、払い戻し対象は欧州製砲弾のみ

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Army photo by Sgt. Victor Everhart, Jr.

[ad_2]

Source link