日本政府、次期戦闘機向けに新しい空対空ミサイルを開発する方針

関係者は「英伊が戦闘機で運用するミサイルも導入を検討する」と述べている

日本政府は、英国とイタリアと共に次期戦闘機向けに新しい空対空ミサイルの開発を進める方針を固めたと報じられています。この戦闘機は2035年までに実用化を目指す予定であり、さらに関係者によれば、「英国とイタリアもその戦闘機に搭載するミサイルの導入を検討している」と述べています。

日英伊、共同開発プログラムを発表

昨年末、日本、英国、イタリアの3ヶ国は次期戦闘機のための共同開発プログラム「Global Combat Air Program(GCAP)」を発表しました。GCAPには、共通のプラットフォームを開発・生産するか、それぞれが技術開発を行いながら共通要素を持つ独自の機体を生産するかはまだ確定していません。ただし、この戦闘機の実用化時期は2035年頃と言われており、日本政府は次期戦闘機向けに新しい空対空ミサイルを開発する計画を進めるようです。

出典:MBDA Meteor

日英の研究グループは、空自の次期戦闘機に適した装備品について検討を行った結果、「国内で開発された空対空ミサイルのほうがヨーロッパで開発されたミーティアよりもコストが低く、性能も良い」という結論に至りました。そのため、日本政府は2035年までに新しい空対空ミサイルの開発を進める方針を固めたと報じられています。ただし、関係者によれば、「英国とイタリアが戦闘機で運用するミサイルの導入も検討している」と述べています。

イギリスとイタリアが導入するミサイルについては明確ではありませんが、ミーティアの改良版の開発が進んでいることから、関係者はそれに関心を寄せている可能性があります。

出典:防衛省

ちなみに、防衛装備庁は4月に「日英の共同開発プログラムで進められていた新型空対空ミサイル(Joint New Air to Air Missile、JNAAM)は、2023年の試射をもってプログラムを終了する」と発表しています。

今後の展望

日本は次期戦闘機の開発に合わせて、英国とイタリアとの協力体制を構築していく予定です。ただし、GCAP参加のために巨額の資金を提供するサウジアラビアの関与には不透明な部分があります。英国のメディアはサウジアラビアのGCAP参加に肯定的な意見を示していますが、一方で日本のアナリストは反対理由を説明しています。英国とサウジアラビアは共通の利益を持っており、戦闘機分野における協力関係を強化することを約束しています。また、サウジアラビアは英国主導のFCASプログラム(テンペスト開発)にも参加しています。

日本政府は、次世代戦闘機の開発のために英国とイタリアとの合弁会社設立を検討しています。テンペストとFCASは統合されるべきか、イタリア空軍のゴレッティ参謀長の発言にも注目が集まっています。日本、英国、イタリアの3ヶ国は共通の戦闘機を生産するのか、それともそれぞれが共通要素を持つオリジナルの機体を生産するのかはまだ決まっていません。日英伊は次世代戦闘機を開発するための新しい枠組みであるグローバル・コンバット・エアー・プログラムを発表しました。英国のメディアによれば、次期戦闘機の共同開発は新たな日英同盟の形成につながる可能性もあるとされています。

結論

英国では、経済や雇用の観点から国防プログラムの有効性を訴えており、日本が次期戦闘機の開発に参加することで、英国が求める技術ではなく資金を得ることを狙っていると言われています。

日本ニュース24時間