立憲・石垣のりこ氏、「汚染水」連呼で政府批判 またも「謀反」に幹事長は何を思う

立憲民主党幹事長の岡田克也氏、石垣のりこ氏の発言に不快感

東京電力福島第1原発での処理水海洋放出に関する問題では、立憲民主党執行部が苦慮している。

石垣のりこ氏の発言

2023年8月27日、福島県いわき市での集会で、石垣のりこ参議院議員が「今日は党を代表してこちらに伺わせていただきました」と挨拶した後、党の見解とは異なる立場から「汚染水」という言葉を繰り返し、海洋放出を批判した。この発言に対し、8月29日の記者会見で岡田克也幹事長は「『党を代表して』と、そういう立場で出て行ったとしたら、それは党の見解を述べてもらわないといけない」と不快感を示した。

「今日は党を代表してこちらに伺わせていただきました」

この集会には共産党の小池晃書記局長や社民党の福島瑞穂党首も出席していた。共産党の機関紙「しんぶん赤旗」によれば、この集会は日本共産党、立憲民主党、社民党の3政党と地元の4労働組合による「国・東電による海洋放出反対全国行動」の一環であった。石垣氏は次のように挨拶した。

「今日は党を代表してこちらに伺わせていただきました。いろいろご心配おかけしているところもあるかもしれませんけれども、党を代表して、および、私の個人的な宮城出身としての思いも込めて、ちょっとお話をさせていただきたいと思います」

岡田克也幹事長の見解

岡田克也幹事長は7月11日の記者会見で、処理水放出に関して「科学的には一応答えは出ている」と述べつつも、風評被害を予防するための努力が「十分だとはとても思えない」と批判してきた。岡田氏は、政府が理解を得るための努力が不足していると指摘していた。なお、放出される水は「処理水」と表現している。この見解は、党の代表である泉健太氏も同様に述べており、党の公式見解として確立している。

石垣氏の批判

一方で、石垣氏は「汚染水」という表現を重視し、政府の対応を批判した。

「結論ありきでこのアルプスをして処理された汚染水の海洋放出を強行したことに対して断固として私も反対の声を上げたい」

「これは福島第1原発事故に由来する汚染水の処理の問題だ」

また、石垣氏は処理水の海洋放出に反対する近隣諸国に理解を示し、次のように述べた。

「ちゃんとした説明を行わずに結論ありきで進めているこの強硬姿勢に対して『日本は一体どういう復興をやっているんだ』と疑義を生じさせ、これからの復興の足かせになっているのではないか」

※この記事は日本ニュース24時間のオリジナル記事です。日本ニュース24時間