30日(水)の天気 猛暑が続く 広範な雷雨の可能性も 沖縄は台風への備えを

体温を超える猛暑に備えよう 無理のない活動と熱中症対策を

![上]30日(水)の予想最高気温と[下]熱中症警戒アラート
きょうも日本海側を中心に、猛烈な暑さが続く見込みです。夏休みが終わった地域もありますが、8月終わりにもかかわらず、まだまだ暑さが収まりませんので、屋外での活動は控えた方が良いでしょう。特にご高齢の方や体調の優れない方は、十分な対策をとってください。

四国や九州の太平洋側などでは断続的に雨が降ることがあり、少しは涼しくなるかもしれませんが、湿度が高いため、引き続き熱中症対策を万全にお願いします。

<予想最高気温>
38℃ 福島県若松市、新潟県津川市
37℃ 秋田県横手市、富山県、鳥取県米子市など
36℃ 山形県、群馬県前橋市、長野県、島根県松江市、福岡県など

天気が急変することもありますので、外出時は雨具を持っていきましょう

![参考]30日(水)の朝から夜までの天気予報
全国的に気圧の状態が非常に不安定になりますので、西日本の太平洋側や東海地方では雨が降りやすくなるでしょう。しかし、晴れ間がある地域でも、急に雨が降ることがありますので、外出時には傘などの雨具を持っていくと安心です。また、長時間外出する場合は、洗濯物を室内に取り込むなどの対策も必要です。

台風11号が接近中の沖縄は早めの備えを

![上]30日(水)午前3時の台風11号の位置と予想進路 [下]熱帯低気圧に関する情報
台風11号は北上しながら発達し、明日31日(木)から9月2日(土)頃にかけて、沖縄に強い勢力で接近する見込みです。高波や暴風などに備えるため、早めの対策をお願いします。

また、今後も新たな台風の発生が予想されますので、最新情報に注意してください。

(気象予報士・海老原美代子)

※ この記事は日本ニュース24時間の提供です。