1. Home
  2. Author Blogs

Author: Yasushi

Yasushi

政治
輸出規制決定前の段階で韓国経済が既に半死半生の状況だったと判明 輸出規制はトドメの一撃だった?

輸出規制決定前の段階で韓国経済が既に半死半生の状況だったと判明 輸出規制はトドメの一撃だった?

輸出規制決定前の段階で韓国経済が既に半死半生の状況だったと判明 輸出規制はトドメの一撃だった? 1:右大臣・大ちゃん之弼 ★ @\(^o^)/:2019/07/01(月) 17:19:56.45 ID:CAP_USER 輸出額が7カ月連続で減少した中、6月は最悪の実績となった。原因は半導体など主力製品の輸出が振るわないためだ。こうした中、日本政府が1日、韓国に対する核心半導体・ディスプレー素材の輸出を規制すると明らかにし、不確実性はさらに高まっている。 産業通商資源部と関税庁によると、6月の暫定輸出額は441億7900万ドルと、前年同月比13.5%減少した。前年同月比の輸出額減少幅は2016年1月以来の最大となった。輸出実績は昨年12月から7カ月連続で減少しているが、6月の減少幅が最も大きかった。 国内主力輸出品の半導体と石油化学・石油製品の輸出額減少が目立った。半導体は前年比25.5%、石油化学と石油製品はそれぞれ24.5%、24.2%の輸出減少した。関連製品の業況が振るわないうえ、製品単価が急落し、このような結果を招いた。先月25日基準で半導体の単価は33.2%下落し、石油化学と石油製品の単価もそれぞれ17.3%、11.6%落ちた。 主力製品の輸出が不振を免れない理由は、長期化する米中貿易紛争で不確実性が高まっているからだ。6月の対中国輸出は24.1%減少し、金融危機(2009年5月)以降で最悪となった。対米国輸出も2.5%減少した。先月29日(現地時間)に大阪で開催された主要20カ国・地域(G20)首脳会議で、米国のトランプ米大統領と中国の習近平国家主席は貿易戦争の休戦に合意したが、市場は「一時的な休戦」と解釈している。 グローバル保護主義の拡散で世界貿易環境が悪化している点も無関係でない。韓国だけでなく、中国(-2.7%)、米国(-2.5%)、ドイツ(-9.1%)、フランス(-1.6%)など主要国の輸出(4月基準)も減少した。 こうした中、日本経済産業省が今月から韓国に対する半導体・ディスプレー核心素材輸出を禁止すると明らかにし、国内業界の不安感は増幅している。輸出制限品目はフッ化ポリイミド、レジスト、エッチングガスなどで、半導体・ディスプレー生産に必須の素材だ。これら素材は対日依存度が高い。日本現地メディアは日本政府のこうした措置について徴用被害者賠償訴訟をめぐる韓日間の対立と関係があると解釈している。 韓国政府はこの日午後、成允模(ソン・ユンモ)産業部長官の主宰で「輸出状況点検会議」を開き、下半期の輸出総力支援案を発表する予定だ。今年下半期の輸出企業に対する資金供給を拡大し、新南方・新北方など発掘していない新しい市場を開拓するという戦略だ。 成長官は「政府は輸出不振状況に危機意識を抱いてあらゆる輸出力量を総動員する」とし「企業も積極的な市場開拓で輸出に活力を与えてほしい」と述べた。 https://japanese.joins.com/article/039/255039.html?servcode=300§code=300&cloc=jp|main|breakingnews ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年07月01日 13時44分 4:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/07/01(月) 17:20:59.96 ID:q2H3ResT いや、デフォルトの確実性が高まってるだろよ 5:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/07/01(月) 17:21:05.74 ID:yEwRc3GA 国際条約を守らない国が国際機関に提訴?笑うところかい 6:(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2019/07/01(月) 17:21:25.21 ID:fov+SEG6 >>1 気のせいだ 韓国はそのまま突き進め…

政治
「輸出規制で喜ぶのは第3国だから考え直せ」と韓国が必死に説得 日本企業にとっても大きな損害だ

「輸出規制で喜ぶのは第3国だから考え直せ」と韓国が必死に説得 日本企業にとっても大きな損害だ

「輸出規制で喜ぶのは第3国だから考え直せ」と韓国が必死に説得 日本企業にとっても大きな損害だ 1:■忍【LV13,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb:19/07/01(月)11:55:37 ID:??? ◎記事元ソース名/【社説】日本の稚拙な経済報復、現実化は 2019年07月01日 07時46分 韓国の強制徴用賠償判決に反発し、日本が経済報復カードを取り出したという日本産経新聞の報道が登場した。今月4日から半導体やディスプレー製造に使われる材料3品目の対韓輸出を規制するだろうとの内容だ。どの品目も半導体・ディスプレー産業で必須の材料だ。輸出そのものを止めるのではなく、契約ごとに輸出許可を受けさせるよう切り替えるという。産経は、日本政府がこのような内容をまもなく公式発表すると伝えた。まだ推定報道ではあるが可能性は低くない。韓日関係が冷え込むだけ冷え込んでいる今ではないか。数日前、主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)でも、2カ国首脳はたった8秒間の握手挨拶をしただけだ。 経済報復が実施されれば、韓国企業への悪影響が避けられなくなる。日本の狙うところだ。相手国政府との談判を継続せず、いわれのない企業にあてこすって日本の外交目標を達成しようとする処置だ。「報復もありえる」と、日本政府がその意志をちらつかせていた時から「稚拙だ」という批判が相次いでいた理由だ。「日本政府が近づく参議院選挙を意識して報復実施カードを取り出した」という分析もある。 経済報復は日本にとっても毒にしかならない。大口顧客である韓国半導体・ディスプレー企業への販売を犠牲にするのは日本企業にとっても大きな損害だ。 (中略) パートナーシップを壊してどうしようというのか。喜ぶのはその間で利益を得る第三国の企業だ。外交葛藤が生じても、経済は協力関係を継続しなければならない理由だ。日本政府はぜひこのような点を肝に銘じてほしい。韓国政府も外交的努力をもっと傾け、日本とウィン・ウィンの経済協力関係を一日も早く復元しなければならない。 中央日報日本語版 2019年07月01日07時46分 http://japanese.joins.com/article/005/255005.html 2:名無しさん@おーぷん:19/07/01(月)12:07:46 ID:puI.xh.oy >>1 >パートナーシップを壊してどうしようというのか 壊したのはそっち(韓国)だろうが、バカ。 そこに自覚も反省も無いからこの結果になったんだよ。 少しはてめぇらの愚かさを省みろ。話はそれからだ、この土人どもが。 3:名無しさん@おーぷん:19/07/01(月)12:09:01 ID:927.sx.np 自分の都合で外資を差し押さえして売り払って経済は協力関係を継続とかギャグで言ってるのかな?? 4:名無しさん@おーぷん:19/07/01(月)12:10:11 ID:Ao6.zk.3b 頭おかしいな何で経済だけ特別扱いだ 国際法破られたら、協力的な関係が維持できないという前提を理解すれw 7:名無しさん@おーぷん:19/07/01(月)12:22:36 ID:BnW.cy.oj スマホ画面素材など韓国へ輸出規制 徴用工問題で対抗か https://www.asahi.com/articles/ASM7134F2M71ULFA00B.html 経済産業省の担当者は「(元徴用工問題の)対抗措置ではない」と説明する一方、 「日韓間の信頼関係が著しく損なわれた」ためとした。…

政治
トランプ氏、G20「完璧だった」 

トランプ氏、G20「完璧だった」 

執務机につくトランプ米大統領=1日、ホワイトハウス(ロイター)  【ワシントン=住井亨介】トランプ米大統領は1日、日本が初の議長国を務めた20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)について、「素晴らしいG20のホストを務めた安倍晋三首相にお祝い申し上げる。ミスがなく完璧だった。日本国民は首相を誇るべきだ」とツイッターで絶賛した。  トランプ氏はまた、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との電撃的な会談について、「金氏を訪問して大変注目を集めた会談を果たせたのは素晴らしかった。良いことが起きる!」と自賛した。 Source link

政治
【安倍日誌】1日(月)

【安倍日誌】1日(月)

 【午前】9時44分、東京・富ケ谷の私邸発。58分、官邸着。59分、報道各社のインタビュー。10時、外務省の秋葉剛男事務次官、金杉憲治アジア大洋州局長入る。15分、金杉氏出る。28分、秋葉氏出る。42分から47分、警察庁の栗生俊一長官、大石吉彦警備局長。11時45分、ベトナムのグエン・スアン・フック首相を出迎え。46分から53分、文書交換式。54分、記念撮影。55分、フック首相とのワーキングランチ開始。  【午後】1時8分、ワーキングランチ終了。14分から15分、フック首相を見送り。2時4分から14分、持続可能な開発目標(SDGs)未来都市選定証授与式。3時5分から36分、読売新聞のインタビュー。56分から4時16分、高市早苗自民党衆院議員。6時42分、トルコのエルドアン大統領を出迎え。43分、記念撮影。44分から7時42分、エルドアン氏とワーキングディナー。55分から58分、エルドアン氏を見送り。59分、官邸発。8時、公邸着。 Source link

政治
【公約特集】立憲民主 消費税率引き上げ凍結

【公約特集】立憲民主 消費税率引き上げ凍結

【前文】  現在の日本は人口減少と高齢化、価値観やライフスタイルの多様化、生活の不安定化など大きな変化にさらされている。国際社会では対立と分断が深刻化し、不透明性が増している。ひと握りの政治家による政治では、新しい令和の時代を切り拓(ひら)くことはできない。これからの日本には大きなパラダイムシフトが必要だ。さまざまな課題を可能性に変え、未来を切り拓いていくための、価値観と社会のあり方の転換。その転換を皆さんと進めていく。新しい政治=「#令和デモクラシー」の第一歩を踏み出す。 【経済】 ●中小零細企業への支援を拡充しつつ、5年以内に最低賃金を1300円に引き上げ ●官民の非正規雇用をできるかぎり正規雇用化し、ワーキングプアを解消 ●介護・医療・保育などの分野での賃金引き上げ ●残業代完全支払い・みなし残業禁止などで、まっとうな働き方を実現 ●農業者戸別所得補償で農業者の所得を底上げ 【社会保障】 ●消費税率10%への引き上げを凍結。金融所得課税や法人税などを見直し、税の累進性を強化して公平な税制に転換 ●老後に備えて「2000万円貯(た)めなければならない社会」でなく「大きな蓄えがなくても安心できる社会」を目指す ●安心して医療や介護が受けられるよう年金の最低保障機能を強化 ●医療・介護・保育・障害に関する費用の世帯の自己負担額合計に、所得に応じた上限を設ける総合合算制度を導入 ●待機児童の解消と保育の質の向上を目指す ●公立小中学校の給食を無償化 ●国公立大の授業料を半額程度に引き下げ、私学助成金を増やす ●給付型奨学金と無利子奨学金を拡充し、過去の有利子奨学金の利子分を補填(ほてん) 【多様性】 ●選択的夫婦別姓を導入 ●LGBT差別解消法を制定し、同性婚を可能とする法改正を実現 ●各議会で男女同数を目指す ●DV対策、性暴力被害者支援とともに、性犯罪関係刑事法改正を目指す ●地域のNPOや起業家、自治体などと連携し、障害者やひきこもりの人の生活支援、就労支援、家族への支援を強化 【環境・防災】 ●原発ゼロを実現。原発再稼働を認めず、原発ゼロ基本法案の早期成立を目指す ●電力の地産地消を促す分散型エネルギー推進4法案を成立させ、自然電力100%を目指す ●発送電の完全分離で自然エネルギーの事業者に送電線をさらに開放 ●2030年までに石炭火力発電所を全廃 ●廃プラゼロ法を制定し、脱使い捨てプラスチック社会を目指す ●頻発し大規模化する災害対応のため防災庁設置 【政治改革・行政改革】 ●20歳から立候補できるよう被選挙権年齢を引き下げ、立候補休暇制度を創設 ●企業団体献金を禁止し、各議員の政治資金収支報告書をまとめてウェブ公開 ●公正で透明な行政を実現するため、公文書管理法と情報公開法を強化 ●内閣人事局制度の見直し…

政治
【公約特集】国民民主 18歳まで児童手当延長

【公約特集】国民民主 18歳まで児童手当延長

【前文】  アベノミクスの最大の弱点は家計消費が伸びないことだ。そして年金だけでは満足な生活はできないと政府も認めた。一番大切なのは「家計」を豊かにすることだ。「家計」が豊かになれば、GDPの6割を占める「消費」が活発になり、内需中心の持続可能な成長が実現する。  私たちはあらゆる手段で家計の可処分所得を増やし、安心して消費を拡大できる政策に転換する。これが、私たちのめざす「家計第一の経済政策」だ。  国民民主党は「家計」と「地域」を重視する「新しい答え」で日本に生活の安心と経済の活力を取り戻す。 【経済・家計】 ●消費税引き上げに反対。子育て支援拡充を行うため「子ども国債」を発行 ●NISAの拡大などで家計の金融資産形成を応援。同時に、金融所得課税により所得再分配機能を強化 ●世帯年収500万円以下で賃貸住宅で暮らす世帯の家賃について、月1万円を補助 ●最低賃金は「全国どこでも時給1000円以上」を早期に実現 ●企業の雇用や賃上げ努力に応じて法人税率に差をつけ、中小企業には正規雇用増加分の社会保険料の事業主負担の半分相当を助成 【社会保障・子育て支援】 ●児童手当を18歳まで延長し、給付額は一律で月1万5千円に拡大 ●給食費を無償化し、副教材などの学年費を補助 ●待機児童解消とともに、0~2歳の保育料、ベビーシッター代の負担軽減 ●厚生年金の適用拡大 ●低所得の年金生活者には政府の年金生活者支援給付金より手厚く、最低でも月5千円を給付 ●医療・介護・障害福祉などにかかる自己負担の合計額に上限を設ける「総合合算制度」を創設 ●選択的夫婦別姓を実現 【地域活性化】 ●地域の自立的な政策展開を可能にする「一括交付金」を復活 ●高速道路の新たな料金体系を実現。土日祝日は上限を1000円、平日は上限を2000円にして地域経済を活性化 ●総合的な農業者戸別所得補償制度の導入 ●「地域仮想通貨」を発行可能に ●駅前や飲食店などへの無料Wi-Fiスポット設置支援 ●乗合タクシーやコミュニティバスなどの公共交通を国の基準見直しや予算措置で強力に支援 ●高齢者の交通事故対策として自動ブレーキなどを装着した安全運転サポートカーに限定した免許を創設 ●地産地消の推進で自給率50%を実現 ●夫婦の一方が生まれ育ち、親の住んでいた故郷に帰農する場合、年最大250万円を給付する制度を創設 【エネルギー・環境】 ●2030年代を目標としてできるだけ早期に原子力エネルギーに依存しない社会(原発ゼロ社会)を実現 ●30年までに1990年比30%以上の二酸化炭素削減を目指す ●マイクロプラスチックの生態系への影響を防止するための新規制を導入 【外交・安全保障】 ●日米同盟を基軸に専守防衛に徹し、効率的で効果的な防衛力を維持・整備 ●現行の安全保障関連法は廃止し、現実的な対応を図るための領域警備法などを制定…

政治
【公約特集】共産 皇位継承の儀式見直し

【公約特集】共産 皇位継承の儀式見直し

【前文】  安倍政治にサヨナラして、明日への希望が持てる政治に。政治を変える力…市民と野党の共闘の勝利と日本共産党の躍進 【暮らし】 ●消費税率10%への引き上げ中止 ●全国一律の最低賃金制度を創設し、ただちに1000円に引き上げ、すみやかに1500円を目指す。中小企業の賃上げ支援予算を7000億円に増額し、社会保険料の事業主負担を減免 ●年金のマクロ経済スライドを廃止し、「減らない年金」にする。高額所得者優遇の保険料の見直し ●最低保障年金制度を確立し、無年金・低年金問題を解決 ●消費税と別の財源を確保し、低収入の年金生活者に月5000円を上乗せ給付 ●公費1兆円を投入し国民健康保険料を引き下げ、子供の医療費無料制度を実施 【安全保障・外交】 ●安全保障関連法を廃止し、軍縮に転換 ●北朝鮮問題の6カ国協議での解決や日本が行った侵略戦争や植民地支配の反省などを土台とする「北東アジア平和協力構想」の推進 ●日露の領土問題について、中間的な友好条約の締結による色丹(しこたん)島、歯舞(はぼまい)群島返還と、千島列島の返還を内容とする日露平和条約の締結によって段階的に解決 ●米軍普天間飛行場の辺野古移設を中止し、普天間飛行場の無条件撤去を要求 ●米海兵隊の撤退や輸送機オスプレイの撤去を求める ●日米安保条約を廃棄し、対等・平等の立場に立った日米友好条約を締結 【エネルギー】 ●原発の再稼働を中止し、すべての原発で廃炉のプロセスに入る ●2050年までの温室効果ガス排出の実質ゼロ ●30年までに電力の4割を再生可能エネルギーでまかなう 【憲法・政治改革】 ●安倍晋三政権の9条改正に反対 ●特定秘密保護法や共謀罪などを廃止 ●天皇の政治利用に反対し、憲法の原則から逸脱した「代替わり儀式」を見直し Source link

政治
【公約特集】維新 年金積み立て式へ移行

【公約特集】維新 年金積み立て式へ移行

【身を切る改革】 ●議員報酬と議員定数の3割カット ●国家公務員の人員削減と人件費2割カット ●歳入庁を設置し、徴税と社会保険料の徴収を一元化 【経済】 ●規制緩和による経済成長 ●消費税増税凍結 ●空港や都市型民泊など観光インフラの拡充 ●NHK改革。防災情報など公共性の高い分野は無料化し、有料部分は放送のスクランブル化 ●マイナンバーカード普及の推進 【教育】 ●機会平等社会を実現するための教育完全無償化 ●子供の数が多いほど税負担が軽減される「N分N乗方式」の導入 ●同一戸籍・同一氏の原則を維持しながら旧姓使用にも一般的な法的効力を。同性婚を認める 【社会保障】 ●高齢者の雇用創出、年金支給年齢の段階的引き上げなど年金制度再構築 ●公的年金を賦課方式から積み立て方式に移行 ●高齢者向け運転免許制度の創設 【防災・エネルギー】 ●大災害対応は都道府県と国の出先機関の協議会を作り、トップを知事に ●西日本の大規模災害に対応可能な大阪消防庁を設置 ●先進国をリードする脱原発依存体制の構築 【憲法改正】 ●憲法改正案として「教育無償化」「統治機構改革」「憲法裁判所設置」の3項目を国民に提案 ●各党に具体的な改正項目の速やかな提案を促し、衆参両院の憲法審査会をリード 【統治機構改革】 ●地方分権・一院制・首相公選制 ●大阪都構想の実現 ●消費税の地方税化 ●自治体首長と参院議員の兼職禁止規定を廃止 【外交・安全保障】 ●集団的自衛権行使の要件を厳格化。日本周辺の米軍防護に限定 ●米軍普天間飛行場の負担軽減と日米地位協定見直し ●わが国の安全保障に係る重要な土地取引を規制 ●憲法9条を議論する前提として、国立追悼施設の整備…

政治
【公約特集】社民 最低賃金を全国一律に

【公約特集】社民 最低賃金を全国一律に

【経済・社会保障】 ●消費税率10%への引き上げ中止 ●内部留保をため込む大企業への法人課税強化などの税制改革 ●最低賃金を全国一律にし、時給1000円に引き上げ、1500円を目指す ●基礎年金について「マクロ経済スライド」による抑制を中止 ●年金支給年齢の引き上げに反対。最低保障年金創設 ●児童手当の拡充や子供の医療費の国庫負担による無料化 ●高校授業料は私立高校も含め無償化。外国人学校なども差別なく適用 【平和】 ●集団的自衛権の行使を容認した閣議決定を撤回し、安全保障関連法を廃止 ●空母への改修など大型兵器の整備やイージス・アショアの配備に反対 ●米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対し、普天間飛行場の即時運用停止と閉鎖・撤去 ●憲法改正に反対 ●既存原発は順次廃炉作業に着手し、早期の脱原発を実現 Source link

政治
【公約特集】幸福 自衛目的の核装備推進

【公約特集】幸福 自衛目的の核装備推進

【外交・国防】 ●非核三原則を撤廃し、自衛のための核装備を推進 ●憲法を改正し、自衛隊を軍にする。防衛費を倍増 ●サイバー攻撃、テロリズムに一元的に対処する危機管理庁を設立 【経済・財政】 ●実質成長率3%超の経済成長によるGDP倍増 ●消費税増税を中止し、税率を5%に引き下げ 【社会保障・福祉】 ●平均寿命の延伸に合わせた年金受給年齢の引き上げを検討 ●障害者を雇う企業への税制上の優遇措置を拡充 【エネルギー】 ●原発再稼働を推進 【教育】 ●増税による教育無償化に反対。自由化を進め、公教育の質を向上 Source link