「恐ろしい数字だ」2人の博士が発見したワクチン接種の驚くべき有害リスク率

「恐ろしい数字だ」2人の博士が発見したワクチン接種の驚くべき有害リスク率

[ad_1] 「恐ろしい数字だ」2人の博士が発見したワクチン接種の驚くべき有害リスク率 covid19(コロナ) CDCが爆弾発言、2人の博士が驚くべきリスク/ベネフィット分析を暴露 9月12日、米国疾病予防管理センター(CDC)は新たな勧告を発表し、生後6カ月以上のすべての人にCOVID-19ワクチンの “更新 “を勧めた。 CDCによれば、100万回のワクチン接種で、12歳から17歳の19人から95人の入院、5人から19人のICU入室、そしておそらく1人の死亡を防ぐことができるという。 5歳から11歳では、100万回接種するごとに16から76回の入院が予防できると推定される。18歳から49歳でさえ、春のデータによれば、100万回の投与で75件の入院を防ぐことができると推定される。 しかし、100万回投与あたりどれだけの重篤な有害事象を引き起こしているのだろうか?恐ろしい数字である。ジョン・キャンベル博士はジョセフ・フレイマン博士らによるファイザー社とモデルナ社の臨床試験の再解析に基づき、重篤な有害事象発生率と比較した。 その結果、次のことが判明した:ファイザー社のデータでは100万回投与されるごとに重篤な有害事象が1,000件発生した。モデルナのデータは、100万回投与ごとに1500件の重篤な有害事象が発生した。 つまり、CDCは、100万回投与あたり1,000件以上の重篤な有害事象を引き起こす接種を推奨しているのだ。12歳から17歳の年齢層で、わずか19人から95人の入院を予防するために、1,000件以上の重篤な有害事象を引き起こす可能性のあるワクチンをどうして推奨できるのか?危害を加える意図は、もはや疑う余地はないのだ。 CDC Drops a Bombshell on Itself, Exposes Alarming …