1. Home
  2. 国際

Category: 国際

    国際
    中国、米人事に安堵 気候変動を包囲網の突破口に

    中国、米人事に安堵 気候変動を包囲網の突破口に

     【北京=西見由章】米次期大統領に就任する見通しとなったバイデン前副大統領が、国務長官に穏健派のブリンケン元国務副長官を起用する方針を決めたことを受け、中国側からは安堵(あんど)の声が上がっている。新政権に移行しても米国が中国を「戦略的競争相手」とみなし続けることへの警戒感は変わらないが、気候変動問題などをめぐる米国との協力を「対中包囲網」の突破口にしたい考えだ。  共産党機関紙、人民日報系の環球時報は25日付で、ブリンケン氏が「気候変動問題に関して中国に協力を呼び掛けるだろう」との見方を紹介。また同氏がトランプ政権期にコンサル会社を設立し、米企業向けに中国市場に関するアドバイスを行っていたことにも触れた。同紙英語版も、中国がバイデン政権との間で「気候変動や関税の低減をめぐって協力を開始できる」とする国内専門家の見通しを伝えた。  もっともバイデン氏がオバマ前政権のスタッフを起用したことで、米国が対中融和姿勢に回帰するとは中国側も楽観していない。  環球時報は「中国が最大の課題」と述べたブリンケン氏の発言を紹介。同盟国との協力や米国の価値観を重視する意向にも触れ、手放しで歓迎はしていない。  中国現代国際関係研究院の孫成昊(そん・せいこう)研究員は「時代は変わった。(オバマ前政権のスタッフは)トランプ氏が残した外交的遺産と、オバマ時代への回帰との間でバランスをとるだろう」と同紙英語版に指摘した。  「対中強硬派のポンペオ国務長官と比べればブリンケン氏ははるかに対応しやすく、中国上層部は安堵しているはずだ」。北京の経済専門家はそう指摘しつつ「バイデン氏はトランプ氏以上に厳しい対中姿勢をとる可能性もあり予断を許さない」と分析した。 Source link

    国際
    メーガン妃が第2子を流産 米紙への寄稿で明かす

    メーガン妃が第2子を流産 米紙への寄稿で明かす

     【ロンドン=板東和正】英王室の公務から今春に退いたヘンリー王子の妻、メーガン妃が25日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)への寄稿で、7月に第2子を流産していたことを明らかにした。  同紙によると、メーガン妃は昨年5月に出産した長男、アーチーくんの世話をしているときに流産したという。メーガン妃は寄稿で、流産について「子供を失うことは、ほとんど耐え難い悲しみを背負うことを意味する」と悲しみをつづった。  夫妻は今年1月、主要公務に参加しない意向を発表。その後、エリザベス女王が夫妻の意向を容認し、今春に公務を引退することが決まった。現在は、英国を離れ、米西部ロサンゼルス近郊で生活しているとの情報がある。王子が引退の決断に至った背景には、夫妻に対する執拗(しつよう)な取材への不満があるとされる。  ただ、英王室の主要メンバーが公務から離脱する前代未聞の事態に同情の声は少なく、「夫妻は子供っぽく、無分別」(英紙タイムズ)などと非難する論調が目立った。 Source link

    国際
    28「国民の資産が国王の所有物に」返還訴え タイで大規模反政府デモフジテレビ系(FNN)11/26(木) 2:18

    28「国民の資産が国王の所有物に」返還訴え タイで大規模反政府デモフジテレビ系(FNN)11/26(木) 2:18

    28「国民の資産が国王の所有物に」返還訴え タイで大規模反政府デモフジテレビ系(FNN)11/26(木) 2:18 Source link

    国際
    メーガン妃、7月に流産 米紙に明かす

    メーガン妃、7月に流産 米紙に明かす

    【AFP=時事】(更新)英王室の公務から引退したヘンリー王子(Prince Harry)の妻メーガン妃(Meghan, Duchess of Sussex、39)が、25日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)で、7月に流産していたことを明らかにした。 【写真特集】第1子のアーチーちゃんを披露した際のヘンリー王子とメーガン妃  メーガン妃は2018年、ヘンリー王子と結婚。翌年、第1子となるアーチー(Archie)ちゃんを出産した。  ニューヨーク・タイムズ紙のオピニオン面でメーガン妃は、アーチーちゃんのおむつ替えをした直後に激しい腹痛を感じて床に倒れたと明かし、「私は第1子を抱き締めながら、2番目の子を失おうとしているのだと思った」と振り返った。  流産という「耐え難い心痛」を告白したメーガン妃は、流産について語ることは「依然タブーであり、(不当な)汚名にさいなまれ、孤独な悲哀の循環を永続させるものだ」と書いている。【翻訳編集】 AFPBB News Source link

    国際
    米コロナ死者2000人超、5月以来初めて 入院者数も過去最多

    米コロナ死者2000人超、5月以来初めて 入院者数も過去最多

    [25日 ロイター] – 米国で新型コロナウイルス感染症による1日当たりの死者が5月以来初めて2000人を超えた。感謝祭の連休を迎え、人の移動が予想される中、状況の悪化が懸念される。 24日の死者は2157人と、40秒に1人が死亡したことになる。ロイターの集計によると、これまでの最多は4月14日に記録した2806人。当初は3384人とされていたが、1日当たりの死者数は集計の遅れなどによって変動する可能性がある。 1日当たりの新規感染者数も17万人を超えた。 同日の入院者数も8万7000人を突破し、これまでの最多を記録。全米各地の医療施設の病床も逼迫しつつある状況を示唆している。ロイターの集計によると、今月に入り50州中30州で、入院者数が過去最多を記録している。 米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長はABCのニュース番組「グッド・モーニング・アメリカ」で、マスク着用やソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の維持)、屋内を中心に人の集まりを避けることを続ける必要性を強調し、今週の感謝祭の集まりを可能な限り小規模にするよう促した。「感染拡大抑制に向けた措置を実行すれば、いずれこの状況を切り抜けられる。感謝祭に向けた私の最後のお願いだ」と語った。 感謝祭に向けて旅行者が増加し、週末22日に米国内の空港のセキュリティーチェックを通過した旅客者数は約105万人と、コロナ感染の拡大が始まった3月半ば以降で最高の水準に達した。 ニューヨーク州のクオモ知事は記者団に対し「今年は通常の感謝祭ではない」と釘を刺し、通常の感謝祭のように振る舞うことは「現実の否定」に等しいと語った。 米大統領選で当選を確実にした民主党のバイデン前副大統領は、コロナ対策を最優先課題に位置付けており、25日にコロナ対策を巡り演説する見通し。 ファウチ氏はCーSPANに対し、バイデン氏のスタッフと連絡を取っており、次期政権のいかなる対策本部にも関与していく意向だと明らかにした。 *内容を追加しました。 Source link

    国際
    英ジョンソン首相、8歳からの手紙に返信「サンタが素早く出入りすればリスクない」

    英ジョンソン首相、8歳からの手紙に返信「サンタが素早く出入りすればリスクない」

     イギリスのジョンソン首相は、「今年、サンタさんは来られますか?」との8歳の男の子からの手紙に対し、「素早く出入りすれば問題ない」などと返信した手紙を公開しました。  ジョンソン首相は25日、ツイッターで、8歳のモンティくんからの手紙と、それに対する返信を公開しました。  新型コロナウイルス下でのクリスマスを心配するモンティくんは手紙の中で、「クッキーの横に消毒液を置いておいたら、サンタさんが家に来ても構いませんか?」と質問、これに対してジョンソン首相は、「北極に電話して聞いたら、サンタさんは来る気満々でした」「主席医務官によればサンタさんがいつも通り素早く安全に出入りするなら、彼にも君にも健康上のリスクはありません」「消毒液を置いておくのは感染拡大防止の素晴らしいアイデアですね」などと返しています。  なお、ツイッターのコメント欄は、「プレゼントを買えない貧困家庭の子への配慮が欠けている」といった批判や、「EU離脱で来年からサンタさんは通関手続きが必要になるのでクリスマスに間に合わなくなる」といった揶揄、それらに対して「せっかくのいい話が台無し」といった非難などで荒れています。(25日21:56) Source link

    国際
    新型コロナワクチン、クリスマスまでの承認に期待=欧州当局高官

    新型コロナワクチン、クリスマスまでの承認に期待=欧州当局高官

    [ダブリン 25日 ロイター] – 欧州医薬品庁(EMA)のエグゼクティブディレクター、エマー・クック氏は25日、規制当局の承認に向け申請されている新型コロナウイルスワクチンについて、クリスマスまでに前向きな科学的意見を示すことができるだろうと述べた。 ラジオ番組で「全てが順調で、クリスマスまでにポジティブな意見を出せると大いに期待している」と指摘。生データを確認するまでは一般向けに推奨できないとしながらも、「有効率90%はワクチンとして非常に優れており、このような数値が関係書類に実際に記載される可能性を考慮すると非常に楽観的だ」と語った。 米食品医薬品局(FDA)はファイザーのワクチンについて12月半ばに判断を示すとみられているが、クック氏は24日、EMAも同様のスケジュールで前向きな勧告を出すことを目指していると述べた。 一方、欧州連合(EU)が25日公表した資料によると、医薬品へのアクセス拡大に向け、緊急時の特許権回避や域内への生産シフトに向けた企業誘致などの措置を検討している。新型コロナのパンデミック(世界的大流行)により一段と深刻化した医薬品不足の解消が狙い。 Source link

    国際
    コロナ対策1位の国はニュージーランド、2位日本、韓国は4位=韓国報道

    コロナ対策1位の国はニュージーランド、2位日本、韓国は4位=韓国報道

    コロナ対策を効果的に行い、コロナ時代に最も住みやすい国はニュージーランド、日本、台湾であり、韓国は4位だとブルームバーグ通信が24日(現地時間)報道した。 【写真】もっと大きな写真を見る ブルームバーグは10万人当たりの1か月間の感染者数、最近1か月間の死亡率、人口100万人当たりの感染者数、コロナ診断テスト陽性率などを検討してランキングを作成した。 ブルームバーグは、以上の基準を適用する場合には、ニュージーランドが1位、日本が2位、台湾が3位、韓国が4位だと発表した。 その他「トップ10」に入っている国は、フィンランド、ノルウェー、オーストラリア、中国、デンマーク、ベトナムなどであった。米国は18位だった。 ニュージーランドは徹底した迅速な措置でコロナ対策を効果的に行った。3月26日に初めて死亡者が発生すると、経済が観光に大きく依存しているにも関わらず国境を閉鎖した。以降、ニュージーランドはコロナ地域になった。 日本は、異なる方法を提示した。閉鎖をしなくてもコロナ対策を効果的に行った。過去の結核患者追跡システムを利用して、コロナ患者を効果的に追跡した。冬期を迎え感染が増加しているが、1億2000万人の人口の内、コロナ重症患者は331人に過ぎない。 台湾は昨年12月にウイルスが最初に発見された中国本土との関係を迅速に断ち切った。国境を封鎖し、約200日間コロナ感染者が1人も報告されてないほど健闘した。 韓国は効果的な診断と追跡による対策に成功した。韓国はコロナ出現直後に独自開発した診断キットを承認し、ドライブスルー式の検査所を設ける一方、クレジットカードの履歴を追跡し患者の動線を把握、これを共有した。韓国は非常に速い追跡システムを開発し、コロナ対策を効果的に行った。 Source link

    国際
    中国武漢市当局、コロナで口封じ 医師に「スパイ罪適用」と警告

    中国武漢市当局、コロナで口封じ 医師に「スパイ罪適用」と警告

     【北京共同】新型コロナウイルス感染症が最初に確認された中国湖北省武漢市で、流行初期に対応した医師が当時の状況を対外発信すれば「スパイ罪を適用する」と当局から脅されていたことが25日、分かった。医療従事者らも一切口外しないよう警告を受けていた。複数の地元関係者が匿名を条件に明らかにした。  かん口令が敷かれたのは今年8~9月ごろ。  多数の感染者が確認された中心部の総合病院では、情報を外部に出さないよう幹部が口頭で指示。別の病院の男性医師は、自身の経験を公にすれば法律に抵触する可能性があると衛生当局から告げられた。スパイ罪の場合、最も重ければ死刑になる。 Source link

    国際
    「ウイグル族迫害」に中国が反発 ローマ教皇が著書で初言及

    「ウイグル族迫害」に中国が反発 ローマ教皇が著書で初言及

     【北京時事】中国外務省の趙立堅副報道局長は24日の記者会見で、フランシスコ・ローマ教皇が新刊の中で、中国の新疆ウイグル自治区の少数民族ウイグル族が迫害されていると初めて懸念を表明したことについて、「事実無根だ。中国政府は一貫して少数民族の合法的権益を保護し、新疆は現在、歴史上最良の発展の時期にある」と反発した。    ロイター通信によると、ローマ教皇は12月1日発売予定の著書で、「私は迫害されている人々のことをしばしば考える」とした上で、ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャやイラクの少数派ヤジディ教徒と並んでウイグル族に言及した。  Source link

    国際
    ゴーン被告勾留は「恣意的」 国連作業部会、日本に賠償求める

    ゴーン被告勾留は「恣意的」 国連作業部会、日本に賠償求める

    【AFP=時事】国連人権理事会(UN Human Rights Council)の「恣意(しい)的拘禁に関する作業部会(Working Group on Arbitrary Detention)」は、日産自動車(Nissan Motor)前会長、カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)被告(66)の日本での複数回にわたる逮捕・勾留を「恣意的」とする意見書をまとめ、日本政府にゴーン氏への賠償を求めた。 【写真】ゴーン被告が勾留されていた東京拘置所  作業部会は先週付の意見書で、「ゴーン氏の4度の逮捕と勾留の過程は根本的に不当だ」と結論した。作業部会は国連を代表しない独立専門家5人からなり、意見書に拘束力はない。  作業部会は、今回の意見はゴーン被告の起訴内容でなく勾留をめぐる状況のみに関するものだと強調した上で、被告の勾留は「恣意的」だと判断するとともに、「異常なまでに厳格」な保釈条件に懸念を表明。特に2度目の勾留で、妻との直接の連絡が禁じられ、弁護団を通す必要があったことを指摘した。  日本政府に対しては「ゴーン氏の状況を是正するため必要な措置を滞りなく講じる」よう要請し、適切な是正策として「国際法に従い、ゴーン氏に補償やその他の賠償の強制力ある権利を与える」よう勧告した。  ゴーン被告の弁護人フランソワ・ジムレ(Francois Zimeray)氏とジェシカ・フィネル(Jessica Finelle)氏はこれを「勇気ある判断」と称賛。「決定的な転換点」になると述べた。  一方の日本政府は「日本の刑事司法制度にかかる正確な理解に基づかず、大変遺憾だ」として、意見書の内容を批判した。【翻訳編集】 AFPBB News Source link

    国際
    【速報】「バイデン決定と言い切ってた某評論家が急に黙り込んだ」

    【速報】「バイデン決定と言い切ってた某評論家が急に黙り込んだ」

    百田氏のツイートからだ。知り合いの某人がバイデン決定というスタンスを崩し、報道記事をそのまま紹介するだけの論調に変えてきたというのだ。意見を転換させようとしているフラグと言える。パウエル女史の件があってから徐々にトランプに風が吹いてきた気がする。返信部分ではJ念氏じゃないかと言われていた。 バイデンで決定、トランプ悪足掻きするな!と言っていた某人が、ここに来てトーンを変えてきた。ニュースを紹介するだけで、そこに自分の意見や論評や予測を挟まなくなった。もしかしたらトランプが勝つ可能性を考慮に入れているのかもしれないが、ただニュースを紹介するだけって何の意味があるの? — 百田尚樹 (@hyakutanaoki) November 24, 2020 ワトソン君、百田氏を知らない これって、誰なんですか?ハッキリさせてほしいです! 具体的に誰かは分からないが、おそらく百田氏に近い何がしかの専門家や評論家といったところだろう。バイデン決定の前提でツイートしていたのが、ここに来て論調を変えるフラグを見せ始めたと。 そうじゃなくて、その「百田」という人を知らないんです!アイコンもヘンなデザインだし、誰なんですか? そこかよwww 百田氏を知らない?韓国を成長させてごめんなさいという書籍を出版したこともある保守寄りの人物だよ。アイコンの卵を右に傾けて”右寄り”をアピールしているわけだ。 名前で調べたら、意味が分かりました(笑) これが、顔だったんですね! ん?ああ…そういうことか。これが顔ってwww それはいいとして、ここで出てきてるのって誰だか分かるかな?返信部分を探ってほしい。 分かりました! どうやら上N氏のことらしい まとめました! ・トランプ大統領が必ず逆転するという強い情念が湧いています ・ジャーナリストではないですね ・J念氏?の事です ・それなら、見てるこっち側としてはやりやすいですよね。いよいよだなって ・先日の世界丸見え番組で、今頃になってトランプ大統領の水上ラリーの映像が出てきました ・天気予報みたいですね ・私は、もうムリなのかなと落ち込んでました 上◯氏のことね。理解した。ここ最近急にバイデン押しになってておかしいというツイートは確かに見かけた。 そうなんですか?ボクは、全然誰の事だか分からないですけど・・・。 こういうのって意外と重要なんだよ。考えを変える瞬間というのは誰でも必ずあって、それがどういうきっかけで来るかを知れば人を動かすために何が必要なのかが分かる。真に迫る言葉なのかもしれないし、パウエル女史のような確かな証拠かもしれないし、あるいはパウエル女史が解任されたというのが完全に嘘だったと知った時かもしれない。 パウエル弁護士は、多分恐れられてると思います!だから解任した事にしたかったのでは? あえてあのタイミングで同じチームではないと発表してマスコミに餌を与えたような印象があるね。ああいうのにパクッと食い付くとすぐにやり返される。相場でもよくあるぞ。ヨコヨコから急に上がって強烈な上昇トレンド!と思ったらそこが天井で逆に一気に売り崩される値動き。短小フェイクと呼ぶことにしている。 ヘンな言い方ですね(笑) 後で詳しく教えてほしいです! トランプ大統領、諦めなければ逆転できます!頑張って下さい!バイデンさん、油断してはいけません!さようなら! Source