1. Home
  2. 芸能/スポーツ

Category: 芸能/スポーツ

    芸能/スポーツ
    人気アニメ「BANANA FISH」の書籍 セット販売

    人気アニメ「BANANA FISH」の書籍 セット販売

    [ad_1] ART BOOKの表紙デザイン(C)吉田秋生・小学館/Project BANANA FISH  フジテレビ深夜のアニメ枠“ノイタミナ”でスタートし、現在はFOD(プレミアム)ほかで配信中の「BANANA FISH」の書籍セットが3日から発売される。  放送から2周年を迎えたアニメ。今回、版権線画を収めたART BOOKと総勢50人近くのスタッフによる描き下ろしイラスト、コメントを収録したスタッフ本「BANANA FISH ART&STAFF BOOK」が完成した。  同時にART BOOKの新規描き下ろしの表紙デザインも初公開。イラストは、アニメ本編でキャラクターデザインを務めた林明美さんによるもの。装丁は特殊紙に箔押しを施したリッチな 仕様となっている。  初回特典には、スタッフ本の表紙イラストを使用したオリジナルクリアファイルが付く。デザインは、通販サイトのMAPPA公式Twitterで 同日から公開される。  価格は3700円(税抜き)。販売は、3日午後6時から17日午後11時59分までMAPPAで受注。10月中旬に届く。(産経デジタル) [ad_2] Source link

    芸能/スポーツ
    【TVクリップ】「MIU404」綾野剛「本当の凸凹コンビに」

    【TVクリップ】「MIU404」綾野剛「本当の凸凹コンビに」

    [ad_1] トランクルーム内で猫砂の山に埋まった死体の初動捜査に駆けつけた伊吹(綾野剛)。事情聴取で“ある出来事”が判明する…その他の写真を見る(1/2枚)  「逃げるは恥だが役に立つ」や「アンナチュラル」などで知られる野木亜紀子によるオリジナル脚本で、警視庁・機動捜査隊(機捜)を舞台にした物語。志摩一未(かずみ)(星野源)とバディを組む伊吹藍(あい)を演じる。機動力と運動神経はピカイチ、良くも悪くも“野性”の機捜隊員だ。  「オリジナルものはどこまでも自由度が高い。(原作ものなどのように)キャラクターで縛られることがないので、キャラを前提に考える必要がなくなる」  同じく、星野との共演でヒットしたドラマ「コウノドリ」などの原作ものでは「漫画には絵コンテがあり、ルックスもイメージに応えるやり方。小説もそれが持つ空気感をまとう必要がある」と、それらの方法論とは対極にある。  今回の作品は「抑えたトーンでやると一瞬で重たくなってしまうドラマ」と分析。だからこそ、「ずっと“ONモード”ではなくて、日常の普遍性やスッキリした爽快感もある。台本が持つテーマ次第で、伊吹で元気を出してもらおうとか、志摩で一人の人間として抱える闇の深さを出すとかのコントロールができるのはオリジナルの特権」と話す。  伊吹と志摩のコンビは劇中、「どんな犯人かというより、なぜこんな事件が起きたのかという点で2人で向き合う。凸凹コンビとよくいわれるが、凸凸のときもあるし、凹凹のときもある」。さらに陣馬耕平(橋本じゅん)と九重世人(ここのえ・よひと)(岡田健史)のコンビをはじめ、「コロナで撮影が延びたこともあり、ドラマへの向き合い方など、スタッフも含め一致団結して、いろんなバディが出てきている」と現場の一体感を説明する。  星野とは「『コウノドリ』ではお互いしゃべらずして理解し合う関係。それが今回は、考え方や行動が同じことも違うこともあるので、しゃべる。だから『コウノドリ』ではできなかった掛け合いができるのはむしろ新鮮」と笑う。  「伊吹は単純なことが複雑化されやすい時代に、実直に動いている。一見、機微がなさそうだが、実はそれも兼ね備えている」といい、演じるにあたり、「大切なものはいつまでも単純であるという思いを伊吹に込めている」と語る。  「源ちゃんとは精神的にしっかりバディとして完成しているので、2人の力が交わって、本当の凸と凹になれれば」と今後の展開に期待をさらに持たせるかのようにほほ笑んだ。  (文化部 兼松康) ◇  あやの・ごう 昭和57年生まれ。岐阜県出身。平成15年、「仮面ライダー555」の澤田亜希/スパイダーオルフェノク役で俳優デビュー。23年のNHK連続テレビ小説「カーネーション」で話題を呼び、27年のTBS系「コウノドリ」で主演。映画では「新宿スワン」(27年)、「日本で一番悪い奴ら」(28年)、「パンク侍、斬られて候」(30年)の主演など、出演作多数。 [ad_2] Source link

    芸能/スポーツ
    HiHi Jets高橋優斗、月9初出演 優しい先輩に感謝

    HiHi Jets高橋優斗、月9初出演 優しい先輩に感謝

    [ad_1] 先輩の中島裕翔に対して“スーツポーズ”をキメたHiHi Jetsの高橋優斗(右)(C)フジテレビ  ジャニーズJr.の人気グループ、HiHi Jetsの高橋優斗(20)が、10日放送の「SUITS/スーツ2」(月曜後9・0、フジテレビ系)第5話で地上波ゴールデン帯の連続ドラマに初出演。月9初挑戦となる。  ゲスト出演の高橋が演じるのは“バックハンドの貴公子”と呼ばれるテニス界のスタープレーヤー、高山雄哉。類まれな才能があるにも関わらず、厳格な父親が絶対にプロ入りを認めてくれないため、敏腕弁護士の甲斐正午(織田裕二)に相談する。18歳未満のプロ入りには親権者の同意が必要になるため、雄哉は「法的に父親と縁を切ってすぐにでもプロ入りしたい」と考えていた。  一方、甲斐から案件を任された経歴詐称の天才ニセ弁護士、鈴木大輔(中島裕翔)は、かつて父親と喧嘩したまま亡くなってしまったことに強い後悔の念を抱いていた。雄哉に自分を重ね合わせ「親子関係を修復すべきだ」と説得する。  高橋は、事務所の先輩である中島との初共演に「こんなに優しい先輩はいません。程よく弄ってくださってお芝居のしやすい環境を作っていただいた」と感謝。現場では、目上の人に対して肩に手を乗せて写真を撮る“スーツポーズ”を行い「すごいことをしているな」と改めて感じたそうだ。  天才テニスプレーヤーの役作りについては「撮影の日までラケットさばきを毎日ひたすら練習した。それが本番でできて本当に感動。みどころの一つ」と高橋は胸を張った。  5話のゲストは、ほかに清水ミチコ。(産経デジタル) [ad_2] Source link

    芸能/スポーツ
    【気になる!】コミック『ミツナリズム(1)』

    【気になる!】コミック『ミツナリズム(1)』

    [ad_1]  石田三成が主人公の戦国コメディー漫画だ。時は羽柴秀吉が天下取りの足場を固めた賤ケ岳(しずがたけ)の戦い直前。22歳の佐吉(三成)は秀吉への忠誠心と堅物すぎる性格ゆえ、同僚武将にも小うるさく説教。「お母さんかよ!」などと突っ込まれるが、指摘自体は的確なため秀吉軍の勝利に貢献し、出世街道を邁進(まいしん)していく。  脇役もいい。ヤンキーっぽい市松(福島正則)やスポーツマンの虎之助(加藤清正)らが登場し、学園漫画を読んでいるかのようだ。ただし、戦国豆知識などが充実しており、読み応えは十分。絵やセリフ回しもスタイリッシュである。(鈴木コイチ著、講談社・640円+税) [ad_2] Source link

    芸能/スポーツ
    「いきものがかり」吉岡聖恵さんが結婚 一般男性と

    「いきものがかり」吉岡聖恵さんが結婚 一般男性と

    [ad_1] いきものがかりの吉岡聖恵さん(石井健撮影)  ヒット曲「ありがとう」などで知られる人気グループ「いきものがかり」のボーカル、吉岡聖恵さん(36)は1日、一般人の男性と同日結婚したと、グループの公式サイトなどで発表した。  吉岡さんは「私の事を1人の人間として、そして1人の歌い手として心の底から受け止め、包み込んでくれる、優しく真っ直ぐな心を持った方です」などとコメントした。 [ad_2] Source link

    芸能/スポーツ
    松本大洋さん・白浜鴎さん、米アイズナー賞同時受賞

    松本大洋さん・白浜鴎さん、米アイズナー賞同時受賞

    [ad_1] 「とんがり帽子のアトリエ」英語版第1巻の表紙((c)KAMOME SHIRAHAMA/KODANSHA)その他の写真を見る(1/2枚)  世界の漫画家や出版関係者が注目する米漫画賞「アイズナー賞」。同賞の最優秀アジア作品賞に、松本大洋さんの「ルーヴルの猫」(小学館)と、白浜鴎(かもめ)さんの「とんがり帽子のアトリエ」(講談社)の英語版が同時受賞を果たした。また、最優秀ユーモア賞にはおおのこうすけさんの「極主夫道(ごくしゅふどう)」(新潮社)の英語版が選ばれた。  「ルーヴルの猫」はルーヴル美術館の屋根裏にすむ猫の“冒険”を描いた物語。松本さんは昭和62年にデビュー。「鉄コン筋クリート」「ピンポン」などの人気作を発表した。「とんがり帽子のアトリエ」は魔法使いに憧れる少女ココの物語。18カ国で累計223万部を超える。白浜さんは東京芸術大を卒業後、漫画家などとして活躍中だ。  アイズナー賞は、過去1年間で優れた業績を残したコミック作品やアーティストを表彰する賞。これまでに手塚治虫や水木しげるらの作品が最優秀アジア作品賞を受賞し、昨年には東村アキコさんの「東京タラレバ娘」が選ばれた。(本間英士) 松本大洋著「ルーヴルの猫」上巻(小学館)その他の写真を見る(2/2枚) [ad_2] Source link

    芸能/スポーツ
    東出さんと杏さんが離婚 「子供たちの親として協力」

    東出さんと杏さんが離婚 「子供たちの親として協力」

    [ad_1] 左から、東出昌大さん、杏さん  俳優の東出昌大さん(32)と杏さん(34)が、1日までに離婚したことが分かった。2人は同日、連名のコメントで離婚を発表し「今後は子供達の親として成長し、協力しあう関係を築いていきたい」などとしている。  東出さんと杏さんは平成25~26年に放送されたNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で夫婦役として共演し、27年に結婚。今年1月に東出さんの不倫が週刊誌で報じられていた。 [ad_2] Source link

    芸能/スポーツ
    【週間ベストセラー】〈7月25日 八重洲ブックセンター本店調べ コミック〉

    【週間ベストセラー】〈7月25日 八重洲ブックセンター本店調べ コミック〉

    [ad_1]  〔1〕鬼滅の刃 21 吾峠呼世晴著    (集英社・440円+税)  〔2〕宝石の国 11 市川春子著     (講談社・660円+税)  〔3〕煙と蜜 2 長蔵ヒロコ著 (KADOKAWA・680円+税)  〔4〕鬼滅の刃 20 吾峠呼世晴著    (集英社・440円+税)  〔5〕鬼滅の刃 21 グッズ付き特装版 吾峠呼世晴著                      (集英社・1200円+税)  〔6〕鬼滅の刃 14 吾峠呼世晴著    (集英社・440円+税)  〔7〕鬼滅の刃 15 吾峠呼世晴著    (集英社・440円+税)  〔8〕かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~19                  赤坂アカ著(集英社・540円+税)  〔9〕あせとせっけん 8 山田金鉄著   (講談社・640円+税)  〔10〕鬼滅の刃 1 吾峠呼世晴著    (集英社・400円+税) [ad_2] Source link

    芸能/スポーツ
    CMプランナーの岡康道氏が死去

    CMプランナーの岡康道氏が死去

    [ad_1]  岡康道氏(おか・やすみち=クリエーティブディレクター、CMプランナー)が31日死去した。63歳。佐賀県出身。葬儀・告別式は近親者で行う。後日「偲(しの)ぶ会」を開く予定。  電通から独立後、広告制作専門の「TUGBOAT」設立。炭酸飲料「ペプシコーラ」、ふるさと納税サイト「さとふる」などのテレビCMを多数手掛けた。クリエイター・オブ・ザ・イヤーなど受賞多数。著書に自伝的小説「夏の果て」など。 [ad_2] Source link

    芸能/スポーツ
    「永遠に記憶に」三浦春馬さん追悼サイトがオープン

    「永遠に記憶に」三浦春馬さん追悼サイトがオープン

    [ad_1]  三浦春馬さん  18日に30歳で急逝した俳優の三浦春馬さんを追悼する公式サイトが31日、オープンした。所属事務所のアミューズは後日、お別れの会の開催を予定しているが、それまでの間、サイトでファンからのメッセージを受け付けるという。  サイトには三浦さんの写真とともに、事務所とスタッフからのメッセージも掲載。「私たちが初めて出会った頃の彼は、話していても目すら見ることができないくらいシャイで、透き通った端正な顔立ちに綺麗な目が印象的な少年でした」と振り返り、「彼の輝かしい軌跡と屈託のない笑顔は、これから先も永遠に記憶に刻まれ、残り続けると信じています」とつづっている。  サイトのアドレスはhttps://sp.amuse.co.jp/hm/ [ad_2] Source link

    芸能/スポーツ
    【記者発】聴けば、見えてくる 外信部・時吉達也

    【記者発】聴けば、見えてくる 外信部・時吉達也

    [ad_1] 銀座で行われるお笑いライブ「タイタンライブ」のトークコーナーに登場した(右から)神田伯山、渡辺正行、太田光、田中裕二=東京都内  ラジオが好きだ。  先日、久々に会った父親と食事していたところ、今を時めく人気講談師・神田伯山(はくざん)に互いに夢中になっていることを知り、話が盛り上がった。趣味が一致することなどめったにないので不思議だったのだが、さらに驚かされたのは「ラジオ、イチから聴き直しているんだよ」という父の言葉だった。2017年から放送されているラジオ番組「問わず語りの神田伯山」はバックナンバーが初回分から公開されており、3年分の放送をさかのぼって聴いているのだという。まさか、30歳年上の父が自分と全く同じことをしているとは。世代を超え愛されるラジオの力を実感した。  私にとってラジオは余暇の息抜きであるだけでなく、仕事の重要なツールでもある。取材を担当する韓国では、ニュースの渦中の人物がしばしば番組に生出演し、発言が速報されるのだ。  不正入学などの疑惑が報じられた●国(チョ・グク)前法相の娘や、元慰安婦から告発された支援団体元代表の尹美香(ユン・ミヒャン)氏も肉声で持論を展開した。パーソナリティーと一対一で向き合い、余裕をもって話ができるラジオ番組の形式が、会見やテレビに比べて出演のハードルを下げているのかもしれない。  去る7月3日、この日は休暇中の司会者の代役として、大物政治家が時事番組の進行を務めた。「普段、他人の質問に答えることしかできない恨みをすっきり晴らしてみせます!」。軽口をたたいて番組をスタートさせたのは、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長だった。元秘書へのセクハラで告発され、自殺する1週間前のことだ。  ユーチューブでも生中継され、台本を手にたどたどしくも懸命に番組を進行する姿はどこかほほえましかった。人柄が垣間見えたからこそ、後に発覚した「裏の顔」との落差は大きく、韓国社会の動揺ぶりを理解するのにも役立った。ラジオを聴いていると、ニュースの見え方が変わる。そんなことを思った。  そういえば、この番組には昨年、先輩記者の黒田勝弘元ソウル支局長も出演し、韓国語で激論を交わしていた。プロの話し手と、生放送で電話ごしに「ケンカ」するというのは、正直自分の語学力では心もとない。深夜ラジオばかりにうつつを抜かしていないで、勉強しなければ。 ◇ 【プロフィル】時吉達也  3年間の韓国留学を経て平成19年入社。社会部で裁判・検察取材を担当し、28年から外信部。平昌五輪や南北・米朝首脳会談を現地で取材した。 ●=恵の心を日に [ad_2] Source link

    芸能/スポーツ
    アリスの矢沢さん、新型コロナ感染 谷村さんらは陰性

    アリスの矢沢さん、新型コロナ感染 谷村さんらは陰性

    [ad_1] アリスの(左から)堀内孝雄、谷村新司、矢沢透の各氏   フォークグループ「アリス」の矢沢透さん(71)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性だったことを31日、所属事務所が公表した。入院したが、現在の症状は軽いという。  所属事務所によると、矢沢さんは17日夜に発熱し、20日に医療機関を受診。症状が回復しないことから、28日に新型コロナのPCR検査を受けたところ、30日に陽性と判明した。現在、熱はあるものの体調は安定しているという。  また、メンバーの谷村新司さん(71)、堀内孝雄さん(70)も念のため検査を受けたが、2人とも陰性だった。レギュラー番組である毎日放送(MBS)ラジオ「ヤングタウン」は当面、2人がリモートで出演する。 [ad_2] Source link