「自分の名前を呼ぶのは面映ゆい」初代達人・羽生善治九段“セルフ表彰”の珍光景が話題に「新たな伝説爆誕」「1人2役の羽生マジックw」

「自分の名前を呼ぶのは面映ゆい」初代達人・羽生善治九段“セルフ表彰”の珍光景が話題に「新たな伝説爆誕」「1人2役の羽生マジックw」

将棋界の第一回達人戦立川立飛杯達人戦決勝戦が11月25日、東京都立川市の「立川ステージガーデン」で行われ、羽生善治九段(53)が丸山忠久九段(53)を破り、初代達人に輝きました。表彰式での羽生九段のセルフ表彰が大きな話題となっています。 貴重な映像!羽生九段の「セルフ表彰」シーン 今年4月1日から50歳以上の棋士54名が参加した新棋戦「達人戦」。準決勝以上は立川ステージガーデンでの公開対局で行われました。決勝戦は同じ学年で数々の名勝負を繰り広げてきた丸山九段との対戦でした。大変激しい将棋の末、羽生九段は一手損角換わりからの熱戦を制し、初優勝を果たしました。彼は既に99期のタイトルを獲得しており、本戦の優勝により棋戦優勝数を歴代最多の46回に更新しました。羽生九段は「レジェンド」として観客から大きな拍手を受けていました。 羽生九段のセルフ表彰は、表彰式の最初に「羽生善治会長」として登壇しました。来場者への感謝の気持ちを伝えると同時に、第一回達人戦を振り返りました。一度降壇した羽生会長が再び登壇し、「優勝者・羽生善治九段」として登場しました。司会者は「羽生会長より表彰状の授与が行われます」と宣言した後、「表彰状 優勝 羽生善治殿」と賞状を読み上げました。 最後に「日本将棋連盟会長 羽生善治」と名乗り、賞状を受け取るために頭を下げた羽生九段は、自分の名前を呼ぶのは少し恥ずかしいと挨拶しました。しかし、会場からは大きな拍手と温かな笑い声が起こり、和やかなムードの中で大会は終了しました。 2013年に行われた富士通杯達人戦でも会長と優勝者の表彰は谷川浩司九段(当時)が行っていました。今回は羽生九段が自ら行ったことが注目され、ABEMAの視聴者たちも興味津々でした。「新たな伝説が誕生した」「最高すぎる」「笑いが止まらない」「本当に自分で表彰したのか」「歴史的な瞬間を目撃した」「シュールすぎる」「羽生九段のマジック、1人2役」「本当にやってしまった」「信じられない」「自らの栄誉を称えた」「最近見た中で一番笑った」と、大混乱の様子でコメントが寄せられました。(ABEMA/将棋チャンネルより) Source link: 日本ニュース24時間