ブレグジット交渉まとまらず、ついにイギリスとEUの間で「ソーセージ戦争」勃発


スコットランドで独立巡る住民投票を来年にも実施

同紙では、もしも交渉がまとまらず年を越せば、来年のイギリスのGDPを2%下押しさせると報じた。新型コロナウイルスの影響で2020年のイギリスのGDPは対前年比でマイナス11%となり過去300年で最悪の落ち込みとなる見通しだ。もし合意なき離脱となれば、現在コロナに耐えている業種にも影響が出るとしている。

またタイムズ紙では新たにイギリスとEUの間で「ソーセージ戦争」が勃発していると伝えている。

イギリスとEUとの通商交渉がもしまとまらなければ、ロンドンがあるグレートブリテン島から現状ではEUのルールに従うことになるイギリス領の北アイルランドへ規則の違いを理由にソーセージなど特定の肉製品を運べなくなる。

これに対し、イギリス側も主にソーセージ大国ドイツがあるEU側から特定の肉製品を輸入禁止にする措置を報復として行う可能性があるという。

この数週間イギリス国民は繰り返し「まもなく交渉は妥結する」「次こそ妥結する」と政府発表や報道で何度も聞かされており、コロナ疲れに加えて、ブレグジット交渉疲れも広がっている。



Source link

Read Previous

米国のコロナ死者、1日で2500人超 第1波ピーク以来最多

Read Next

韓国検察総長、次期政治指導者1位に…適合度世論調査

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *