全ての会見に手話通訳を導入、米ホワイトハウス

By | January 28, 2021



定例の記者会見を行うホワイトハウスのサキ大統領報道官/Drew Angerer/Getty Images

定例の記者会見を行うホワイトハウスのサキ大統領報道官/Drew Angerer/Getty Images

(CNN) サキ米大統領報道官は28日までに、ホワイトハウスで開かれる全ての記者会見で米国式手話言語の通訳が会見内容を同時に伝える方式を導入すると発表した。

バイデン政権はより包括的、より公正で全ての国民がより接しやすいような米国を築くことを決意していると主張。身体に障害を持つ国民やその家族もこれに含まれるとした。

手話通訳の登場は25日から始まり、最初の通訳の映像がサキ氏の会見を伝える映像の下に組み込まれた。

耳が不自由な人々の全米組織などは昨年8月、新型コロナウイルス関連の記者会見で手話通訳の用意がないとしてトランプ前政権を提訴。翌月に連邦裁判所は、10月1日からの会見には手話通訳を直接用意したり、ビデオ映像を通じて登場させたりする措置をトランプ前政権に命じていた。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *