高市政調会長「在留資格「特定技能2号」への分野追加に関しては、慎重な検討が必要/与党との協議を行うよう、政府に対して求めた。政調会では、外国人労働者等特別委員会を中心に、議論をする」/ネットは賛同と声援の嵐

By | November 30, 2021

在留資格「特定技能2号」への分野追加に関しては、慎重な検討が必要

ネットの声


もう、これ以上、移民はいりません。それより、日本人の雇用を奪い、賃金を低下させ、治安を悪化させて、日本は良くなりません。安易な移民には反対です。

どうか慎重にそして深い議論になりますように。

特定技能2号で有ろうと無差別な在留緩和や何の基準も無い家族帯同に反対します。企業や政府不作為のツケを国民に回さないで頂きたいと思います。

在留資格の根本的な話しをして下さい!外国人が在留する事は日本国の法に従い、そのマナーまで理解する事が必要です。

滞在資格取り消し及びその後の法執行の厳正化についても、せめて国際標準並みになるよう、ご検討方お願いいたします

高市先生、ありがとうございます!これ以上の移民は治安悪化と賃金低下を招きます。

労働力不足の分野は思い切った待遇改善を。在日外国人への児童手当、生活保護、給付、奨学金をやめて日本人の少子化対策へ回してください。

そもそも、なぜ「特定技能2号」へ追加なのか疑問ですので、徹底的に議論して下さい!

移民拡大には絶対反対です。日本を護るためにどうぞよろしくお願いします。

中抜きだけの非正規雇用制度を改革して国内の労働力の掘り起こしと正規雇用の支援を宜しくお願いします。

暴走の中でも在留資格緩和の動きは、余りにも日本国民を欺いています。

技能という名ばかりの単純労働力を増やす事はぜひ止めていただきたいです。

技能を習得して本国へ帰って役に立ってもらうのが本来の目的だったように思います。

技能実習後は帰って頂くのが当然の事だと思います。
移民につながる政策は断固反対です。

Source link

関連:  南阿蘇鉄道、23年夏に復旧 全線再開、熊本地震で被災
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments