トランプ大統領「急進左派が支配する国立公文書記録管理局は、不当にマー・ア・ラゴへの襲撃を扇動した。しかもFBIの捜査官は、ロシアから金をもらっていたのだ!」

By | September 21, 2022

トランプ大統領「FBIの捜査官は、ロシアからお金をもらって、FBIで働いていたのだ」

トランプ大統領「急進左派が支配する国立公文書記録管理局は、不当にマー・ア・ラゴへの襲撃を扇動した。しかもFBIの捜査官は、ロシアから金をもらっていたのだ!」 1

ロシア、ロシア、ロシアのデマを担当したFBI捜査官が、よりによってFBIで働きながらロシア人から金をもらっていたとして「調査」されているのを見たか?つまり、私をロシアとの関わりで捜査していた人たち(ムラー報告で共謀はないと証明された!)が、実はロシアと関わっていたのです。こんなことは私にしか起こり得ないのだ!

トランプ大統領「急進左派が支配する国立公文書記録管理局は、不当にマー・ア・ラゴへの襲撃を扇動した。しかもFBIの捜査官は、ロシアから金をもらっていたのだ!」 2

AGAIN:これはどうだろう。私のロシアとの偽りの関与(何もない!)を調査する担当のFBIの男は、ちょっと待って、ロシアからお金をもらって、FBIで働いていたんだ。それは今、ムラー・レポートによるトランプによる共謀はない、デマと呼ばれた。政府による4000万ドルと多くの時間の浪費である・・・我々の国を破壊しようと懸命に働いている急進左派の馬鹿げたことを暴露したが!?

45thトランプ大統領声明「急進左派が支配する国立公文書記録管理局は、不当にマー・ア・ラゴへの襲撃を扇動した」

トランプ大統領「急進左派が支配する国立公文書記録管理局は、不当にマー・ア・ラゴへの襲撃を扇動した。しかもFBIの捜査官は、ロシアから金をもらっていたのだ!」 3

– 2022年9月19日-。
急進左派が支配するNARA(国立公文書記録管理局)は、今やかつてないほど有名になったが、アメリカ合衆国憲法に「有害内容警告」を付け、我が国の統治文書に「有害」などのレッテルを貼ったのである。この警告には、権利章典と独立宣言も含まれている。このグループは、私に不当な苦情を言い、マー・ア・ラゴへの襲撃を扇動したのだ。

関連:  香港民主派・黄之鋒氏、立候補誓約拒否へ 立法会選
Subscribe
Notify of
guest
1 Comment
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
nanasi
nanasi
16 days ago

世の中が混とんとしていて、普通はあり得ない事が日本でも起きている。県の職員、自分達の不都合を指摘した県民のメールをブロックし知事のTwitterも止めさせ郵便物迄ブロックする恐ろしさ…この日本で起きています。これに対抗するにはどんな手がありますか?…誰か教えて