ロシア軍が再びウクライナに大規模なミサイル攻撃、停電が広範囲で発生

By | November 24, 2022


ロシア軍が再びウクライナ全土に大規模なミサイル攻撃を開始、首都キーウを含む複数の都市でミサイルがインフラ設備に命中したため電力と水の供給が止まっており、15日の攻撃から復旧したばかりのインフラ整備が再び破壊された格好だ。

恐らく1度の攻撃でここまで広範囲の停電が発生したのは初め

現地時間の昼過ぎにウクライナ全土(クリミアを除く)に空襲警報が発令され、ロシア軍のミサイルが首都キーウを含む複数の都市のインフラ設備を破壊、少なくともキーウ州、チェルニヒウ州、スームィ州、ジトーミル州、ポルタバ州、リヴィウ州、ヴォルィンシカ州、ハルキウ州、オデーサ州、ムィコラーイウ州、ザポリージャ州、ドニプロ州で停電が発生、さらにキーウ州の給水設備も破壊された州全域で断水状態が続いており、15日の攻撃から復旧したインフラ設備が再び破壊された格好だ。

ロシア軍が再びウクライナに大規模なミサイル攻撃、停電が広範囲で発生 2

出典:alerts.in.ua

恐らく1度の攻撃でここまで広範囲の停電が発生したのは初めてで、インフラ設備の復旧が追いついていないか、ロシア軍の攻撃精度が向上しているのか、防空システムの迎撃弾が不足しているのか、何らかの原因があると思われるが、現時点での報道を見る限り「ロシア軍が発射したミサイルの数」はそこまで多くない。

追記:キーウ州とリヴィウ州の全域で停電が発生、今回の攻撃で「死傷者が数十人発生している」と報じられている。

追記:キーウだけで30発のミサイルが飛来して内21発を撃墜したという報告があるが、この数字は公式発表ではない。

破壊されるウクライナ経済、ロシア軍の攻撃で500万人が職を失う

 

※アイキャッチ画像の出典:Андрій Нєбитов

 



Source link

関連:  【韓国】大気汚染対策で提言 火力発電所27基の停止も トップを務める潘基文・前国連事務総長「手術のような強力な対策が必要」
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments