アメリカン航空機内で乗務員に暴行 乗客の女を起訴

By | May 5, 2021



米アメリカン航空の機内で客室乗務員に暴行を加えた乗客の女が起訴された/Joe Raedle/Getty Images

米アメリカン航空の機内で客室乗務員に暴行を加えた乗客の女が起訴された/Joe Raedle/Getty Images

(CNN) 米アメリカン航空の国内線で客室乗務員に暴行を加えたとして、乗客の女が起訴された。

ニューヨークの連邦検察が出した起訴状によると、チェナシア・キャンベル被告は2日未明、マイアミ発ニューヨーク行きの機内で客室乗務員を控えスペースまで追いかけ、自分のごみを回収しなかったと大声で非難。仲裁に入ろうとした別の乗務員を押しのけたうえ、こぶしで殴ったり髪を引っ張ったりした。

その後も再び控えスペースに現れてこの乗務員を殴り、衣服をはがそうとした。

騒ぎを受けて乗務員らが緊急着陸を求めたが、機長は応じなかった。機内に乗り合わせた非番の警官が到着までの間、被告の手を拘束し、ニューヨークの空港で当局に身柄を引き渡した。

乗務員は腕と顔にすり傷、額と脚に打撲傷を負い、首に筋違いを起こしていたが、病院への搬送は辞退した。

アメリカン航空は声明で「マスクの着用義務を拒否した乗客が乗務員に暴行を加えた」と発表したが、起訴状は着用義務違反に言及していない。

被告は乗務員に対する暴行、威嚇行為と職務妨害の罪に問われ、3日に出廷した後、保釈された。

米連邦航空局(FAA)が4日に発表したところによると、旅客機内での乗客の問題行動は急増傾向にあり、2月以降に約1300件が報告されている。



Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *