【速報】韓国、ついに米軍から情報をもらえなくなったらしいw

By | October 20, 2021

北朝鮮が昨日の午前にSLBMとみられる弾道ミサイルを発射したが、日本側の情報では2発だった。ところが韓国軍は米国から情報をもらえなかったのか1発だと誤認した。つまり韓国は日米から切り捨てられることが決まったのだ。

【速報】韓国、ついに米軍から情報をもらえなくなったらしいw 1

韓国は「1発」、日本は「2発」…北朝鮮のミサイル発射めぐり情報分析が正しいのは?
10/20(水) 7:09配信 ハンギョレ新聞

北朝鮮、19日午前にSLBMとみられる弾道ミサイル発射 韓日軍当局の情報判断、微妙に異なる

19日午前、北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)と推定される弾道ミサイルを発射したことを受け、岸田文雄首相は遊説の日程を取り消し、急遽東京に戻るなど、敏感な反応を示した。防衛省レベルで対応する一般的な「弾道ミサイル」の際の対応とは異なり、自身の動線を分単位で公開し、日本の徹底した対応態勢を強調しようと努めた。

岸田首相は発射後約1時間後の午前11時16分、福島市内で記者団に対し「2発が発射された」とし、北朝鮮が連続的にミサイルを発射していることについて「大変遺憾に思う」と述べた。岸田首相は、31日に行われる衆院選のため、宮城県仙台駅で街頭演説をしてから秋田県に移動する予定だったが、午後3時頃、急遽首相官邸に戻り、今後の対応について協議した。首相官邸のホームページを見ると、岸田首相が北朝鮮のミサイル発射から6分後の10時24分、「不測の事態に備え、万全の態勢を取ること」などを指示した。それから52分後に記者団に対し、北朝鮮に対する遺憾の意を表明したことが確認できる。

岸田首相は国家安全保障会議(NSC)を開いた後、午後4時ごろ再び会見を行い、「北朝鮮による核ミサイル関連技術の著しい発展は、我が国と地域の安全保障にとって、見過ごすことができないものであると考える」としたうえで、「こうした状況に備え、いわゆる敵基地攻撃能力の保有を含め、あらゆる選択肢を検討するよう、改めて確認した」と強調した。

米国も懸念を共有した。米インド太平洋軍司令部は声明を発表し、「我々は北朝鮮の弾道ミサイルが今朝日本海(東海)に発射されたことを把握しており、韓国と日本はもちろん地域の同盟、パートナーとも緊密に協議している。我々はこうした行動を糾弾し、北朝鮮にこうした不安を助長する行動の自制を求める」と述べた。米国務省も、立場について質問した「聯合ニュース」の書面質疑に対し、「米国は北朝鮮の弾道ミサイル発射を糾弾する。これは多数の国連安全保障理事会決議に違反しており、地域にとって脅威となる」とし、「さらなる挑発を自制し、持続的かつ実質的な対話に出ることを北朝鮮に求める」と強調した。

同日、改めて浮き彫りになった問題は、韓日間の意思疎通の不在だった。韓国合同参謀本部は北朝鮮の短距離弾道ミサイル「1発を(発射したことを)把握した」と発表したが、岸田首相と防衛省の発表を引用したNHKなどは「2発が発射された」と報じた。これに対し合同参謀は午後、国防部記者団に対し「韓米が事前動向を注視しており、韓米情報資産が1発を探知した」と説明した。韓日軍当局間で疎通はなかったが、韓国の情報分析が正しいという意味に解釈できる。

中国は予想どおり関係国の自制を求めた。中国外交部の汪文斌報道官は定例記者会見で「最近の朝鮮半島問題関連国の軍事動向も注目している」とし、「現在、朝鮮半島情勢が決定的な時期を迎えた。関係諸国は大局的に考え、自制を維持し、朝鮮半島の平和安定の守護に力を入れるべきだ」と述べた。さらに「各国が対話と交渉という正しい方向を守り、『双軌並進』(非核化プロセスと朝米平和協定交渉の同時推進)と段階的かつ同時的原則に基づき、朝鮮半島問題の政治的解決プロセスを共同で進めることを望んでいる」という中国の従来の立場を繰り返した。

学びがある! 16
分かりやすい! 30
新しい視点! 15

https://news.yahoo.co.jp/articles/807d382fd819a3d3bfcf029cba32e1f08f330c2f

岸田総理 NSCで敵基地攻撃能力の保有検討を指示
10/19(火) 20:05配信 テレビ朝日系(ANN)

岸田総理大臣は北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けてNSC(国家安全保障会議)を開き、防衛力の強化に向けて敵基地攻撃能力の保有も含め、検討するよう指示しました。

岸田総理大臣:「私からすでに国家安全保障戦略等の改訂を指示しており、いわゆる敵基地攻撃能力の保有も含め、あらゆる選択肢を検討するよう本日、改めて確認を致しました」

そのうえで、岸田総理は「防衛力の抜本的な強化に取り組む」と強調しました。

また、今回の弾道ミサイル発射について「国連安保理決議違反で強く非難する」としたうえで、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の可能性も含めて分析中だと説明しました。

一方、岸防衛大臣は北朝鮮が発射した2発の弾道ミサイルのうち、1発が日本のEEZ(排他的経済水域)の外に落下したことを明らかにしました。

もう1発については距離なども含めて分析中としています。

学びがある! 14
分かりやすい! 11
新しい視点! 2

https://news.yahoo.co.jp/articles/6fc11e04a5e58e707ce42f4fc332fbcce86a5487

日米双方から情報を入手できなくなった韓国


ワトソン君どっちが正しいんですか?気になりますね・・・。

黒井ワトソン君が韓国が正しかったことがあると思うのか?韓国は自国では何も検知できないから日米の情報に頼るしかない。

ワトソン君じゃあ、2発ですね(笑) 韓国軍は、どうして1発だと思ったんですか?

黒井米軍から情報を入手できなくなったからだろう。日本ともGSOMIAを破棄した建前上情報交換を実施しなかった。つまり韓国は日米の安全保障の枠組みから排除されたのさ。

ワトソン君分かりやすいですね(笑) もっと大きく報道した方がいいのでは?

黒井日本のマスコミ関係者もパニック状態だと思う。例えば韓国より韓国寄りの時事通信なんかは韓国軍の1発という発表を優先してるね。愛国日報やハンギョレもその前提だが、自国軍が間違ってるとは頑なに認めないだろう。

韓国のレーダー探知能力に問題がある

ワトソン君ネットユーザーの反応です!

・北朝鮮が自民党に援護射撃をしてくれます。自民党は違憲だと主張する政党は選挙で不利です
・軍事情報は極秘なので、必要以上の情報公開はないかもしれませんけど、キチンと分析して下さい
・韓国軍は1発だけ探知できたんだと思います。遠距離レーダーの解析能力に問題があります
⇒ 日米のレーダー網では着水まで探知できましたけど、韓国は途中で見失いました
・そのためのジーソミアだったのでは?こういう時に機能してないという事は、破棄しても日本は困りません

黒井そういうこと。もし実際に1発だったなら日本が探知した2発目は何だったのか、地球外生命体だったのか…と大問題になるが、実際は2発だったなら韓国が1発探知し損ねたという話で辻褄が合う。つまり韓国の方が間違っている。

ワトソン君韓国は、脱日構想が完成しますね・・・。ムン大統領の思い通りに進んでます。

ワトソン君韓国の皆さん、日本は令和時代で復活します!韓国とはもう関係がなくなるし、助ける事もありません!さようなら!

黒井日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!

関連:  来年G7に韓国招待か 英首相表明と大統領府発表
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments