英資本「中国恒大の社債は買い時!」 ⇒ 焦げ付くw

By | November 30, 2021

英国の資産運用会社アッシュモアグループが9月末までに中国恒大の社債を買い増していたことが分かった。だがそれ以降同社は恒大についての回答を控えていることから、後悔しているものと思われる。”アッシュモア”の文字通り焦げ付いてしまったわけだ。

中国恒大のドル建て債は買い時か、英アッシュモアが保有増やす

(ブルームバーグ): 中国の大手不動産開発会社、中国恒大集団を巡り悪いニュースが続き、投資家は逃げ出しているが、アッシュモア・グループは買い時と捉えているようだ。

ロンドンに上場している同社は7-9月に中国恒大もしくは子会社が発行した社債約1億ドル(約114億円)相当を買い増しした。ブルームバーグの集計データによれば、9月末時点で保有高は5億ドルを突破。アッシュモアが持つ資産の75%は個別規定の下で保持されデータ入手が難しいため、保有額はもっと大きい可能性もある。

新興国市場を重視する資産運用会社であるアッシュモアは中国恒大の社債が売り込まれる前から、同社が発行したドル建て債を最も多く保有していた。英プルーデンシャルやロイヤル・バンク・オブ・カナダといった投資家が中国恒大債の保有を減らす中で、アッシュモアは買い入れを続けており、最大保有者というタイトルは揺らぎそうにない。

アッシュモアの広報担当者はコメントを控え、9月末以降に保有を増やしたか減らしたかについて明言を避けた。同社の運用資産は913億ドル。創業者でもあるマーク・クームス最高経営責任者(CEO)にコメントを求め電子メールを送付したが返答はなかった。

モーニングスターは10月のリポートで、アッシュモアは9月末時点で中国の不動産セクターに対して依然として「おおむね前向き」だったと指摘していた。

中国恒大のドル建て債保有を増やしているのはアッシュモアだけではない。ブルームバーグ・ニュースは9月、サバ・キャピタル・マネジメントやレッドウッド・キャピタル・マネジメントなどディストレスト債ファンドを運用している投資家が中国恒大のオフショア債にポジションを積み上げていると報じた。

原題:Ashmore Doubled Down on Evergrande as Others Fled for the Exits(抜粋)

学びがある! 0
分かりやすい! 4
新しい視点! 0

https://news.yahoo.co.jp/articles/4b1dccdae3c6b35f0ae849620f7d3a2798ce4cc1

文字通り焦げ付きまくってる


ワトソン君あれ?恒大は、見捨てられたわけではないんですか?

黒井他の大手は軒並み売ってるけどな。プルデンシャルやRBCなど。だがそういう中でこの英国を拠点とするアッシュモアだけは拾った。9月末以前だけど。

ワトソン君今はどうなんですか?

黒井さあ?コメントを控えてる辺り、後悔してるんじゃないかな?9月時点ではまだ何とか粘れるかのように言われてたし、底値買いする機関投資家もいなければ大口が売れないからね。何よりアッシュモアという名前が引っかかる。

ワトソン君じゃあ、投資に失敗したんですね・・・。社名も確かにヘンです。

黒井Ash more(もっと灰に)ということで、文字通り焦げ付きまくってるわけだからな。俺ならこんな社名の資産運用会社には絶対資金を預けない。

中国が戦地となる未来を暗示か?


ワトソン君ネットユーザーの反応です!

・よっぽど確信があるんですか?他の国なら分からないですけど、中国です
・共産党幹部の上層部と繋がりがない限り、買わない方がいいです
・ナンピン投資ですか?

黒井Ashmoreという名前は地名から来ているようだ。Ash(灰) + Moore(湿原)の組み合わせが語源と出てきた。まあお察しだね。

ワトソン君焦げ付いて、ジメジメしてるんですね・・・。損をするのは、仕方ないと思います。

ワトソン君中国の皆さん、世界に迷惑をかけるのをやめましょう!領土を割譲します!さようなら!

黒井戦地となり灰燼と化した中国本土を差し押さえさせようww

関連:  トランプは本当にスパイされていた!(ウォール・ストリート・ジャーナル)
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments