【速報】損正義が数億ドルの巨額賠償に直面w

By | December 27, 2021

とうとう仲間内で潰し合いが始まったか…。クレディスイスがソフトバンクを相手取り数億ドルの訴訟を起こすことが分かった。英国の金融企業で先日破綻したグリーンシルを巡る債権でトラブルがあったようだ。損正義も幕引きの時が近い。

【速報】損正義が数億ドルの巨額賠償に直面w 1

スイス金融、ソフトバンク提訴へ グリーンシル経営破綻で、英報道
12/25(土) 9:20配信 共同通信

【ロンドン共同】経営破綻した英金融サービス企業グリーンシル・キャピタルを巡り、スイス金融大手クレディ・スイスが資金回収を目指し、グリーンシルを支援していたソフトバンクグループ(SBG)を相手取った訴訟に向けて本格的な手続きに入ったことが分かった。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)電子版などが24日報じた。

クレディ・スイスは米国の裁判所に対し、SBGに文書提出を命じるように求めた。訴訟自体はSBGと関連会社を対象とし、英国で数週間以内に起こす見通しだ。

FTなどによると、グリーンシルは売掛債権を証券化して運用対象とするビジネスを展開する金融ベンチャー。

学びがある! 26
分かりやすい! 60
新しい視点! 39

https://news.yahoo.co.jp/articles/e8acb1fcac2e7cf3e55d8d3801a88db805da3649

クレディ・スイス、ソフトバンクGに文書引き渡しを要請-訴訟も準備
12/25(土) 4:01配信 Bloomberg

(ブルームバーグ): スイスの銀行クレディ・スイス・グループは、ソフトバンクグループに対する文書引き渡し命令を出すよう米裁判所に要請した。一方で、破綻した英金融ベンチャーのグリーンシル・キャピタルに絡む訴訟も準備している。

カリフォルニア北部地区連邦地裁に23日提出された文書の中で、クレディ・スイスは英イングランドで計画する訴訟に備えて文書を求めていると表明。イングランドでの訴訟は「今後数週間以内に」提起する予定で、ソフトバンクGとその関連会社などを相手取る可能性があるという。

クレディ・スイスは5月、ソフトバンクGと関係を断つ意向を示し、グリーンシルの主要な支援者である同社と距離を置いた。

またクレディ・スイスはこの文書で、米新興建設会社カテラが保証した約4億4000万ドル(約500億円)相当の債券に投資していたと説明。カテラの主要な出資者だったソフトバンクGは「2020年遅くにカテラの債務再編を画策」し、両社はグリーンシルとともに「カテラの売掛債権を帳消しにすることで不適切に合意し、クレディ・スイスに支払われるはずの残額は免除されることになったとされる」と主張した。その代わり、グリーンシルがカテラ関連企業の株式を受け取ったという。

この文書の内容については、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が先に報じた。

ソフトバンクGに東京の営業時間外にコメントを求めたが、すぐに返答はなかった。クレディ・スイスの米国の担当者には祝日に電子メールで問い合わせをしたが、現時点で返信はない。

原題:Credit Suisse Seeks SoftBank Subpoena as It Readies U.K. Suit(抜粋)

学びがある! 14
分かりやすい! 24
新しい視点! 5

https://news.yahoo.co.jp/articles/936bd2291fa54291cf7e3aac123f60bd9cb92f46

損正義はいつも損してばかりなイメージ


ワトソン君孫社長、いつもこういう話ばかりですね!

黒井そりゃそうだ。損正義が損する話の方が面白いからだww 得正義とは言いたくないから、長者番付で大幅に資産を増やしたと分かった話とかはどうでもいい。

ワトソン君選んでるんですね(笑) 具体的には、いくら賠償するんですか?

黒井ワオコリアの記事にしか金額が書かれてなかったな。数億ドルらしい。

スイス金融大手クレディ・スイス、ソフトバンクG相手に数億ドル規模の訴訟準備=韓国報道
12/26(日) 21:57配信 WoW!Korea
スイス金融大手クレディ・スイス、ソフトバンクG相手に数億ドル規模の訴訟準備=韓国報道(画像提供:wowkorea)

スイスの金融大手クレディ・スイスが、ソフトバンクグループを相手に、数億ドル規模の訴訟準備に着手したことが分かった。英金融会社グリーンシル・キャピタルが、クレディ・スイスに販売した米国建設会社カテラの不良債権について、投資会社であるソフトバンクが事前に知っていただろうという疑惑からだ。

25日(現地時間)ファイナンシャルタイムズ(FT)は、クレディ・スイスがソフトバンクから数億ドルを回収するための法的対応に乗り出したと報じた。

今年6月に破綻した米新興建設カテラは、ソフトバンクビジョンファンドが支援するグリーンシルの顧客だった。英国に本社を置くグリーンシルは、「サプライチェーン金融」に特化されており、カテラに4億4000万ドル(約503億円)を貸し出し、クレディ・スイス顧客にサプライチェーン金融ファンドの一部としてこれを販売した。グリーンシルはこの商品を低リスク投資先としてマーケティングしていた。

これらのファンドは今年3月、クレディ・スイスによって販売中止されるまで100億ドル(約1兆1500億円)以上膨れ上がったとFTは伝えた。グリーンシルは同月破産した。

クレディ・スイスは23日、米国サンフランシスコ連邦裁判所に請願書を提出したことが分かった。カテラとソフトバンクの間にどのような契約があったか把握できる文書と情報公開を要請した。これは、1782条に関連する請願書で、米国以外の地域で訴訟を進めるための証拠収集のためのものだと、ウォールストリートジャーナル(WSJ)は伝えた。

これはクレディ・スイスが、ソフトバンクなどを英国で告訴するために必要な書類であり、法的措置の手続きに、本格着手したものだ。請願書でクレディ・スイスは、グリーンシルがカテラの持分を対価として4億4000ドルの資金を支援した2020年末当時、ソフトバンクがカテラの金融構造調整を支援したと主張した。

クレディ・スイス側は「ソフトバンクは、グリーンシルの4億4000万ドルの未払金に対する権利を放棄する取引を調整した」とし「損害を被るのはクレディ・スイスであるにもかかわらず、誰も一連の事件が起きていることを知らせなかった」と主張した。

一方クレディ・スイスは、ソフトバンクグループの孫正義会長と長い間取引を続けてきたが、今年に入りリスク管理の面でその規模を縮小している。クレディ・スイスは、今年グリーンシルによる大きな損失を被っただけでなく、アルケゴス・キャピタル・マネジメントが破産し、55億ドル(約6290億円)規模の損失を被った。

学びがある! 16
分かりやすい! 43
新しい視点! 28

https://news.yahoo.co.jp/articles/a3c3aaf8349769212a500eff088993d6201e9a73

ワトソン君話が難しくて、よく分かりませんけど・・・。

黒井そこまで深く理解しないでいい。要するに損正義がまた損した、それだけの話。損は正義だと言ってる時点でニュース性も大してない。

ワトソン君誰も言ってないと思います(笑)

この件が中国に飛び火したら面白い


ワトソン君ネットユーザーの反応です!

・クレディスイスは、日経平均を昔から動かしてます。機関投資家はもっと悪どい事をやってます
・情報収集力で、クレディスイスが負けてただけでは?
・ソフトバンクを訴えないと、クレディスイスの現経営陣が今の地位を維持できないからだと思います
・クレディスイスの与信能力と調査能力が低かっただけです
・経営陣が、とんでもないボーナスを受け取ってます

黒井さすがに損正義を叩く人はいなかったか。そりゃそうだ。損は正義だからだ。正義を貫く人を批判するなんて信じられない。

ワトソン君誰も批判してないと思います(笑)

ワトソン君孫社長、今度中国旅行に行きましょう!習さんなら何とかしてくれると思います!

黒井そのまま帰らぬ人コースだろうがww この件が中国に飛び火したら面白いけどな。そうなることを期待したい。

関連:  【速報】中国恒大、破綻回避は一時的 来週もデフォルト危機w
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments