【中国経済崩壊】広州の不動産開発会社もデフォルトへw

By | January 7, 2022

年明けから中国経済が緊急事態だ。今度は不動産開発大手の広州富力地産が外貨建て債券の買い戻し資金不足で苦しんでいるという。資産売却で得た外貨をそれに充てるつもりだったが、予定通りに売却が進まず期日に間に合わない可能性があるそうだ。紛れもないデフォルト事案と言える。

【中国経済崩壊】広州の不動産開発会社もデフォルトへw 1

中国広州富力地産、外貨建て債買い戻し資金が不足 資産売却不調で
1/6(木) 17:25配信 ロイター

[香港 6日 ロイター] – 中国の不動産開発業者、広州富力地産(R&Fプロパティーズ)は5日、資産売却が予定通り進まず、7億2500万ドルの外貨建て債の買い戻し資金が不足していると明らかにした。

5日夜に提出した文書によると、不動産セクターが不安定な状況が続いているため、外貨建て債の買い戻し用の資金は、以前想定した3億ドルを大幅に下回っている。

「一部資産の売却代金が買い戻し決済日に間に合わない可能性がある」とし、決済日を2日延期して1月12日ごろとしたと説明した。

富力地産は外貨建て債買い戻しに当たり、1)元本1000ドルにつき17%割り引いて買い取り、2)保有債券の半分を上限に割引なしのフルで買い取り、の2つの選択肢を提示した。

提出文書によると、債券保有者の71.7%が1番目の選択肢を、24.2%が2番目を選択した。

学びがある! 3
分かりやすい! 15
新しい視点! 5

https://news.yahoo.co.jp/articles/21a82e81ca382527a1819138c579531104eccad1

例によって日本のマスコミは報道しない


ワトソン君中国の話が、多過ぎます!ドンドンおかしな事になってますね・・・。

黒井例によってロイターしか報道してないが、これも重要な報道だ。外貨建て債券の買い戻しのために資産売却を強いられているが、その売却が思うように進まず期日に間に合わないと言ってる。

ワトソン君どういう状態なんですか?デフォルトとは書かれてないですけど・・・。

黒井利払いとも償還とも書かれてないね。要するに予定金額を返済できる見込みがないから、投資家に頭を下げて割引価格で買い取らせてほしいと懇願してるんだろう。だがそれをする外貨さえもなくなりつつあると。

ワトソン君広州って、大都市ですよね?そんな場所の不動産でも、失敗してしまうんですか?

黒井まさにそこ。恒大のように地方都市にパッパカ廃墟を建てていたわけでもなさそうだし、いよいよ不動産セクター全体で資金枯渇が起こり始めたのかもな。

言わないだけで紛れもなくデフォルト事案


ワトソン君ネットユーザーの反応です!

・中国金融が崩壊しそうなのに、ホンダが新規に工場を建設するみたいです
・不動産や土地は国の物だし、通貨も法律も全部国が管理してます。内政問題です
・ここもデフォルトですね。時間の問題です

黒井やはり広州の企業ということで、問題が大都市圏にまで波及するのを恐れてる雰囲気はあるよな。だがこれは紛れもなくデフォルト事案だし償還不可能で踏み倒しという状態だと思う。

ワトソン君日本の会社は、日本のマスメディアに騙されてるんだと思います!工場なんて作らない方がいいです。

黒井不動産バブル崩壊の影響を甘く見てる雰囲気はあるよな。実際に起きてみないと分からない部分はあるだろうけど。基本的には日本にとってはどうでもいい話だ。

ワトソン君中国の皆さん、世界に迷惑をかけたら領土で支払ってもらいます!さようなら!

黒井日本には関係ない!どうでもいい!中国さようなら!

関連:  フロリダの米軍施設で発砲 3人死亡、7人負傷
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments