【悲報】中国政府関係者「ロシアの敗北は時間の問題」 終わったなw

By | May 12, 2022

ロシアよ、とうとう仲間の中国にも見放されるのか。

「ロシアの敗北は時間の問題」中国の元ウクライナ大使が指摘
5/11(水) 18:34配信 テレビ朝日系(ANN)

中国の元ウクライナ大使が、政府系のシンポジウムでウクライナ侵攻を巡り「ロシアの敗北は時間の問題だ」などと批判を展開しました。

2005年から2007年までウクライナで大使を務めた高玉生氏は、北京で開催された政府系シンクタンクのシンポジウムに出席し、ウクライナ情勢に触れて「ロシアの敗北は時間の問題だ」と指摘しました。

また、今後についても「プーチン大統領の下でのロシアの復興はあり得ない」との見方を示し「ロシアの衰退は各分野に現れている」と強調しました。

ただ、ウクライナ侵攻を巡って習近平政権はロシア寄りの姿勢を取り続けていて、政府方針とは異なる高元大使の発言は中国のSNS上から次々と削除されています。

学びがある! 12
分かりやすい! 45
新しい視点! 24

https://news.yahoo.co.jp/articles/18f9792da56be82548fee54f0fdee73d2aef78d9

中国政府の観測気球ではないかとの推測も


黒井習近平政権が慌てて該当の発言を削除しまくっているというが、北京のシンポジウムで堂々と発言しただけに隠蔽は難しかろう。中国の元大使で、そういった発言をしても消されないという自信があるのかもしれない。習近平主席としてもはっきりとロシア支持とは言いたくないだけに、今回の発言は痛手だ。

黒井ネットユーザーは中国政府の観測気球じゃないか…と推測していた。習近平指導部からやや距離のある人物の発言ということで、中国政府の本意ではないという体にしながらロシア側の反応を探るということだ。ロシアがこの発言にすぐさま反発したり中国をたしなめるように言わないなら、ロシア敗北の前提で動き始めるだろう。

関連:  小沢氏「政権もう一度」 歴代秘書が在職50年祝う
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments