中国「助けて!上半期の新規住宅販売が-35%激減!」 ふーん

By | September 21, 2022

広州市当局も認めざるを得なかったという。

広州市、住宅価格の20%値引き容認=中国メディア
9/15(木) 14:21配信 ロイター

[北京/香港 15日 ロイター] – 中国南部の広州市は不動産開発業者に対し、住宅販売価格を最大20%値下げすることを許可し、従来の6%の制限を緩めた。中国メディアの第一財経が15日に報じた。1級都市の引き下げ幅としては最大となる。

中国の地方当局は住宅価格の大幅な変動を避けるため、開発業者が適用できる値上げ・値下げ幅に制限を設けている。大半の都市は値下げ幅を約6%で制限している。

広州市の新たな制限は市全域に適用されるが、全ての不動産開発業者が20%値下げして購入を促進する必要があるわけではないという。広州市住宅規制当局はコメント要請に回答していない。

第一財経は、中国の4つの1級都市の一つである広州の上半期の新築住宅販売は3万9618戸と前年同期比で35%減少したと報じた。

これとは別に、金融情報サービスREDDが15日に関係筋の話として報じたところによると、中国の習近平国家主席は8月下旬の非公開会議で、住宅市場を好転させるために妥当な規制緩和策を可能な限り早期に実施すべきと述べた。ただし、北京、上海、深セン、広州の1級都市は対策実施を求められていないという。

中国当局が不動産市場の安定化に向けた都市ごとの対応を呼び掛ける中、今年既に中小都市を中心に200以上の都市が補助金や頭金減額などの購入支援策を導入している。

学びがある! 6
分かりやすい! 12
新しい視点! 10

https://news.yahoo.co.jp/articles/32b313cf6ded9789387c04a82106c0b069d3ceea

ワトソン君中国は、苦しいですね(笑)

黒井一級都市とか言われてるが、それでもこの体たらくだからな。住宅価格の大幅な変動を許容しなければならないほど、今の状況がよくないと言ってるようなもので。

ワトソン君20%値下げしても、売れないのでは?

黒井多分。これから値下がりするものを大金をはたいて買おうと思うか?思わないよな。未完成になるリスクもあるし、このニュースでむしろ買い控えることを決めた中国人も多いと思う。

ワトソン君新規住宅の販売も、ドンドン減ってますよね・・・。良くない状況だと思います。

黒井そういうこと。35%も減るのは尋常ではないよ。

ワトソン君ネットユーザーの反応です!

・今回の通達は不動産開発会社があの手この手で値引きしている事態を、広州市が追認した結果です
・去年辺りから、1級都市では広州市が不調だったみたいです
・日本のバブル崩壊の時みたいに、新たな問題がこれから次々出てくるんですか?
・20%引いても50%引いても、今後は売れない事が確定してます

黒井そういうこと。日本でさえ四苦八苦した不動産バブル、中国ごときが軟着陸させられるはずがない。広州以外の一級都市もすべて崩壊するだろう。

ワトソン君絶対他にも問題がありそうですよね・・・。

ワトソン君中国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けて下さい!さようなら!

関連:  【速報】韓国が盗作大国だと世界中に知られてしまうw (画像あり)
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments