【外交安保取材】イラン訪問「ミッション・インポッシブル」に挑んだ安倍首相


6月13日、イランの首都テヘランで会談する最高指導者ハメネイ師(右)と安倍晋三首相(イラン最高指導者事務所提供・ロイター=共同)
その他の写真を見る(1/4枚)

 「ミッション・インポッシブル」-。今月中旬、安倍晋三首相のイラン訪問に同行するため搭乗した政府専用機の座席モニターで、世界的に有名な米国映画を見ることができた。米国とイランによる軍事的衝突の危険性が高まるなか、首相は緊張緩和に乗り出したが、訪問後も情勢はエスカレートしている。政府専用機の番組編成は、外交成果を暗示していたのか-。

 「安倍首相の訪問は成功だったと考えている。今後も引き続き、首相の中東地域の平和と安定のためのイニシアチブ(主導的役割)を支持する」

 イランのラフマーニ駐日大使は24日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見し、首相のイラン訪問をこう評価した。

 首相はイラン訪問中、最高指導者ハメネイ師やロウハニ大統領と会談した。同席したラフマーニ氏は会談について「建設的で友好的で、率直な意見交換ができた」と印象を語った。実際はどうだったのか。

現地で高まる米への反発

 首相は12~14日の日程でイランを訪問した。羽田空港からテヘランまでは10時間超。時差は日本が4時間半進んでいる。

 首相は12日午後(日本時間同)にテヘランに到着後、いったん市内の「エスピナス・パレス・ホテル」に入り、ロウハニ大統領との会談の舞台となるサーダーバード宮殿へと向かった。宮殿での歓迎式典では君が代の演奏もあった。

続きを読む



Source link

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*