韓国SKハイニックスが崩壊の危機! 営業利益が93.8%激減! 液体フッ化水素の在庫も間もなく枯渇!

韓国SKハイニックスが崩壊の危機! 営業利益が93.8%激減! 液体フッ化水素の在庫も間もなく枯渇!

韓国企業の7-9月期の業績が間もなく出揃うことになるが、財閥系企業の中でも特にSKグループの落ち込みが激しいそうだ。中核をなす半導体事業のSKハイニックスは営業利益が前年同期比で93.8%激減したらしい。SKグループ全体で考えても84.1%激減と存続の危機に立たされるレベルだという。これに加えて10月以降は液体フッ化水素の輸出管理強化による在庫枯渇のリスクも抱えることになる。

韓経:韓国10大グループの7-9月期の営業利益推定値、現代車以外すべて減少
10/10(木) 10:43配信 中央日報日本語版

サムスン電子、LGエレクトロニクスなど10大グループ系列会社が本格的な7-9月期業績発表シーズンに入った。現代自動車グループを除いた9グループの営業利益および営業利益コンセンサス(証券会社推定値平均)合計は前年同期比13.3-84.1%減少した。世界的な景気減速などの要因で半導体および石油精製・化学業種の系列会社が不振のSKグループの営業利益減少幅が最も大きいとみられる。

◆SKが業績不振

金融情報会社エフエヌガイドによると、7-9月期には10大グループのうち9グループの営業利益が前年同期比で減少したと推定される。減少幅が最も大きいのはSKだ。調査対象の系列9社の7-9月期の営業利益コンセンサス合計は前年同期(7兆7589億ウォン)比84.1%減の1兆2374億ウォン(約1100億円)。3カ月前のコンセンサス(1兆7890億ウォン)より30.8%減少し、多くの系列会社が「ショック」レベルの業績と予想されている。

半導体業況の悪化の影響でSKハイニックスの営業利益は4025億ウォンと分析された。前年同期(6兆4724億ウォン)比で93.8%の減少だ。SKイノベーションも1-3月期、4-6月期の精製マージン縮小による石油部門の不振と化学業況の悪化で、前年同期比58.7%減の3454億ウォンの営業利益にとどまると推定される。

サムスングループ(系列12社、-56.5%)、LGグループ(8社、-34.9%)、ポスコグループ(3社、-26.1%)も振るわなかった。サムスンの場合、8日に発表されたサムスン電子の営業利益が41.4%減少したのが最も大きな影響を及ぼした。

ただ、サムスン電子は業績発表直前まで減少してきた証券会社のコンセンサスを上回る営業利益で投資家の関心を集めた。業績発表の直前に証券業界が推定したサムスン電子の7-9月期の営業利益平均は7兆5346億ウォンだった。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191010-00000016-cnippou-kr
SKはグループ全体が危機
SKハイニックスは、経営危機なのでは?93.8%も営業利益が減ってしまったら、赤字転落目前じゃないですか!

それな。韓国経済新聞が若干分かりにくい記事タイトルにしたせいでいまいち伝わらない感じがするが、数字だけで見れば不振どころの騒ぎではない。しかもSKハイニックス単体だけじゃなくグループ全体でそうなりつつあるからな。

そうみたいですね・・・。SKグループは、9社全部を合わせてもダメみたいです。

グループ全社の合計が前年同期比で84.1%激減の1,100億円程度だね。SKハイニックスについてはたったの360億円にまで利益が縮小してしまった。前年同期は5,817億円だったにも関わらずにだ。

円換算で考えると、衝撃の大きさが伝わりますね・・・。半導体の価格が落ちている事が原因ですよね?

だね。それに加えて10月からは液体フッ化水素の在庫枯渇リスクにも備えなければならない。何しろ90日が経過したというのに一向に液体フッ化水素だけは許可が出る気配がないからな。サムスンとSKハイニックスの両方ともだ。

10月以降は、もっと激しく落ち込む気がします!ドンドン状況が悪化してます。でも、SKグループはラオスダムの補償をしなかったし、仕方ないと思います!

SKに関しては因果応報かもしれないね。まあ他の財閥グループも軒並み業績が大幅に悪化しているのは変わらないがな。サムスングループでさえ全社合計で56.5%激減だ。サムスン電子も前期比で数字を出して回復しているかのように報道しないといけないくらい苦しい状況だね。

半導体価格が底値圏を推移したことで業績は最悪に
半導体価格が上昇していないという話は同じ韓国経済新聞により報道されている。7月に最安値を更新したまま9月まで底値圏を推移したそうだ。在庫を安値で叩き売らなければサムスンもSKハイニックスも売り上げを作れないから泣きたい状況だったろうね。得したのは世界中のサーバー企業やスマホ製造企業だろう。

韓経:DRAM価格下落も韓国半導体は善戦…「営業利益3.3兆ウォン、4-6月期並み」
10/9(水) 10:59配信 中央日報日本語版

サムスン電子半導体部門の今年7-9月期の営業利益が前期(4-6月期、3兆4000億ウォン)と似た水準となった。主力製品のメモリー半導体の価格は4-6月期よりも落ちたが、サーバー・スマートフォン会社の需要が回復し、価格下落を相殺したという分析だ。産業界では半導体業況が来年から回復するという見方が多い。

金融投資業界によると、今月に入って証券会社が提示したサムスン電子半導体部門の7-9月期の営業利益推定値は3兆2250億-3兆5880億ウォン。平均(コンセンサス)は3兆3730億ウォン(約3000億円)で、4-6月期の営業利益に比べてやや少ない。証券会社の関係者は「サムスン電子が7-9月期に前期と似た3兆3000億-3兆4000億ウォンの営業利益を出した」と話した。

DRAMエクスチェンジによると、DRAMの固定価格(DDR4 8GB PC汎用製品基準)は7月に2.94ドルと前月比11.2%下落した後、9月までほぼ同じ価格を維持した。価格は底だが営業利益が前期と大差がなかったのは供給量が増えたからだ。NH投資証券によると、7-9月期にサムスン電子のDRAM、NAND型フラッシュメモリー出荷増加率はそれぞれ30.0%、12.0%と推定された。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191009-00000012-cnippou-kr

出荷が増えても、あまりうれしくないのでは?

そうだよ。日本製の高純度液体フッ化水素で生産したせっかくの高品質な半導体を底値に近い価格で叩き売る羽目になったんだから。これから出てくるのはどれも韓国産の純度が怪しいフッ化水素により作られた半導体だ。万が一品質問題がすぐに出てくれば、世界中がサプライヤーとしての韓国企業を見放すことになるかもね。

韓国が在庫を全部手放したら、途端に価格が上昇する気がします!アメリカのマイクロンさんが、来年から工場を稼働させるからです!

ぶっちゃけ半導体価格は需要を調整できる米国企業に依存していると言っていいからな。韓国は米国を敵に回したことの重大さをまったく理解していないと言えるね。ゴールドマンサックスが去年の早い段階で半導体価格の低迷を予測していたのには理由があるんだよ。

今から考えると、そうとしか思えないです。韓国政府は、否定してたと思います!

意地を張って抵抗していたが現実のものとなったからには青ざめるしかなかろう。サムスン副会長に重い判決が下されようとしていることも含めて事態は深刻になりつつあるね。

来月にはジーソミアも破棄されるし、サムライ債の期限も来ますよね?10月以降はホントに経済危機になりそうです。でも、ムン大統領の脱日本構想を実現させるためなら、仕方ないと思います!

ここらで10月初旬に起きたことと今後の予定をざっと整理してみるかね。

結論:韓国は米軍の撤収により経済を崩壊させられる
これが最新版の予定表だ。

【2019年後半の中国と韓国の危機まとめ】
・8月2日:日本が韓国ホワイト国除外を閣議決定する
・8月22日:韓国が日本とのGSOMIAを破棄すると宣言する
・8月24日:北朝鮮がミサイルを2発発射する
・8月28日:日本が韓国ホワイト国除外を施行する
・8月29日:韓国最高裁がサムスン副会長の二審判決を破棄し差し戻す
・8月31日:韓国で油類税引き下げ措置の期限が切れる
・9月1日:米国が対中国関税1,120億ドル分を発動する(15%)
・9月1日:香港国際空港への交通網をパンクさせるデモが行なわれる
・9月6日:日本製鉄に対する韓国資産売却命令の猶予期限が切れる
・9月8日:米国でヒュンダイ自動車の運搬船が転覆する
・9月9日:北朝鮮が建国記念日を迎える
・9月9日:韓国GMが史上初の全体ストライキを実施する
・9月9日:韓国文在寅がチョグクの法相指名を強行する
・9月10日:北朝鮮がミサイルを2発発射する
・9月10日:韓国GMの研究開発法人も全体ストライキを実施する
・9月11日:WTOで韓国が反ダンピング関税は不当とされ日本に事実上敗訴する
・9月11日:香港で一帯一路サミットが開催される
・9月14日:サウジアラビアの石油施設が攻撃される
・9月17日:韓国外相が大恥をかいたと日本の産経新聞で報道される
・9月18日:韓国が日本のホワイト国除外を施行する
・9月18日:米国のFOMCで0.25%の利下げが発表される
・9月20日:中国の代表団が米国の農場視察を中止し帰国する
・9月20日:韓国の景気後退が24カ月続いていると国家統計委員会が発表する
・9月23日:米国トランプと韓国文在寅が米国で首脳会談を実施する
・9月23日:トランプが文在寅に非公式会談で防衛費大幅増額を要求する
・9月25日:日米首脳会談でトランプが文在寅の愚痴を安倍首相にこぼす
・9月26日:韓国のハンファケミカルがサムライ債発行を断念する(日本に断られる)
・9月27日:竹島に戦闘機を飛ばせると記述した令和初の防衛白書を閣議決定する
・9月28日:韓国の活動家3名が羽田空港で入国拒否される
・10月1日:中国が建国記念日を迎える
・10月1日:韓国が国軍の日で対日敵対姿勢を露わにする
・10月2日:北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射する
・10月3日:韓国でパククネ弾劾時と同規模の反文在寅デモが行なわれる
・10月5日:香港で覆面禁止法が導入される
・10月5日:米朝実務者協議がストックホルムで決裂する
・10月7日:日米首脳が貿易協定に署名する
・10月7日:トランプが安倍首相に「今日39歳になった」と冗談を言う
・10月7日:米商務省がハイクビジョンなど中国企業8社を禁輸リストに追加する
・10月8日:米国務省が中国の当局者のビザ発給を制限する
・10月8日:韓国文在寅の支持率が32.4%を記録する
・10月9日:韓国で再び反文在寅の大規模デモが行なわれる
・10月9日:米国がトルコの軍事行動に対して制裁を検討する
・10月10日:韓国WTO敗訴から30日が経過し日本の対抗措置発動が可能になる
・10月10日:米中閣僚級の通商協議がワシントンで開催される
・10月14日:海上自衛隊主催の観艦式に韓国が参加しない
・10月15日:米国が対中国関税2,500億ドル分の税率を引き上げる(25% ⇒ 30%)
・10月31日:英国首相が合意なきEU離脱を実行する
・11月18日:米国の対中国ファーウェイ禁輸措置の猶予期限が切れる
・11月22日:日本と韓国のGSOMIAが破棄される
・11月30日:韓国のハンファケミカルのサムライ債200億円分が満期を迎える
・12月15日:米国が対中国関税1,600億ドル分を発動する(15%)
・12月31日:韓国の輸出入銀行のサムライ債750億円分が満期を迎える
★2019年10月10日現在

トランプ大統領の39歳は、別に入れなくてもいいのでは・・・?

それもそうだな。日米貿易協定の一部として考えておこう。

最初の記事のネットユーザーは、ムン大統領がいれば大丈夫と言ってます!ノーベル賞は残念だったけど、くじけずに頑張ってくださいって。前回の通貨危機の時に似てきたけど、今回は日本は助けないしどうなるか見てみたい、と言ってる人もいます!

ノーベル賞は入れないとな!しかしまあ10月初旬からイベントが多いね。主に韓国以外のイベントだから我々としてはそこまで出番はないが、今月末には英国EU離脱もあるし本気で世界がどうにかなってしまいそうだ。

結論としては、韓国は米国を敵に回したという自覚を持つべきだという話になるかね。半導体の価格暴落はもはや米国の筋書き通りと言ってもいい状況だし、GSOMIA破棄を言い出すことも想定済みだった可能性さえある。なぜ日本の液体フッ化水素輸出管理強化を米国が容認しているのかについて少しは考えてみるがいい。米軍撤収時には経済を崩壊させるという話も現実味を帯びてくるね。今さら気付いたとしても完全に手遅れだがな。

韓国の皆さん、このままでいいんですか?嵐がすぐそこまで迫っています!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*