自衛隊の米艦艇・航空機防護 昨年14件


 防衛省は14日、自衛隊が安全保障関連法に基づき日本周辺で米軍などを守る「武器等防護」について、令和元年に14件実施したと発表した。防護対象の内訳は米艦艇が5件、米航空機が9件。

 計14件のうち10件を自衛隊と米軍との共同訓練中の防護が占め、残る4件は北朝鮮のミサイル発射などの警戒監視・情報収集活動中の防護だった。

 河野太郎防衛相が同日、国家安全保障会議(NSC)に報告した。防衛省は実施の時期や場所などの詳細を明らかにしていない。

 武器等防護は、平成28年施行の安保関連法で可能になった任務。初めて発表した29年は2件、翌30年は16件だった。



Source link

0 Reviews

Write a Review

Read Previous

【漫画漫遊】「あおざくら 防衛大学校物語」二階堂ヒカル著/小学館 国防とアイロンかけの青春

Read Next

米、ファーウェイを追起訴 北をコード名「A9」と呼び隠蔽

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *