Breaking News :

韓国の教授が日本で歴史の真実を話してしまう! 「慰安婦は強制連行ではない、就職詐欺だ」 終わったな…

韓国文在寅「申し訳ありません!ビラ散布の脱北者は逮捕します!」 完全に北朝鮮の一部だな…

韓国、ロケットの重要部品をくず鉄業者に売却! 26億円の開発費用が62万円に! 韓国らしい事件だな…

来年韓国は国家破綻だ!韓国経済は20年後退する!IMFが今年の韓国の成長率をマイナス2.1%と予想 韓国の反応

韓国人大量破産だ!多くの韓国人が天国に行く!コロナが長期すれば韓国の76万世帯が1年以内に破産する予測が出る 韓国の反応

日本が粉々になったら韓国も被害を受けるというのは根拠のない虚偽扇動であり韓国は得をしますよね?韓国の反応

韓国人「日本が韓国を「ホワイト国」から除外してから1年‥韓国人の日本製品ボイコットにより、ビール88%、自動車は売上が半減!」 韓国の反応

韓国人「スペインはまだ韓国を恨んでいるの?」スペインがサッカーWCの「当時エジプト主審」を批判! 

IMFの警告に韓国政府が反発! 「過度な解釈だ」と主張! 見苦しいな…

不買運動1年 釜山と日本結ぶ旅客船・航空機の利用激減=韓国

【韓国】 「韓国戦争特需を享受した国」 文大統領が6・25韓国戦争記念演説で日本を間接的に批判

韓国のユネスコ大使「日本は約束を守れと21の委員国に伝えている」

July 4, 2020

韓国、ロケットの重要部品をくず鉄業者に売却! 26億円の開発費用が62万円に! 韓国らしい事件だな…

実に韓国らしい事件と言える。韓国が開発したロケットの重要部品がくず鉄業者に売られていたそうだ。開発費用は300億ウォン、日本円にしておよそ26億円だが、その部品がたったの62万円になってしまったというのだ。ろくに確認もせずに売却しようとした杜撰さが明らかになった。
【独自】300億投じた羅老号重要部品を700万でくず鉄業者に払い下げた韓国航空宇宙研究院


6/26(金) 15:01配信 朝鮮日報日本語版

韓国の宇宙開発を担当する国策研究機関「韓国航空宇宙研究院」(航宇研)が、300億ウォン(現在のレートで約26億7000万円。以下同じ)投じて開発したロケット「羅老号」の重要パーツをくず鉄として数百万ウォン(100万ウォン=約8万9000円)で売り払い、10日後に買い戻すという事件があった。ロケットの重要技術が危うくスクラップ価格で外部に流出するところだった。科学界からは「ねじが外れたという程度ではなく、もともとねじがない組織」「あり得ない、とんでもない事件」という批判の声が上がった。

航宇研や科学界関係者が25日に明らかにしたところによると、全羅南道高興にある航宇研羅老宇宙センターは今年3月20日、羅老号のパーツ10点を700万ウォン(約62万円)でくず鉄業者に売り払った。廃棄品目10点の中には、さび付いた鉄製の保管ボックスが含まれていた。航宇研は、この中に羅老号の重要部品である「キックモーター」の試作品があったという事実を知らなかった。キックモーターは、ロケットに積まれた衛星を軌道へ投入する役割を果たす。後になってこれを知った展示館の元担当者が問題を提起し、航宇研は売却から10日後、京畿道平沢のくず鉄商の手に渡ったキックモーターを500万ウォン(約46万円)で買い戻した。航宇研は、廃棄品目の検討を入社3カ月の職員に任せ、運営室長の専決で最終決定したことが分かった。航宇研は内部監査に着手し、責任の所在を究明したいと表明した。

全羅南道高興の羅老宇宙センターは、宇宙科学館での展示を目的として、4年前から羅老号のパーツをセンター内の空き地に保管してきた。羅老号は2013年に韓国がロシアと共同開発して打ち上げたロケットだ。1段目はロシアが、2段目は韓国が開発した。今年の初め、同センターはもはや必要ない一部のパーツを廃棄することにした。廃棄品目10点は、衛星を保護する「フェアリング」と呼ばれるカバーや、実験でばらばらになった部品の残骸、燃料タンクの模型などだ。ここには、縦1.5メートル、横3.1メートル、高さ1.5メートルの鉄製の保管ボックスも含まれていた。本紙が入手した報告書「宇宙科学館野外所蔵発射体廃棄品目関連検討意見」によると、鉄製ボックスについては「発射体構成品の移動に使用され、内部は空になっており、外部はさびがひどくて活用価値がなく、展示用としても何の意味もない」と廃棄事由が記されている。備考欄には「さびがひどくて醜く、観覧客のクレームが発生」とあった。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/efa7a3ee52e40bcad7d31a30bb56d3d195ecfa65

 

自力でロケット発射もできなかった韓国

韓国って、ロケットを持ってたんですか?初めて知りました。

持ってたというか、2013年にロシアと共同開発したやつだよ。ロシアの力を借りないとロケットも打ち上げられないのかと当時から揶揄されていた。

そうだったんですね・・・。韓国は、ムリしなくてもいいと思います!

ここ最近になってホリエモンやらイーロンマスクやらがロケット発射を実施してるけど、宇宙に逃げたいという願望でもあるのかね?兵器に転用するのでなければ目的が不透明だ。

宇宙に逃げて、どうするんですか?

火星に移住とか?火星にはすでに多くの人類が移り住んでいるという陰謀論もあるしね。コロナ禍が広まっている現状を憂って地球を見捨てたいというか。まあその話はいいや。

今回はその打ち上げで使用した模型や残骸、それから鉄製の保管ボックスなどをくず鉄業者に売却したという話だが、その中にロケットの重要部品が含まれていることに気付かなかったそうだ。

売った部品は、ロケットの全部なんですか?よく分からなくて・・・。

廃棄品目10品目というからごく一部だろうが、その中に62万円では到底買えないような高価な部品が入っていたという話だ。26億円かけたロケットの重要部品を数十万円で売ってしまったんだぞ?二束三文としか言いようがないね。

実際には、いくらするんですか?

価格については特に書かれていないね。だが数十万円という代物ではないと思う。韓国政府側が46万円で買い戻したと書かれてるけど、くず鉄業者としてはぼったくったつもりだろうね。素人からすれば単なる鉄の塊だろうからな。
韓国の技術を誰がほしがるのかという疑問点も

じゃあ、実際の値段は分からないんですね・・・。

くず鉄業者はおそらく残り9点も相当高値で売って、100万円近くは稼いでいると思う。それに加えて46万円だ。流通ルートさえ確保すれば相当美味しい商売だと思うよ。

記事の2ページ目に価格を推定する記述があった。キックモーターという物体そのものではなく、それを開発するに至った技術の方に価値があるとしているようだ。
ところが、このボックスの中にキックモーターの試作品が入っていた。今回スクラップとして売り払われ、後に買い戻されたキックモーターは「認証モデル」(QM:Qualification Model)だ。QMとは、実際の発射時に使う「飛行モデル」(FM)と同じように作って実験室で性能を認証するモデルを指す。航宇研は羅老号の開発当時、複数の条件で実験を行うため15基のキックモーターを作った。このうち1基が鉄製のボックスに収められ、朽ちるがまま4年間も野外に放置されていた。そうして昨年8月に宇宙科学館の担当者が変わったことで、キックモーターの存在自体が忘れ去られた。

科学界では既に羅老号プロジェクトは終了しているため、キックモーターをこれ以上研究に使うことはないが、もし外部の手に渡ったら、数百億ウォン(100億ウォン=約8億9000万円)かけて開発した韓国の技術がそっくり流出しかねなかった-と指摘されている。

技術流出の問題だったんですね・・・。でも、4年間も放置してたみたいだし、韓国の技術を欲しがる人なんていないのでは?

まあな。ここでは技術開発だけに的を絞るのではなく、ロケット全体にかかった費用26億円という部分をタイトルに入れようと思っている。記事にあるとおり韓国は一部分しか担当してないから、技術的な価値がそこまであるかは分からない。

技術の開発って、どこにお金がかかるんですか?

韓国の場合技術を買収するお金と、技術担当者の飲み食い代で大半が消えてるかもしれないね。だがかけた費用という面で考えれば、数十万円のスクラップになるところだったという話は十分ショッキングと言える。

日本でもし同じ事が起きたら、毎日報道される気がします・・・。そう考えると、甘いと思います!

まず担当者が記者会見で謝罪させられるよな。それでマスコミからの質問攻めにあって、再発防止策も明言させられる。日本のマスコミは存在が準警察みたいになってると思う。

韓国にかけるお金がもったいない

この話は愛国日報も報道してたんだが、記事の書き方が下手でいまいち伝わらなかった。ネットユーザーの反応を拾ってほしい。
韓国航空宇宙研究院、古物商に売ったロケット部品を10日後に回収
6/26(金) 14:56配信 中央日報日本語版

2013年に韓国で打ち上げられたロケット「羅老(ナロ)」の開発に使用された部品の一部が古物商に売られたが、後に回収されていたことが分かった。

韓国航空宇宙研究院(航宇研)によると、全羅南道高興郡(コフングン)の羅老宇宙センターは3月20日、「羅老」の部品10個を700万ウォン(約62万円)で古物商に売ったが、「キックモーター」試験モデルの部品が入っていることが後に確認され、10日後に500万ウォンを支払って「キックモーター」を回収した。航宇研はこの件について内部監査中という。

該当部品はロケットに搭載された衛星を軌道に乗せる役割をするもので、実験室で性能をテストする際に使用する認証(QM)モデルとして製作された。品目は衛星を保護するフェアリング、燃料タンク、酸化剤タンクの模型など。羅老打ち上げ成功後、2016年に宇宙科学館に展示する目的で前任者がコンテナボックスに保管した。しかし科学館でも展示されず、4年間コンテナボックス形態で放置された。
・・・

https://news.yahoo.co.jp/articles/8c9dd23ea378c9de47d046337c4adae74a558967

確かに、何が問題なのかよく分からない記事ですね・・・。まとめました!
・自分達で開発しないで、模倣したから古物商に売れるのです(XCさん)
・国費が入ってるのに、適切な財産管理という言葉が皆無なのが、よく分かりました(GIさん)
・これからデフォルトすると、生活に困った研究者が横流しするかもしれません(TNさん)
・こういう国だから、憲法の原本も紛失してしまいます(6Iさん)
・そんな杜撰な管理で日本の輸出管理を解除しろなんて、100万年早いと思います(8Gさん)

まあそういうことになるね。技術の価値が分からないままに国費をつぎ込み、邪魔となるとろくに引き継ぎもせず確かめもせずにくず鉄業者に売却。何から何まで韓国らしいと言える。韓国にかけるお金がもったいないと思うだろ?

韓国って、ホントにダメな国ですね・・・。サムスンが、どうして半導体を生産できるのかが、不思議です!

そりゃ簡単な話だろ。日本人技術者を金で買ってるからさ。自分達でできそうな部分は技術だけ買って、できない場合は技術者を丸ごと引き抜く。今でも何百人も働いてるんじゃない?知らないけど。

えっ?日本人のせいなんですか?

そうとも言えるね。日本人に開発させて自分達は収益を吸い上げてのうのうとしてるのがサムスンの上層部ってわけだ。副会長も技術力は皆無だろうしね。日本人が完全に見放せば韓国なんてあっという間に崩壊するよ。完全に見放せばな。

じゃあ、今すぐ日本に帰国させましょう!ムン大統領の脱日構想に、逆らってはいけません!

まあこういう杜撰な管理しかできないような国とは遠からず交流は断絶するだろうね。杜撰な証拠、杜撰な証言で日本に愛国心を発揮してるわけだから。その時は確実に近付いていると言える。

韓国の皆さん、日本は令和時代で復活します!韓国とはもう関係がなくなるし、助ける事もありません!さようなら!

日本は関係ない!統一おめでとう!韓国さようなら!

READ  韓国「日本がホワイト国に戻さないならWTO提訴する!」「明日が期限だ!」  勝手にやってろよ…

Read Previous

日医会長選 横倉氏落選、自民に驚き

Read Next

仏が7月にデータ解析へ イランのウクライナ機撃墜

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x