トランプ氏は「最大の欠陥人間」 前大統領首席補佐官


前米大統領首席補佐官、トランプ氏の人物像を攻撃

(CNN) ジョン・ケリー前米大統領首席補佐官がトランプ大統領の人物像に触れ、「私がこれまでの人生で出会った中で最も欠点がある人間」との酷評を友人に漏らしていたことが17日までにわかった。

その不誠実さは仰天させるほど深いとし、全ての関係に取引のような要素を持ち込むのは何よりも痛ましい限りだとも打ち明けていた。

ケリー氏のこれらの発言はCNNが18日夜に放映予定のトランプ政権の元高官らの証言などを集めた特集番組で紹介される。また、他の出演者もケリー氏の判断を多く共有しているとされ、国土安全保障省の元高官はトランプ氏は基本的に自らに同意しない連邦政府内の職員を「ディープステート(影の政府)」と断じていると述べた。

海兵隊の退役大将でもあるケリー氏は2019年1月に首席補佐官を退任。ケリー氏は当時、ホワイトハウス内で孤立するような状況にあったともされる。退任後はしばしば、トランプ政権を批判もしていた。

首席補佐官を辞める前、トランプ氏に「真実を告げないイエスマンを雇うな。雇ったならあなたは弾劾(だんがい)されると思う」と警告したともされる。



Source link

Read Previous

再審無罪の母、二審も敗訴 小6の娘焼死、ホンダへ賠償請求

Read Next

【速報】中国の習近平主席にコロナ感染疑い

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *