日本人金メダリスト「●国から中傷メール来るけど俺には効果ない」 かっけえな!

By | July 29, 2021

卓球ダブルスで金メダルを獲得した水谷選手だが、◯国からの誹謗中傷DMが来ていることを明らかにした。だが俺の心には1ミリも影響がないし、免疫があると率直にアピールしたのだ。中国だか韓国だか知らないが、みみっちい国よ。


水谷隼「とある国から…めっちゃDMくる」…SNSへの誹謗中傷明かすも「1ミリもダメージない」
7/28(水) 14:35配信 スポーツ報知

26日に行われた東京五輪卓球の混合ダブルス決勝で、伊藤美誠(スターツ)とのペアで金メダルを獲得した水谷隼(木下グループ)が28日、自身のツイッターを更新。自身のSNSに誹謗(ひぼう)中傷の言葉が届いていることを明かした。

水谷は「とある国から、『◯ね、くた◯れ、消えろ』とかめっちゃDMくるんだけど免疫ありすぎる俺の心には1ミリもダメージない」ときっぱり。「それだけ世界中を熱くさせたのかと思うと嬉しいよ」と爆笑している絵文字を添えた。そして「日本人の方は全て応援メッセージです ありがとう」と感謝した。

このツイートにはフォロワーから「許せない」「さすがです!!」「水谷ファン急増してますよ」「日本の誇り」などのリプライが集まっている。

学びがある! 556
分かりやすい! 1,765
新しい視点! 902

https://news.yahoo.co.jp/articles/b51da851c286a01a36038827145b87e99b1432f7

中国か韓国に決まってる、つまり●国

卓球って、中国が強いのに金メダルを奪われて、ビックリしてたみたいですね!

うむ。日本の卓球は新たな世代により随分と強くなった。今回の誹謗中傷メッセージの主犯として想定されるのは中国か韓国だが、●国と表現するのがいいだろう。

分かりやすいです(笑) ボクは、韓国だと思います!

元のメッセージが日本語だとすれば韓国人の可能性が高いね。何語かは明らかにしてないから、中国語なら中国人だ。韓国人が韓国語で日本人を中傷するようには思えない。

どうしてですか?

韓国人が日本人金メダリストを中傷した…と広められたくないから、あたかも日本人がやったように見せかけるんじゃないかということ。だが水谷選手はどこがやったか把握してるようだから、バレバレのエセ日本語とユーザー名だったのかもね。

確かに!中国人の方が、そういう時はストレートな気がします。


負け惜しみで反則連呼の中国が犯人か?

ネットユーザーの反応です!
・自分の名前も出さずに、悪意を持った言葉を送り付けるのはホントに最低です
・決勝戦はしびれましたけど、それ以上にドイツ戦の逆転劇はすごかったです
・どんな誹謗中傷だったのか、もっと詳しく公開してほしいです
・負け犬の遠吠えです。おめでとうございます
・ある国を倒しての金メダルなので、悔しかったんだと思います

うむ。この記事からするとやはり中国っぽいな。中国語の罵倒だったのかもしれない。


水谷隼、伊藤美誠が卓球混合ダブルスで“金” 「国技で負けた」屈辱の中国、「反則」連呼で負け惜しみ 王者陥落に香港で広がる歓声
7/27(火) 16:56配信 夕刊フジ

東京五輪から導入された卓球の新種目、混合ダブルスの決勝が26日夜、行われ、日本の水谷隼(32)、伊藤美誠(20)組が中国の許●(=日へんに斤)(31)、劉詩●(=雨かんむりに文の旧字体)(30)組をフルゲームの末に下し、日本卓球界史上初の五輪金メダルを勝ち取る悲願を達成した。2008年の北京五輪以降、3大会で全種目を制してきた卓球王国・中国では「国技でも負けた」などと衝撃が走り、その負け惜しみから日本組の反則疑惑の非難で沸騰。一方で圧政に苦しむ香港では、まさかの金星に歓声が上がった。

■順当勝ち一転

中国大手ニュースサイト「網易」によると、試合後に女子シングルス世界ランキング7位の劉詩●(=雨かんむりに文の旧字体)は「自分は大丈夫だがチームに申し訳ない」と泣き崩れたという。

会見でも中国メディアから「大勢の国民が応援していたのになぜ勝てなかったのか」と責めるように問われ、「この結果を受け入れるのはとてもつらい。とても申し訳なく思う。全力を出し切れなかった」とうなだれた。

さらにSNSでは、日本組が反則で金メダルをかすめ取ったとの批判が燃え広がった。伊藤が卓球台に手を載せる写真や水谷がサーブ前にボールを持ちながら息を吐く映像が拡散され、ウェイボでは一時トレンド入り。こうした行為は通常なら問題ないが、コロナ下の今大会では確かに感染防止の観点で、「卓球台の上で手を拭かない」「ボールに息を吹きかけない」は試合中の禁止事項に追加されている。これまでの習慣で思わず違反したとして、中国組や審判から指摘はなく、勝敗にまで直結したとも考えづらい。感染防止の観点でいえば、中国側の声援の方がよっぽど問題だ。これも“お家芸”で出し抜かれたくやしさの表れといえようか。

学びがある! 932
分かりやすい! 2,485
新しい視点! 1,219

https://news.yahoo.co.jp/articles/995eef47a68a4c5e8990a7ffb3e555ca056b7f23

何だか、荒れそうですね・・・。中国は工作員の数が多い気がするので、ちょっと怖いです。

自称国技でやられたのが悔しかったのかもな。だがまあそれも勝負であり、盛者必衰という言葉もある。負けたというのが大きな財産にならない中国人には理解できないだろうがな。

中国の皆さん、オリンピックで負けて、戦争でも負けて下さい!さようなら!

雑な締めwww

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *