中国政府「助けて!ドルがない!」 また米国に土下座w

By | October 21, 2021

中国政府には根性というものはないのか?政府そのものが米ドル枯渇に見舞われているらしく、このタイミングでドル建て債40億ドル分を新規発行した。日本円にして4,500億円程度の小さな金額だ。その規模のドルでさえ米国に頭を下げないと入手できなくなっているのである…!

中国、ドル建て債40億ドル発行 海外の需要堅調で利回り低水準
10/20(水) 10:16配信 ロイター

[香港 20日 ロイター] – 中国がドル建て国債を発行し、40億ドルを調達した。ロイターが入手したタームシートで分かった。産業界全体にわたる規制当局の取り締まりや不動産市場問題が続いているにもかかわらず、海外の投資家からの需要が堅調だった。

3年債の発行条件は、同じ年限の米国債利回りのプラス6ベーシスポイント(bp)。5年債はプラス12bp、10年債がプラス23bp、30年債はプラス53bpとなった。条件は当初から大幅に低くなった。関係筋によると、いずれも過去最も小さいスプレッドという。

3年債と10年債はそれぞれ10億ドル、5年債は15億ドル、30年債は5億ドルを調達したという。

応札額は232億ドルと、調達額の約6倍に達した。

統計によると、アジアの銀行は資本規制上の理由で期間が短めの国債を大量に購入。米国勢は期間が長めの国債を購入した。

事情に詳しい関係筋によると、財政省当局者は18日の投資家向け電話会見で、経営危機に陥っている中国不動産開発大手・中国恒大集団がシステミックリスクとはならないことに自信があると述べたという。

財政省からは今のところコメントを得られていない。

また、中国人民銀行(中央銀行)の金融市場担当責任者Zou Lan氏は15日、中国恒大集団の債務問題が金融システムに及ぼす波及効果は制御可能だと述べた。

関係筋によると、投資家は停電の景気への影響を懸念しているものの、中国のファンダメンタルズは依然力強いと確信しているという。

*内容を追加しました。

学びがある! 0
分かりやすい! 2
新しい視点! 2

https://news.yahoo.co.jp/articles/ce74626b6bab031b9e4d3382840faf304189d163

米国債は売れないから担保にして起債か


ワトソン君あれ?中国も、ドル建て債券を発行できるんですか?

黒井単に“中国”とあるから中国政府と解釈するが、おそらく政府の外貨準備高も枯渇しかかってるんだろう。米国債を売って現金化すれば戦争になるから、米国債を担保にして起債したものと思われる。

ワトソン君そういう事だったんですね・・・。みんなドルが足りないんですね!

黒井40億ドルは日本円にして4,500億円規模だが、その程度も借りないとやっていけないというのは末期症状に思えるね。今後数カ月を何とか凌げればそれでいい的な状態に見える。

ワトソン君絶対そうだと思います!もうアメリカには逆らえないと思います。

黒井ちょっと前までデジタル人民元で覇権がどうのと言ってたのが信じられないよな。いかに世界が中国政府のプロパガンダで騙されていたかだ。

もはや経済制裁しなくても勝手に崩壊


ワトソン君ネットユーザーの反応です!

・巻き添えにされる地雷債です。買った方がバカを見ます。中国にアメリカドルを渡さずに、経済制裁しましょう
・ジャンク債です。社債もドル建てだけデフォルトさせるように指示してます。外貨が枯渇してるんですね

黒井経済制裁しなくても崩壊すると思うぞ。米国が直接手を下さずに自滅するならそれに越したことはない。最も楽な方法を選ぶのが普通だ。

ワトソン君ホントに、そうなりそうですよね・・・。経済制裁をするのは、習さんの役目だと思います!

ワトソン君中国の皆さん、経済がダメになってもいいんです。キム委員長が養ってくれるからです!みんなで千年王国を築いて、豊かになりましょう!

黒井日本には関係ない!どうでもいい!中国さようなら!

関連:  【速報】中国恒大CEO「簿外負債の規模は把握できてない」 終わったなw
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments