【速報】中国、武力を使わない台湾併合手段を実行

By | November 24, 2021

中国政府が台湾企業に罰金を科した。上海や江蘇省など中国の複数の拠点を持つことから、台湾企業であるにも関わらず中国政府から処罰されることになった。ネットユーザーはこれこそが武力を用いない台湾併合手段だと警戒している。

中国当局、台湾企業に罰金15億円…「独立」支持者の金もうけ許さないと警告
11/23(火) 18:16配信 読売新聞オンライン

【上海】中国国営新華社通信は22日、製造業や不動産開発事業を展開する台湾の「遠東集団」と上海市や江蘇省など5省市の傘下企業に違法行為があったとして、地元当局が遠東集団と傘下企業に対し、罰金や追徴課税の処分を下したと報じた。

環境保護や土地利用、品質管理など幅広い分野にわたって違法行為があったという。罰金額は計8862万元(約15億8700万円)に上り、遠東集団は違法行為を認めている。

台湾メディアなどの間では、中国と台湾の蔡英文(ツァイインウェン)政権との対立が影響したとの見方も出ている。

中国の国務院台湾事務弁公室の報道官は22日夜、処分を受けた談話で、遠東集団との関連には言及を避けつつも、「『台湾独立』を支持し、両岸(中台)関係を損なう者が大陸で金もうけすることは絶対に許さない」と中国で事業を行う台湾企業に警告した。

学びがある! 97
分かりやすい! 210
新しい視点! 102

https://news.yahoo.co.jp/articles/9874f47a9052ba67d608361ae258d441fcf7426a

蔡政権に対する警告と見せしめか


ワトソン君中国が、どうして台湾の会社を処罰するんですか?図々しいです!

黒井普通ならば遠く離れた台湾の企業を中国が制裁できるはずはないが、この企業は上海や江蘇省に複数拠点を子会社として持っているからな。もし罰金を払いたくないなら、その子会社を見捨てないといけない。

ワトソン君じゃあ、中国に会社を持つだけで、罰金の対象になるんですね・・・。

黒井この遠東集団という企業が台湾独立を叫んだとはとても思えないが、最近の蔡政権に対する警告と見せしめの意味もあるかもね。真っ先に狙われるのは大陸で事業活動をして収益を得ている企業だとは思っていた。

ワトソン君台湾の会社は、中国から早く撤退した方がいいです!他の会社も処罰されると思います。

黒井それな。ただし台湾市場だけでやっていけるのかどうか…という点に注意しないといけない。台湾経済に関して我々日本人はあまり詳しくない。

中国は当局のさじ加減で処罰が決まる国


ワトソン君ネットユーザーの反応です!

・中国が気に入らない会社に対しては、平気でこういう事をします
・これがいわゆる、武力を使わない台湾併合のための工作です
⇒ 台湾の技術者は言葉が通じるので中国で仕事してますけど、いつ拘束されるか分かりません
・昔から似たような事をしてるのに、中国はなかなか孤立しません
・賄賂は当たり前なのに、いい所まで行くと理由を付けられて全部奪われてしまいます
・中国は当局が気に入らないというだけで処罰できる国です

黒井さじ加減で違法行為も合法になるし、合法だと思っていたことで処罰される国だよな。悪事に加担している意識はあるが、それが当然だと思ってたら手のひらを返される。国全体がトラップのようだ。

ワトソン君ホントですね・・・。賄賂が当たり前なんて、信じられないです。

ワトソン君台湾の皆さん、早く中国から逃げましょう!撤退して下さい!

黒井台湾人の意識も変えなくてはいけないよな。言葉が通じると言いながら敵国の大陸に向かうようでは、結局既に陥落したも同然になってしまう。大陸への渡航禁止令を出すレベルでないといけない。

関連:  【主張】米黒人暴行死 融和に徹し暴力を許すな
Subscribe
Notify of
guest
1 Comment
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
View all comments
鈴木秀一郎
鈴木秀一郎
11 days ago

台湾には少なくとも人口の1割の本州人と呼ばれる大陸の中国人が含まれている、と言われています。そして台湾経済に大きな影響を持つ企業の多くが、本州人の傘下にあり、蔡英文総統もその影響力下にあるという説も存在します。つまりその視点から見れば、CCPと台湾の間で起こっていることは、単なるプロレスかも知れない、という可能性があるということです。日本のメディアは当然ながらこういう切り口で報道はしません。理由は改めて言うに及ばず、ですよね。