【NEW! 脱原発のドイツの首都で大停電】火力発電所の故障によりベルリンで停電。37万世帯で暖房と給湯ができない状態(focus )/ドイツは脱原発を進めており、年末に6ヶ所あるうちの3ヶ所の原発を止めた

By | January 10, 2022

ベルリン停電


ベルリンで停電。暖房用発電所がオフラインに。37万世帯が電気と暖房が使えないと報道される。温水供給も停止(フォーカス)

FOCUS_Eilは、当初の速報を更新しました。37万世帯が暖房と給湯ができない状態。電気には影響がないようです。

ベルリンでは9万世帯が給湯・暖房なし。当初、37万世帯の被害が地元メディアで報道された。広報担当者によると、この問題は数時間以内に解決されるはず(Focus)

停電後暖房用発電所故障 ベルリン9万世帯が暖房・給湯できず
2022年01月09日(日)

日曜日にベルリンで発生した停電により、ヴァッテンフォールのクリンゲンベルク熱電併給発電所(ルンメルスブルク地区)が停止しました。Tagesspiegel “が報じたように、現在ベルリンの9万世帯が給湯・暖房ができない状態にある。

それによると、おおよそ18万人が影響を受けているという。当初は37万世帯という話もあった。停電の原因は、火力発電所の変電所の不具合だ。

警告アプリ「ニーナ」によると、運営会社はすでにフル回転で問題解決に取り組んでいるとのことだ。しかし、それでも数時間、おそらく「夕方の時間帯」までかかる可能性がある。「真夜中までには、お客様に暖房とお湯が供給されるはずです」と広報担当者は「Tagesspiegel」に語っている。

警報の影響が大きいのは、Friedrichsfelde、Karlshorst、Oberschöneweide、Treptow-Köpenickの一部地域です。

ベルリンで暖房故障「余分な服や毛布で暖かくしてください」


リヒテンベルク区役所は被災者に向けて、窓やドアを閉めて熱を節約し、必要なときだけ衝撃換気するように呼びかけています。”余分な衣類や毛布で暖かくしてください”

窒息の危険があるため、被災された方はガスバーベキューや炭火焼グリルの直火は絶対に避け、オーブンも暖房として使用しないようにしてください。

住民の方は、緊急時に備えて、消防や警察の緊急連絡網を確保しておいてください」と案内。

35年ぶりに原発停止するドイツ「残る3カ所は来年末に中断」


1/3(月)

 「脱原発」を推進しているドイツが、12月31日(現地時間)に最後に残った6カ所の原発のうち3カ所の稼動を中止するとロイター通信が30日報道した。

同通信によると、ドイツはブロクドルフ(Brokdorf)、グローンデ(Grohnde)、グンドレンミンゲン(Gundremmingen)の3つの原子炉を稼働から35年目にして停止させる。イーザル2、エムスラント、ネッカーベストハイムなど残る3カ所の稼動は2022年末に稼動を中止する予定だ。

ドイツ政府は2011年、日本の福島原発事故以後に原発の段階的閉鎖を加速することを決めた。「ドイツ連邦エネルギー・水道事業連合会」(BDEW)のケルスティン・アンドレア会長は「ドイツのエネルギー産業において原発の段階的廃止はすでに最終段階に入った」と述べた。

ドイツの脱原発政策は、隣国フランスと対照的だ。フランス政府は新規原発建設を承認し、小型原子炉の開発も支援するなど、最近原発拡大政策に乗り出した。フランスはまた、欧州連合(EU)が原発を「グリーンエネルギー」に分類すべきだと主張し、ドイツなどと摩擦を起こしている。

Source link

関連:  【緊急速報】中国製のダム決壊  動画あり
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments