ジョコビッチ、バイオ企業を買収/同社はワクチンではなく治療法を開発したいと主張している。

By | January 21, 2022

ジョコビッチ、バイオ企業を買収<コロナ治療法の開発目的で


2022/1/20

男子テニスで世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が新型コロナウイルスの治療法開発を手掛けるデンマークのバイオテクノロジー企業を買収したと19日、ロイター通信が報じた。企業の最高経営責任者(CEO)によると、2020年6月にジョコビッチは妻とともに80%の株式を得たが、取得額については明らかにしなかった。

新型コロナのワクチン接種を拒むジョコビッチは、3連覇中だった全豪オープン出場のため1月上旬にオーストラリア入りしたものの、ワクチン免除を巡る法廷闘争の末に査証(ビザ)が取り消されて国外退去処分となり、大会を欠場した。(共同)

ノバク・ジョコビッチは、コビドに対する非ワクチン治療法の開発を目指すデンマークのバイオテクノロジー企業の株式の過半数を購入した


2022年1月19日

ジョコビッチ夫妻は、QuantBioRes社の80%の株式を所有した。
CEOのイヴァン・ロンカレビッチは、2020年6月に株式の過半数を購入したことを明らかにした。
同社はワクチンではなく治療法を開発したいとロンカレビッチ氏は主張する。
ジョコビッチは反ワクチンではない」と述べ、今年中に英国で治療法の臨床試験を開始予定。

ジョコビッチと妻のイェレナ(35歳)は、パンデミックに突入したばかりの2020年6月にQuantBioResの株式の過半数を購入した。

彼らはそれぞれ40.8パーセントと39.2パーセントを所有している。CEOのイヴァン・ロンカレビッチは水曜日にロイターに対し、ジョコビッチは「反ワクチン」ではないとフィナンシャルタイムズに主張する前に語っている。

このニュースは、月曜日に始まる全豪オープンを前にオーストラリアから強制送還されたジョコビッチが、英雄的な歓迎を受けてセルビアに舞い戻った後に発表された。

予防接種を受けていないテニスのエースは、オーストラリア政府が法廷闘争の末に2度目のビザをキャンセルし、さらに3年間の入国を禁止したため、メルボルンから追い出されたのである。

QuantBioRes社は、Covid-19の治療法を開発したいと考えており、現在、コロナウイルスのブランドがヒトの細胞に感染するのを阻害するペプチドを研究しているところである。

Source link

関連:  トランプ米大統領の新型コロナ記者会見、21日に再開
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments