「45thトランプ大統領声明」 ロシアとウクライナで起きていることは、トランプ政権下では絶対に起こりえなかったことだ。可能性すらない!/ロシアと西側は「一触即発」の緊張状態が続く

By | January 25, 2022

リズ・ハリントン氏「トランプ大統領声明」


ロシアとウクライナで起きていることは、トランプ政権下では絶対に起こりえなかったことだ。可能性すらない!

ロシアが「電光石火の戦争」でウクライナの首都を狙う計画、英国が警告


NATO加盟国が軍を待機させ、ロシアの同盟国であるベラルーシが独自の配備で対応することで警戒が高まった。
ボリス・ジョンソン氏は、ロシアがキエフを占領する「電光石火の戦争」に備えてウクライナに十分な兵力を集結させたと述べ、NATO加盟国は昨日、東ヨーロッパの同盟国への艦船と戦闘機の追加派遣を開始した。
ジョンソン氏は、ウクライナの国境に60のロシア戦闘部隊があると述べ、これは「キエフを破壊しうる雷撃戦の計画」の証拠であるとした。
「それは悲惨な一歩となるだろう」と述べた。モスクワにとって、いかなる侵略も「痛みを伴い、暴力的で血生臭い仕事になるだろう。これは新しいチェチェンになりうるということを、ロシアの人々が理解することが非常に重要だと思う」。


ロシアはここ数カ月、ウクライナとの国境近くに10万6千人以上の軍を配備している。


EU外相とアントニー・ブリンケン米国務長官との会談で、EUは、いかなる攻撃に対してもロシアに「厳しいコスト」を課すという警告を繰り返し、これらの制裁に関する作業を「加速」させたと発表した。

週末、英国は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がキエフに傀儡政権を設置しようとしている証拠を掴んだと発表した。モスクワは侵略を計画していることを繰り返し否定している。

しかしクレムリンは、ロシアに支援された分離主義者との緩慢な戦争で2014年以来1万4000人以上が死亡している東部ドンバス国境地帯での紛争のリスクは「非常に高い」と述べている。

NATOの動きについて、同盟のイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、次のように述べた。「同盟国が追加の戦力を提供することを歓迎する。NATOは同盟の東部を強化するなど、すべての同盟国を守り防衛するために必要なあらゆる措置を取り続ける。

プーチン大統領報道官のドミトリー・ペスコフは記者団に対し、ウクライナでロシアの政権交代計画が2件あるという「偽」の主張を発表し、さらに軍を派遣して緊張を激化させたのは西側の責任だと述べた。

「これは、我々ロシアがやっていることが原因で起きているのではない。これはすべて、NATOとアメリカがやっていることと、彼らが配信している情報のせいだ」とペスコフ氏は述べた。

プーチン大統領は、米国やNATOとの安全保障協議に集中することで、「将来的に同様の緊張状態を避ける」ことを望んでいると、ペスコフ氏は付け加えた。

アメリカは今週、NATOの東方拡大を止め、東ヨーロッパ諸国への配備を縮小し、ウクライナを決して認めないという、冷戦後のヨーロッパの安全保障秩序全体を本質的に書き換えるような提案に対する回答書をロシアに送る予定である。

関連:  【速報】「韓国と協議が決裂すれば在韓米軍を撤収可能」
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments