【朗報】ウクライナ反撃開始 南部でロシア軍9km後退

By | May 30, 2022

ヘルソンってまだ制圧できてなかったよな。

ウクライナ軍 南部ヘルソン州で反撃開始
5/30(月) 6:09配信 テレビ朝日系(ANN)

ウクライナ東部でロシア軍が攻勢を強めるなか、ウクライナ軍は南部ヘルソン州で反撃を開始しました。

ウクライナメディアなどによりますと、ロシア軍が制圧を宣言している南部ヘルソン州で28日、ウクライナ軍が空軍や砲兵部隊の支援を受けて、ロシア軍の防衛線から9キロの地点まで前進したということです。

ウクライナの軍事専門家は「ロシア軍は現場の兵士だけでなく司令部も混乱に陥った」と指摘しています。

ヘルソン州はクリミア半島の重要な水源で、ロシア軍が全域の制圧を宣言しています。

ロシア側は編入に向け住民投票を計画しているほか、ロシア国籍取得の簡素化を進めるなど実効支配を強めています。

ロシア軍が東部で攻勢を強めるなか、ウクライナ軍としては南部で反転攻勢に出たい考えです。

学びがある! 19
分かりやすい! 60
新しい視点! 31

https://news.yahoo.co.jp/articles/82281e033131d697407b2cfb9875d019c96bdd0a

ワトソン君それは、オデッサでは?

今まではずっと防戦一方だったウクライナ


黒井ああそうか。ヘルソンはオデッサの少し東側にある都市で、ロシアの巡洋艦モスクワが沈没したのはオデッサ沖だったな。マリウポリはヘルソンのさらに東の方にあり、ロシア国境に近いドネツクの真南と。

ワトソン君オデッサは、ヘルソン州の都市だと思います!

黒井ヘルソンは南北を縦断する川のちょうど河口部近くに位置してる。川を防衛のために使うという考え方は正しいかもしれない。

ワトソン君それで、川より向こう側の東部州は守るのが難しいんですね・・・。最近不利になってたのは、それが理由ですか?

黒井ロシア軍の序盤の侵攻はかなりの速さで多くの国境近くの都市が制圧されたが、川よりこっち側の守りは固く北部では国境近くまで押し返したという状況だろうね。何にせよロシアにろくな戦果を与えないことが重要だ。

ワトソン君ネットユーザーの反応です!

・東部のウクライナ軍の劣勢を挽回して、ロシア軍の集中を避けるためです
・ヘルソン方面は、開戦初頭に占領した後はそのまま防衛してました
・ロシアにも経済制裁の効果は出始めたみたいですけど、まだ火力は上です
・6月中旬から本格的に反撃できるという事ですけど、早く蹴散らしてほしいです
・6月の反攻に向けて、ウクライナ軍にも休養が必要です

黒井開戦当初の2週間でキーフ陥落寸前まで追い込まれたのが、今は川の向こう側にまで押し返した。ここから国境まで押し返すには米欧のさらなる支援が必要になるということだろう。よくやってるよウクライナは。

ワトソン君ホントですね!何もしなかったら、ウクライナはなくなってたと思います。

黒井ゼレンスキー大統領もずっとキーフにとどまっていられたからな。これからの反攻こそがウクライナの勝利と呼べるものになるだろう。今はまだ最低限の防衛をしたにすぎない。

ワトソン君ロシアの皆さん、このままだと敗戦国になります!領土割譲です!さようなら!

関連:  【朗報】ロシア軍、ウクライナ軍に包囲される可能性浮上w
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments