トランプ大統領、ジョージア州裁判所に、2020年選挙の不在者投票14.8万票の調査を要請/「なぜ、投票用紙を見せたがらないのか? 彼らは何を隠しているのか?」

By | June 12, 2022

トランプ大統領、ジョージア州裁判所に、フルトン郡で行われた2020年選挙の不在者投票148,000票をその市民が調査できるように要請
2022年6月11日

トランプ大統領は本日、ジョージア州裁判所に対し、ジョージア州フルトン郡で行われた2020年選挙の不在者投票の山について、ジョージア州の市民に真実を知ってもらうよう求める声明を発表した。

これらの投票用紙には不正が報告されており、これらの記録の閲覧を要求するに至った。 下級審はこの要求を認めたが、その後、裁判では投票用紙の確認はできないとされた。

なぜ、裁判所、投票機システム提供者、選挙管理者、民主党は、2020年選挙に関連する証拠の閲覧を妨げているのだろうか。 (これは不正を暗示している)。

以下、トランプ大統領の発言。

– 2022年6月10日- アメリカ合衆国第45代大統領ドナルド・J・トランプによる声明

先週6月1日、ジョージア州控訴裁判所の3人の裁判官は、ジョージア州フルトン郡で2020年11月3日の選挙までの期間に、その多くが採取されて夜闇に紛れて投函された14万8000枚の不在者投票の構成に関する真実を知る国民の権利に関わる重要案件の口頭弁論を傍聴した。

この訴訟は、透明性を求めるジョージア州の何百万人もの有権者や全米の愛国者たちが注視している。

この訴訟を起こしたのはキャロライン・ジェフォーズとロビン・ソティールという登録有権者で、彼らは自分たちの票が減少し希釈されたと主張し、多くの不在者投票用紙が折られていないこと(封筒に入れて郵送するために必要です!)、他の投票用紙がペンで書かれたのではなくプリンタで書かれたこと(これは明らかに不正で違法です)、その他の失格な「不正行為」とともに目撃した人々の供述書によって支持されているのです。

ジョージア州の著名な弁護士ボブ・チーリーと彼の法律事務所は、訴願者側と我々の民主主義そのものの側で戦っています。

したがって、ジョージア州の市民は、郵送または投函箱に入れる前に、投票用紙とその投票用紙が入れられるべき封筒を見ることが許されるべきであることは、極めて明らかである。

私は何百万人ものジョージア人とともに、裁判を破棄し、訴願者が専門家の証言によって、2020年11月の選挙からフルトンの不在者投票を封印しないことを正当化する強力な事例を確立したと以前に判断した下級裁判所に、この事件を送り返すよう懇願している。

なぜ、投票用紙と封筒を見せたがらないのか?

彼らは何を隠しているのか?

私たちの国の基盤が危機に瀕しており、ジョージア州の人々、そして私たちの国は、2020年の選挙で誰が勝ったのか、真実を知る資格があるのです!」

関連:  自民・岸田氏「長期政権への視線、謙虚に受け止めを」
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments