【悲報】米国「韓国製は補助金対象から除外する」

By | August 19, 2022

ヒュンダイ全部脱落だとさ。

韓国製の電気自動車、米国で補助金支援対象から除外(上)
8/18(木) 11:03配信 朝鮮日報日本語版

米国は16日以降、北米で組み立てられていない電気自動車(EV)に対する補助金支給を中断した。バイデン米大統領は同日、「インフレ抑制法案」に署名し、米政府は大統領による署名直後、補助金支援対象のEVリストを公表した。北米で組み立てられる21モデルに限り、年末まで1台当たり最大7500ドル(約101万円)の補助金を支給する内容だ。現在米国で販売されているEVの70%は北米以外で生産されているという理由で支援対象から除外され、現代自動車が米国で販売中のEV5モデルもすべて脱落した。米国の消費者が現代自のEVを購入するには、支援対象の他社に比べ、これまでよりも補助金分だけ余計に負担しなければならなくなる。

インフレ抑制法は「北米で組み立てられ、バッテリーの素材や部品を米国または自由貿易協定(FTA)の締結国から一定比率以上調達したEV」にのみ補助金を支給することを柱としている。今回は単純に「北米での最終組み立て」という条件だけで補助金支給対象を選別したが、米国は来年1月に新たなリストを発表すると予告した。来年はEVに搭載される電池に含まれる部品・鉱物の北米での製造比率まで要求する予定だ。現代自は直ちに米国市場の価格競争で後れを取ることになり、韓国の電池メーカーも原材料の対中依存比率を抑えられなければ、販売に深刻な打撃を受けることになる。韓国の中核産業である自動車と電池の双方が非常事態に直面した。

米エネルギー省が発表した補助金支給対象は計21モデルだ。米国で生産を行う自国メーカーのうち、フォード、スタートアップのリビアン、ルシード・モータースのEVとプラグインハイブリッド(PHEV)が全て含まれた。海外メーカーでは、ベンツ、アウディ、BMW、ジープ、ボルボのうち北米で生産される一部EV・PHEV、アジア勢では唯一、日産のEV「リーフ」だけが補助金支給対象となった。テスラとGMは北米での生産基準を満たしたが、「1ブランド当たり最大20万台」という補助金支給条件に引っかかり、補助金を受給できるのは来年以降となる。

これまで米政府のEV補助金支給対象だった72モデルのうち51モデルが除外された。現代自グループが米国市場で販売しているアイオニック5、コナEV、ジェネシスGV60、EV6、ニロEVの5モデルも除外され、これらモデルを購入する米国の消費者は16日から最大7500ドルの補助金を受け取ることができなくなった。現代自が米国で販売している5モデルは全て韓国で製造して輸出しているからだ。現代自は現在、米国内にEVの組立ラインがなく、ジョージア州に建設予定のEV工場は2025年に完成予定だ。現代自はジェネシスGV70のEVモデルやEV9など一部車種を既存の米国工場での生産に切り替える計画だが、アイオニック5などの主力車種は長期間、補助金支給対象から除外される可能性が高い。

学びがある! 41
分かりやすい! 96
新しい視点! 40

https://news.yahoo.co.jp/articles/b47142d2c61293f745d0f2b232dddfe0cda950a4

ワトソン君いいですね!意地悪クラブを、ドンドン追い詰めてほしいです。

韓国も中国側とみなされて排除されるだけ


黒井事実上の中国製電気自動車、中国製バッテリー潰しだよこれは。バイデン政権からまさかここまで強烈な法案が出てくるとは思ってなかったが、トランプでなくともこうした法律を整備するのは国家産業を守る上で当たり前と言える。

ワトソン君中国は、似たような事をやってるんですよね?アメリカもやらないと、損です!

黒井リベラルという名の中国スパイが跋扈していたからな。米国主導ならば日本もその路線に進むだろうし、韓国は中国側とみなされて排除。分かりやすいね。

ワトソン君日本のトヨタは、現代自動車と一緒にアメリカに抗議してましたけど・・・。

黒井トヨタ?中国の?

ワトソン君えっ?分かりました(笑)

ワトソン君韓国の皆さん、愛国心を発揮するのはやめましょう!現実に目を向けて下さい!

黒井まあせいぜい今のうちに脱中国を模索しながら狼狽するがいい。一部以外の日本にとってはどうでもいい話だ。一部以外はな。

黒井日本は関係ない!併合おめでとう!韓国さようなら!

関連:  【続報】インド政府が韓国LGの告訴に向け正式調査を開始  いい流れだな!
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments