女性への不当叱責で「警告処分」の小池氏、過去「女性に高圧的に説教する男性」批判のツイート/ネット「過去の発言の責任とって辞職」「共産党の正義を信じる。議員辞職」

By | November 15, 2022

「相互批判をやった」 パワハラ問題で共産・志位委員長釈明

共産党の志位和夫委員長は14日の記者会見で、5日の地方議員・候補者会議における田村智子政策委員長への不当な叱責で「警告処分」を受けた小池晃書記局長について、更迭は必要ないとの見解を示した。また、叱責を自ら耳にしていたと説明し、当初から「まずい発言」との認識を持っていたことを明らかにした。詳しいやり取りは次の通り。

「小池書記局長のパワーハラスメントについて、私の方からも発言をしておきたい。『ハラスメント根絶』を大方針にしている共産党にとって、絶対にあってはならない言動だ。委員長としてもたいへん申し訳なく、責任を痛感している。今日の党常任幹部会で、突っ込んで自己批判、相互批判を行った。この行為は関係者の方々、国民の方々への信頼を損なう行動であって、党としてもケジメが必要だという結論になった。党規約49条に基づいて『警告処分』という決定をした。小池氏からは処分内容について、正面から受け止めて、自己改革に努め、頑張っていきたいという表明があった」続きを読む

「松永って読んでるって!」「訂正する必要ないって!」「ちゃんと、松永って読んでるって!」

「ごめんなさい」

ネットの声

これはひどいなーーー。議員辞職でしょ。

人権重視の共産党が警告処分で終わり。そんなはずないでしょ。

これは共産党の規範からしたらアウトだな。どこよりも、こういうことに厳しいからね。

過去にそんな発言してたとはね。自ら範を垂れなきゃね。共産党だから。

これで辞職させなかったら共産党じゃないだろ。共産党の正義を信じるぞ。笑

関連:  児相6割に警察官配置 設置自治体、虐待の対応強化で
Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments