バイデン民主党のハワイ州知事、二転三転/「警報は壊れていた」→「一部壊れた」→「鳴らさなかったが後悔してない。警報は津波用だ」/ネットは非難轟々

[ad_1]

バイデン民主党のハワイ州知事、二転三転/「警報は壊れていた」→「一部壊れた」→「鳴らさなかったが後悔してない。警報は津波用だ」/ネットは非難轟々

事件

ハワイ当局、山火事警報を鳴らさなかったことについて「後悔していない」

町を襲う致命的な山火事で警報がなかったことを批判され、窮地に立たされているハワイ州当局者らは水曜日、緊急サイレンを鳴らしても命は救われなかったと主張した。

80台のサイレンのネットワークを運用しているマウイ島の緊急事態管理庁長官は水曜日、ラハイナの12,000人以上の住民に火災が襲いかかる中、サイレンを鳴らさないという決定を擁護した。

マウイ島ラハイナの緊急サイレンの作動に反対する最終決定を下したとされるマウイ緊急事態管理庁のハーマン・アンダヤ長官が辞任した。

サイレンは、津波、山火事、テロ攻撃などが迫っていることを住民に知らせるためのものだった。

住民たちは、サイレンの使用は数え切れないほどの命を救うことになったと結論づけているが、アンダヤ局長はサイレンの作動を拒否したことについて「後悔はない」と述べた。

ハワイ州知事のジョシュ・グリーン(民主党)は、サイレンの使用拒否を一貫して擁護している。

月曜日、ハワイ州知事のジョシュ・グリーン(民主党)は、すべてのサイレンが壊れていると言った。 火曜日、グリーン州知事は話を変え、サイレンの “一部 “が壊れていたと言った。

しかし州は、誰もサイレンを鳴らそうとさえしなかったことを認めた。

そしてもちろん、100人以上の死亡が確認され、1,000人以上が行方不明になっているにもかかわらず、彼はまた同じことをすると言い、「サイレンは主に津波に使われるものだ」と付け加えた。 マウイ島のウェブサイトはこれに反論している:

「オールハザード・サイレン・システムは、津波、ハリケーン、ダム決壊、洪水、山火事、火山噴火、テロリストの脅威、危険物事故など、自然災害と人為的災害の両方に使用できます。

州内には400のサイレンがあり、そのうちマウイ島には80のサイレンがあり、半径3,400フィートに121デシベルのサイレンが鳴り響く。多くの人が助かっただろう。 多くの人々が命を失い、愛する人を失い、文字通りすべてを失った。しかし、彼らはいまだに選ばれた役人に騙されている。 これはどの時点で犯罪になるのか?

ネットの声

この嘘つきは起訴されるべきだ。

州、市、連邦のすべての機関にいるこの連中は、全員起訴される必要がある!

彼らが何を言おうと、それは目的のための意図的な決断だった。彼らのやり方はずさんで、非常に明白だ。

民主党の無能がここにも現れた。ハワイ州は民主党の州だが、州民は次こそ賢い選択をすべきだ。

バイデン民主党なんか支持しているからこのザマだ!ハワイ州民は反省すべきだ。

サイレンが津波などの緊急事態に使用されることを認めているのであれば、それは山火事が該当するカテゴリーであり、彼は即座に責任を負うことになる。起訴することもできるだろう。

リベラルなハワイは混乱していて、決して解決しない。

それは主に津波に使用されます “全く愚か者だ。彼らは絶対に責任を負うべきだ。

バイデン民主党のハワイ州知事、二転三転/「警報は壊れていた」→「一部壊れた」→「鳴らさなかったが後悔してない。警報は津波用だ」/ネットは非難轟々

[ad_2]

Source link