「独立戦争のシンボル」のワッペンをつけて登校した12歳の少年に「差別だ」と因縁をつけ、退学処分とした左派教師と学校に正義の鉄槌が下る

[ad_1]

「独立戦争のシンボル」のワッペンをつけて登校した12歳の少年に「差別だ」と因縁をつけ、退学処分とした左派教師と学校に正義の鉄槌が下る

ポリコレ

コロラド州の12歳の生徒は、ガズデン旗のワッペンを着用していたとして退学させられた

ガズデン旗:「アメリカ独立戦争のシンボル。自由の象徴として知られる」

X上のバイラルビデオには、コロラドスプリングスのバンガードスクールに通う12歳のジェイデン君が、バックパックにガズデン旗のワッペンをつけていたとして学校管理者から非難される様子が映っている。

ジェイミーの母親が録画したと思われるこのビデオは、学校がジェイデンをクラスから排除し、パッチの削除を求めた支離滅裂な理由を概説している。(TPUSA)

ガズデン旗

学校側は少年を退学処分に

リュックサックからガズデン旗を外すことを拒否した12歳の愛国者、ジェイデン。学校関係者は、それが他の生徒の「気が散る」「不快だ」と言った。拒否したために退学を求められた後、彼は学校の偽善を示すために、学校職員の車の近くでこの写真を撮った。どうやら(違憲の)規則は保守派にしか適用されないようだ。

学校側は「差別ではない」ことをしぶしぶ認めたものの、なんであれ、人種差別的なメッセージに映ると因縁をつける

彼らは差別を禁止する連邦法を引用し、この旗が「独立戦争で人種差別のない文脈から生まれた」ことを認めた。

「しかし、シンボルの歴史的起源と意味が何であれ、それ以来、それはまた、人種差別的なメッセージを伝えるために解釈されることもある。教室の環境を乱す」と述べた。

そして学校は、この旗が「ヘイト・グループ」と関連していると主張し、「今ではガズデン旗を不寛容と憎悪の象徴、あるいは人種差別の象徴とみなす者もいる」と主張

コロラドスプリングスの12歳の生徒が、バックパックにガズデン旗のワッペンをつけていたため、クラスから外された。学校側は、この旗は “奴隷制度に由来する “と主張している。子供はニヤニヤしている。彼は “教師 “よりも自分の歴史をよく知っているのだ。

12歳の少年の逆転勝利。教育委員会は学校の誤りを認め、ワッペンを許可

コロラド州教育委員会、ジェイデンが校内で “Don’t Tread on Me(自治の自由を乱すな) “ワッペンを着用することを認める票決を下す。

ヴァンガード教育委員会は、教師から「Don’t Tread on Me」の旗を外すように言われたジェイデンに、リュックサックにつけることを認める裁定を下した。

「本日これらの出来事を知り、ヴァンガードスクール理事会は緊急会議を招集しました。ヴァンガードは創立以来、憲法、権利章典、そして約250年にわたりすべてのアメリカ人が享受してきた秩序ある自由を誇りを持って支持してきました。ヴァンガード・スクールはガズデン旗の歴史的意義と歴史におけるその位置を認識しています」

“今回の事件は、これらのアメリカの原則を支持する古典的教育への我々の深いコミットメントを再確認する機会です。”

“現時点では、ヴァンガード教育委員会と地区は生徒の家族に、ガズデン旗のワッペンをリュックサックにつけて登校してもよいと通告した。

学校とジェイデン君の母親との間の論争を捉えたビデオが広まったことを受けて、コロラド州知事ジャレッド・ポリスが状況について検討するよう促した。ポリス知事がコメントしたビデオではジェイデンの行動を正当に擁護し、ガズデンの旗を「アメリカ革命の誇り高きシンボル」と呼んだ。

「独立戦争のシンボル」のワッペンをつけて登校した12歳の少年に「差別だ」と因縁をつけ、退学処分とした左派教師と学校に正義の鉄槌が下る

[ad_2]

Source link