公明・北側氏、消費増税「社会保障安定化のため避けて通れぬ」 政府には万全の対応要請

[ad_1]

 公明党の北側一雄中央幹事会会長は26日の記者会見で、10月1日に予定する消費税率10%への引き上げについて「わが国の社会保障を安定化させるため、引き上げは避けて通れない」と意義を強調した。同時に「現場の声をしっかり届けて、円滑に対応できるよう政府に万全の対応を求めたい」とも強調した。

 引き上げ後の対応について「経済に悪影響を与えないことが最も大事だ。経済動向を注視し、場合によっては新たな対策を取る必要があるかもしれない」と語った。

[ad_2]

Source link