韓国文在寅の崩壊がついに始まった! チョグク辞任でパニック状態! 支持率も急落で絶望的!

チョグク辞任表明。このことは意外と重大な将来を示唆していると思う。文在寅政権にとって要だったはずの最側近である以上に、文在寅が検察の改革に失敗したことを象徴する出来事だからだ。リアルメーターという支持率かさ上げ常習犯の世論調査機関でもマジノ線の41%を割り込む寸前というところでの辞任劇だったようだ。今さら辞任したところで何が変わるわけでもなく、文在寅はやはり韓国版ロベスピエールとして政治生命を終える運命ということになるんだろう。

《韓国チョ・グク電撃辞任》文在寅が守り切れなかった”2つの理由”「支持率急降下」「10・15以降の国監」
10/14(月) 19:39配信 文春オンライン

強気の姿勢から一変、10月14日に韓国・文在寅大統領の最側近、曺国(チョ・グク)法相が電撃辞任を発表した。就任前から家族を巡る疑惑など数多くのスキャンダルが報じられ、剥いても剥いても次々に疑惑が出てくるために「タマネギ男」などと揶揄されていたが、国会の公聴会などを経て、法相就任を強行。しかし、1カ月という短命での辞任となった。

今回の電撃辞任をどうみるのか。そして、今後の日韓関係の影響は――。「週刊文春デジタル」編集部は、現地で取材を続けるノンフィクションライターの崔碩栄氏に話を聞いた。

急落した支持率に危機感

曺国の突然の辞任については、驚いたというより、今までこれだけ疑惑が報じられていたのに、よく図太く辞任せずにいたなというのが率直な感想です。通常の神経では到底耐えられないことです。

今日になって辞任を発表した背景には、大きく2つの理由があると思います。

1つ目は、文在寅政権側の姿勢の変化です。曺国の疑惑は次々と現れて、消えていくどころか膨らむばかりでした。それでも法相の立場にこだわり続けたのは、曺国の個人的な権力欲というよりも、政権側の意向が強かったのだと思います。

その文政権の姿勢が変わったのは、世論調査の結果によるところが大きい。このところ、文政権の支持率はいよいよ30%台を記録するようになりました。さらに衝撃だったのは10月14日に発表された「リアルメーター」という調査会社の数字です。他の世論調査よりも10%近く良い数字がでるため、明らかに政権寄りだと見られているこのリアルメーターですが、この日に出した支持率が41.4%まで低下していたのです。

この41.4%という数字は、文在寅が大統領選で獲得した得票率である41.1%という数字に肉薄するものです。これまでどれだけ支持率が低下しても、自分を大統領に押し上げてくれた支持層の割合は割り込まなかった。その支持層がついに崩壊し始めたという調査結果に、文大統領は衝撃を受けたのでしょう。
・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191014-00014716-bunshun-int
チョグク辞任を今知ったワトソン君
ウソですよね?

ワトソン君、これは紛れもない現実だ。昨日からヘッドラインを賑わせている主要トピックスだぞ。見なかったのか?

昨日は祝日だったし、ノンビリしてました・・・。

なんという呑気なwww あれだけ夢中になって支えたチョグクが電撃辞任で文在寅政権の崩壊が始まったというのに。

祖国法相は、自分の意思で辞めたんですか?

そうだよ。多くの記事で確認できるからここでは引用しないでおくが。背景になったのは支持率の急落だそうだ。この前の32.4%というのもあるだろうが、それに加えて政権御用達のリアルメーターという調査機関でもマジノ線の41%を割り込む寸前にまで落ちてしまったという話だ。

ボクは支持率0.1%になっても支持するのに、祖国法相はカンタンに投げ出してしまったんですね・・・。失望しました!

いや無理だろww ここで背景を説明する目的で“たまねぎ男”という呼ばれ方をされていることは伝えようと思うが、疑惑が次から次へと出てきて文在寅でも対処しきれなくなったんだろう。

何も悪い事をしてないのに、辞任するのはおかしいです!検察の方が、辞任した方がいいです。MJマスクが悪者に負けてしまったら、子供達のヒーローではなくなってしまいます!

MJマスクwww ディズニーチャンネルのPJマスクとかいう番組をもじった内容だっけ?

これです!前向きなテンプレなら、掲載してもいいですよね?

※ムン大統領の味方の庶民チーム(MJマスク)
ムン大統領(青)
カン外相(赤)
祖国法相(緑)

そういや韓国外相も交代させられるんじゃないかとどこかで見たな。例の不安保室長だか次長が実質の外交権を握っていることが背景だそうだ。それも含めて文在寅政権は崩壊の一途というわけ。つまりワトソン君が言うところの意地悪クラブの勝利だ。

ウソですよね?ウソだと言ってください!信じられないです・・・。

チョグク辞任の背景は支持率急落と反文在寅デモ
チョグク辞任に至った主な理由の1つ目が支持率急落、2つ目が反文在寅デモだそうだ。10月3日だけでなく10月9日のハングルの日まであれだけ多くの人数が集まったことに恐れをなした可能性がある。

加えて、「反・文在寅」デモも大きく影響しています。保守派のデモとして「過去最大」と言われる数十万人を集めた10月3日のデモをはじめ、あの勢いは尋常でない勢いです。これから曺国の妻の裁判も始まりますし、捜査も続いていく状況下では、保守派の勢いは増すばかりだと考えたのでしょう。

この点については鈴置さんが久しぶりにコラムを書いていたから、後でもう一度同じ話題を別の観点から取り上げようと思っている。日本は台風の爪痕が残る三連休の最終日だったが、韓国では政府崩壊にもつながりかねない激動の1日だったというわけだ。

それで、ムン大統領が急に安倍首相に哀悼メッセージを送ったんですか?

文大統領が安倍首相に哀悼メッセージ「一日も早く平穏な日常を」
10/14(月) 19:30配信 産経新聞

【ソウル】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日、台風19号によって日本で多数の犠牲者や被害が出たことについて「深い哀悼と慰労の意」を示すメッセージを安倍晋三首相に外交ルートを通じて伝えた。韓国大統領府が明らかにした。

文氏は「日本政府と国民が心を合わせて被害状況を早期に収拾し、被害に遭った多くの日本国民が一日も早く平穏な日常を取り戻せることを心より願う」と記した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191014-00000572-san-kr

文在寅のこの動きは対日姿勢を急速に軟化させるフラグだね。もはや”脱日本構想”なんて掲げていては韓国民から何をされるか分かったものではない。そうは言っても台湾の総統と比べれば1日遅いし日本国民としても今さら何をという気持ちだわな。

ムン大統領も、ボロボロですね・・・。もう意地悪クラブの言いなりなんだと思いました。ムン大統領の脱日本構想は、失敗してしまうんでしょうか?

日本不買に関して言えば大失敗もいいとこだね。あれだけあおったユニクロはセール効果で行列だというし、韓国にとって必要だと分かると途端に不買の対象から外れる現象も後を絶たない。何より日本路線の廃止ラッシュで韓国航空会社や空港に旅行代理店が壊滅的な打撃を受けた。

それでも日本の影響を脱して、自立するのが、ムン大統領の理想だったんです。祖国法相がいなくなってしまったら、それも難しくなるなんて、絶対にダメです!

文在寅がロベスピエールと同じ運命を辿る可能性がこれで8割を超えたと思われる。保守派の強い反発に加えて検察の改革ができなければあとは下ろされるだけだからだ。GSOMIA破棄はそれくらい重大な政治判断だったというわけだ。

ジーソミアが原因なんですか?ムン大統領は、そこだけは譲らないと思いますけど・・・。

即位式には代わりに韓国首相を来させるようだが、そこで何らかの関係改善を模索するものと考えられる。すでに何人か特使を日本に送り込んでいたという情報も出てきている。目立った成果が報道されてないことから徒労に終わったんだろう。

結論:文在寅に今月さらなる危機が訪れる可能性
ネットユーザーは、残すはムン大統領だと言ってます・・・。追い込まれても頑張ってほしい、最低でもあと2年は続けてもらいたいって。実際にはムン大統領が祖国法相に辞任を迫った、って根拠もなく言ってる人もいます!あと・・・。

それはどうかな?文在寅にも手がつけられない状況というだけだと思うが。

ハードランディングする前に、日本企業の被害を最小限にするべき、という意見もありました!韓国経済は、もうダメですよね?

今のタイムスケジュールが予定通りに実行されれば韓国経済の危機は11月末に訪れるね。残念ながら10月14日の自衛隊観艦式が台風で中止になってしまったこともここで伝えておく。

【2019年後半の中国と韓国の危機まとめ】
・8月2日:日本が韓国ホワイト国除外を閣議決定する
・8月22日:韓国が日本とのGSOMIAを破棄すると宣言する
・8月24日:北朝鮮がミサイルを2発発射する
・8月28日:日本が韓国ホワイト国除外を施行する
・8月29日:韓国最高裁がサムスン副会長の二審判決を破棄し差し戻す
・8月31日:韓国で油類税引き下げ措置の期限が切れる
・9月1日:米国が対中国関税1,120億ドル分を発動する(15%)
・9月1日:香港国際空港への交通網をパンクさせるデモが行なわれる
・9月6日:日本製鉄に対する韓国資産売却命令の猶予期限が切れる
・9月8日:米国でヒュンダイ自動車の運搬船が転覆する
・9月9日:北朝鮮が建国記念日を迎える
・9月9日:韓国GMが史上初の全体ストライキを実施する
・9月9日:韓国文在寅がチョグクの法相指名を強行する
・9月10日:北朝鮮がミサイルを2発発射する
・9月10日:韓国GMの研究開発法人も全体ストライキを実施する
・9月11日:WTOで韓国が反ダンピング関税は不当とされ日本に事実上敗訴する
・9月11日:香港で一帯一路サミットが開催される
・9月14日:サウジアラビアの石油施設が攻撃される
・9月17日:韓国外相が大恥をかいたと日本の産経新聞で報道される
・9月18日:韓国が日本のホワイト国除外を施行する
・9月18日:米国のFOMCで0.25%の利下げが発表される
・9月20日:中国の代表団が米国の農場視察を中止し帰国する
・9月20日:韓国の景気後退が24カ月続いていると国家統計委員会が発表する
・9月23日:米国トランプと韓国文在寅が米国で首脳会談を実施する
・9月23日:トランプが文在寅に非公式会談で防衛費大幅増額を要求する
・9月25日:日米首脳会談でトランプが文在寅の愚痴を安倍首相にこぼす
・9月26日:韓国のハンファケミカルがサムライ債発行を断念する(日本に断られる)
・9月27日:竹島に戦闘機を飛ばせると記述した令和初の防衛白書を閣議決定する
・9月28日:韓国の活動家3名が羽田空港で入国拒否される
・10月1日:中国が建国記念日を迎える
・10月1日:韓国が国軍の日で対日敵対姿勢を露わにする
・10月2日:北朝鮮が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射する
・10月3日:韓国でパククネ弾劾時と同規模の反文在寅デモが行なわれる
・10月5日:香港で覆面禁止法が導入される
・10月5日:米朝実務者協議がストックホルムで決裂する
・10月7日:日米首脳が貿易協定に署名する
・10月7日:トランプが安倍首相に「今日39歳になった」と冗談を言う
・10月7日:米商務省がハイクビジョンなど中国企業8社を禁輸リストに追加する
・10月8日:米国務省が中国の当局者のビザ発給を制限する
・10月8日:韓国文在寅の支持率が32.4%を記録する
・10月9日:韓国で再び反文在寅の大規模デモが行なわれる
・10月9日:米国がトルコの軍事行動に対して制裁を検討する
・10月9日:日本人教授の吉野彰氏がノーベル化学賞を受賞する
・10月10日:韓国WTO敗訴から30日が経過し日本の対抗措置発動が可能になる
・10月10日:米中閣僚級の通商協議がワシントンで開催される
・10月11日:米中通商協議で最終合意の第一歩になる部分的合意がなされる
・10月14日:韓国チョグクが法相を自ら辞める
・10月14日:海上自衛隊主催の観艦式が台風19号の影響で中止になる
★10月15日
・10月22日:即位式に韓国文在寅が来ない
・10月31日:英国首相が合意なきEU離脱を実行する
・11月18日:米国の対中国ファーウェイ禁輸措置の猶予期限が切れる
・11月22日:日本と韓国のGSOMIAが破棄される
・11月30日:韓国のハンファケミカルのサムライ債200億円分が満期を迎える
・12月15日:米国が対中国関税1,600億ドル分を発動する(15%)
・12月31日:韓国の輸出入銀行のサムライ債750億円分が満期を迎える
★2019年10月15日現在

せっかくの機会だったのに、中止になったなんて・・・。意地悪クラブにとって、いい出来事ばかりが起きてる気がします!

10月15日に予定されていた関税引き上げはいつまで延期するかが明言されてなかったから一旦省いた。今月中にさらに多くの危機が訪れる可能性もあるがな。2019年10月、就任から2年5カ月で文在寅政権の崩壊が目に見えて始まった。それが今回の結論だ。

ムン大統領、頑張ってください!ボクは最後まで応援します!韓国の皆さん、日本は何も関係ないので、さようなら!

結局最後には無情に突き放すワトソン君なのであったwww

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*